DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

テテ、辛勝で準決勝進出(WBOバンタム級)

2018年10月21日 00時37分41秒 | 世界ボクシング
今月13日、ロシアで行われた試合結果です。
WBOバンタム級戦:
王者ゾラニ テテ(南ア)判定3対0(114-111x2、115-110)挑戦者ミーシャ アロイヤン(露)

*今月7日に横浜で開始したバンタム級トーナメント。第一ラウンド(準々決勝)の第一試合では、ご存知の通り井上 尚弥(大橋)がモンスターぶりを存分に発揮。元WBAスーパー王者ファン カルロス パヤノ(ドミニカ)を一発でKOしてしまいました。

ロシアで行われた第一ラウンド(準々決勝)の第二試合。日本の港町で行われた衝撃な試合に続く好試合が期待されました。しかし蓋を開けてみると、ファンはもちろん、両選手の期待、予想を裏切る醜い試合となってしまいました。

サウスポー(左構え)同士の対戦となったこの一番。敵地に乗り込んだテテは、初回に軽いながらもダウンを奪う上々のスタートを切りました。しかしその後はもみ合いが続く試合に終始。挙句の果てにテテは10回に、アロイヤンは11回にそれぞれ減点1を科されてしまいました。

元IBFスーパーフライ級王者の肩書を持つテテ。バンタム級に転向後、一戦ごとにその評価を上げていました。今回、無事に3度目の防衛に成功するとともに、トーナメントの第二ラウンド(準決勝)に進出することにも成功。しかし予想外の乱戦を演じてしまいました。

元アマチュア王者のアロイヤン。プロ5戦目でのプロでの世界挑戦となりましたが、プロ初黒星を喫するとともに、世界のベルトを腰に巻くことは叶いませんでした。ちなみにこのアロイヤン、昨年5月に行ったプロ初陣戦から10回戦を戦っており、これまでのすべての試合でフルラウンドを経験しています。


さて、井上 尚弥(大橋)、テテが第二ラウンド(準決勝)に進出を決めたバンタム級トーナメント。第一ラウンド他2試合の予定は次のようになります。

現地間の数時間後(10月20日)、米国・フロリダ州:
IBFバンタム級戦:王者エマヌエル ロドリゲス(プエルトリコ)対 挑戦者ジェイソン マロニー(豪)

11月3日、英国
WBAバンタム級戦(スーパー王座):王者ライアン バーネット(英)対 挑戦者ノニト ドネア(比)

*井上はIBF戦の勝者と、テテはWBAスーパー王座戦の勝者と準決勝で対戦します。私(Corleone)は、決勝戦で井上とバーナットが対戦すると予想します。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | WBAヘビー級王座の現状(色々... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事