DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

素晴らしいカードが実現(色々:03‐22‐18)

2018年03月22日 00時15分47秒 | 世界ボクシング
最近(2018年3月22日ごろ)のニュースです。

1)WBOスーパーフェザー級王者ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)がWBAライト級王者ホルヘ リナレス(ベネズエラ/帝拳)に挑戦するという超好カードが5月12日、米国・ニューヨーク州で行われます。




2)「ロマチェンコ対リナレス」戦の前日11日には、サウジアラビアで4団体クルーザー級王座統一戦ムラト ガシエフ(露)対アレクサンデル ウシク(ウクライナ)戦が行われ、その試合の6日前の5日には、米国・ネバダ州ラスベガスで、3団体ミドル級統一王者ゲナディー ゴロフキン(カザフスタン)対挑戦者サウル アルバレス(メキシコ)戦が行われます。ボクシング・ファンにとって、まさに夢のような1週間になりますね。

3)「ロマチェンコ対リナレス」戦の前座では、昨年師走にミゲル コット(プエルトリコ)からWBOスーパーウェルター級王座を奪取しているサダム アリ(米)が、リーアム スミス(英)を迎えて初防衛戦を行います。

4)本来なら来月に行われる予定だったWBOウェルター級戦、王者ジェフ ホーン(豪)対挑戦者テレンス クロフォード(米)戦は、挑戦者の負傷のために少々延期となりました。はっきりとした日程は決まっていませんが、5月、遅くとも6月に両者は対戦する見込みです。

5)現地時間の明日23日、米国・フロリダ州でWBAバンタム級暫定王座決定戦が行われます。その試合に出場するのはステフォン ヤング(米)とレイマート カバリョ(比)。WBAは各階級1人王者体制を実現しようと努力していたと思ったんですが。この団体、ほんとう、潰れてほしいです。

6)先週末17日、スーパーフライ級で3団体の王座を獲得したクリスチャン ミハレス(メキシコ)が地元のリングに登場。アルゼンチンのフェルナンド サウセドを8回TKOで破ることに成功。この勝利はミハレスにとり、2015年師走以来のKO/TKO勝利となると共に、1997年8月にスタートさせた長いキャリアの最終戦となりました。ミハレスの終身戦績は59勝(27KO)8敗(1KO負け)2引き分け。素晴らしい戦績ですね。20年もの長い間、お疲れ様でした。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイキー、4階級制覇達成(IB... | トップ | 大竹、最後は仕留める(OPBF... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミハレス遂に引退でしたか!! (中野 吉郎)
2018-04-06 00:59:56
知らなかったです!! ありがとうございます!!
アルセ負かした時は感動しました…
ダルチに負けて~は輝きに陰りも…
ここ迄,頑張ってたとは…
Unknown (Corleone)
2018-04-06 01:25:27
コメントをいただき恐縮です。
アルセに勝利を収めた時、スーパーフライ級でのミハレス王朝は当分続くであろうと予想していましたが、それをダルが見事に打ち砕きましたね。両選手ともお気に入りのボクサーでした。

2人とも、バンタム級以上の体重でリングに上がるようになってから、圧倒的強さが無くなってしまいましたね。やはりボクサーのは、その人にあった体重というのがあるんですね。まあ、マニー パッキャオのような異常な選手もいますが。

しかしミハレス、ダルに敗れたのが2008年11月。その後27戦して4敗していますが、世界戦で敗れた以外はすべての試合で勝利をおさめめました。残念ながら世界2階級制覇達成を果たすことは出来ませんでしたが、これはこれで素晴らしい記録ではないでしょうか。

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事