DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

久田、横綱ボクシングで防衛(日本ライトフライ級)

2017年11月22日 23時39分28秒 | 日本ボクシング
先週17日、エディオンアリーナ大阪で行われた試合結果です。
日本ライトフライ級戦:
王者久田 哲也(ハラダ)KO4回2分58秒 挑戦者上久保 タケル(井岡弘樹)

*今年の4月に、10年以上のキャリア、実に39戦目にして初の王座挑戦試合で王座奪取を果たした久田。今回の2度目の防衛戦には、自身より一回り若い21歳の上久保を迎えて行いました。

王者としての余裕からか、序盤戦は挑戦者に手を出させる形でスタートした久田。しかし4回にピッチを上げると、あっさりと試合を終わらせてしまいました。その回の終盤戦に左フックでダウンを奪うと、上久保は試合継続することが出来ず。横綱ボクシングというべきでしょうか、王者が貫録を見せつけ王座の防衛に成功しました。

来春に予定されるチャンピオンカーニバルでの勝利後、その上の王座を目指す久田。苦労人がどこまで昇っていけるか。注目です。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 井上、ケンシロウが揃い踏み... | トップ | 田口、IBF王者と王座統一戦へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ボクシング」カテゴリの最新記事