DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

早くも2019年色々(色々:11‐15‐18)

2018年11月15日 00時36分48秒 | 世界ボクシング
最近(2018年11月15日ごろ)のニュースです。

1)比国、いやアジアが誇る偉大なるボクサーであるマニー パッキャオ(比)。来年1月19日に、米国・ネバダ州のリングでこれまでに4階級を制覇している問題児エイドリアン ブローナー(米)と対戦します。このブローナー戦はパッキャオにとり、今年7月にマレーシアで獲得したWBAウェルター級王座の初防衛戦になります。

2)その一週間後の26日、パッキャオから見ると格上王者となるWBAウェルター級スーパー王者のキース サーマン(米)が米国・ニューヨーク州のリングに登場。ホセシト ロペス(米)の挑戦を受けます。このロペス戦はサーマンにとり、2017年3月以来の復帰戦となります。

3)パッキャオ、サーマンの対抗王者であるショーン ポーター(米)。9月に以前保持していたIBF王座に続いて、WBC王者として世界王者に返り咲いています。このポーターがまだまだ先になりますが3月9日、キューバ出身のヨルデニス ウガスを相手に保持する王座の初防衛戦を行います。

4)ウェルター級の世界戦が順次決まっていますが、何といってもこの一戦が最大の注目カードでしょう。IBF王者エロール スペンス(米)が3月16日、これまでにWBOフェザー、同スーパーフェザー、WBCライト、IBFスーパーライト、そして最後にIBFライト級王座を獲得してきたマイキー ガルシア(米)を迎え、保持する王座の3度目の防衛戦を行います。両者の体格からしてスペンスの圧倒的有利が予想されますが、これまでに下の階級で暴れまくってきたガルシアの実力も過小評価出来ません。この一戦は間違いなく来春の注目カード筆頭と言っていいでしょう。

5)以前から対戦が発表されていた豪州人対決、元WBAスーパーミドル級、WBAスーパーウェルター級暫定王者のアンソニー マンディンと前WBOウェルター級王者ジェフ ホーン。両者は今月30日に対戦しますが、その試合がミドル級で行われることが発表されています。その試合にはマンディンが1月に獲得したWBOオリエンタル王座と、現在空位のWBAオセアニア王座が争われるようです。

6)先週10日、WBOアジア太平洋スーパーフライ級王者の船井 龍一(ワタナベ)がメキシコ出身の世界ランカーであるビクトル オリボと対戦。2回に右パンチ一撃でライバルをKOする快勝劇を演じています。この勝利と同時に船井は、IBF王者ジェルウィン アンカハス(比)への挑戦権も獲得することに成功しています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 和毅、まずは暫定王座獲得(W... | トップ | 一翔、4階級制覇なるか(WBO... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事