DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

チュー2世、18戦目が決定(スーパーウェルター級)

2021年02月12日 05時51分42秒 | 世界ボクシング

3月31日、豪州で予定される試合です。
スーパーウェルター級戦:
ティム チュー(豪)対 デニス ホーガン(アイルランド/豪)

*2016年師走にプロデビューを果たしている元統一スーパーライト級王者コンスタンチン チュー(露/豪)の実子ティム。ここまで17戦行い全勝(13KO)を記録。順調に成長してきました。

チュー2世はこれまでに、2017年10月に獲得したWBCの下部組織であるABCO王座を、昨年は2月に獲得したWBAオセアニアの暫定王座を獲得。5月には豪州国内王座を獲得し、8月にはIBF豪州王座とWBOグローバル王座もそのコレクションに加えます。昨年8月には同胞の元世界王者ジェフ ホーンを撃破。世界ランキングもWBOの2位を皮切りに、IBFで4位、WBAとWBCで8位と、主要4団体で堂々と世界ランカーの地位を獲得し、世界初挑戦近しの印象があります。

チューの今年の初戦に選ばれたホーガンは、28勝(7KO)3敗(1KO負け)1引き分けの戦績の持ち主で、これまでに暫定王座を含めると、3度の世界挑戦を経験してきた強豪です。過去2戦では世界戦に出場し、連敗を喫してしまいましたが、これまでの実績を考えると、チューから見ると格上の選手といっていいでしょう。また米国やドイツ、メキシコでの試合も何度も経験しており、チューが黒星を喫してもおかしくない危険な対戦相手と言えます。

(チューとホーガン、勝利を収めるのは一体どちらになるでしょう?)

昨年夏に同胞で、元WBOウェルター級王者ジェフ ホーンを破って以来、世界挑戦の機会を伺っているチュー。しかし今は世界挑戦云々ではなく、実力者ホーガンに集中すべきでしょう。この試合は、チューの真価が問われる試合になるといっていいでしょうね。


コメント   この記事についてブログを書く
« プラント、予想通りの圧勝で... | トップ | 今週末の試合予定 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事