DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

冨田、2度目の挑戦で初戴冠(WBOアジア太平洋・ライトフライ級)

2019年09月20日 05時28分19秒 | 世界ボクシング

今週16日・月曜日、堺市立大浜体育館で行われた試合結果です。
WBOアジア太平洋・ライトフライ級王座決定戦:
冨田 大樹(ミツキ)判定3対0(118-110、118-113、117-112)山口 隼人(三迫)

*昨年9月にOPBF(東洋太平洋)ミニマム級王座に挑戦し、判定負けを喫している冨田と、これまでにWBCユース・インターコンチネンタル・フライ級、WBCインターナショナル・フライ級、日本ライトフライ級王座に2度挑戦してきた山口の対戦。階級を上げてきた冨田が、ジャブ、左右のフックを有効に使いキャリアで上回る山口に快勝。2度目のタイトル挑戦で初の王座獲得を果たしています。

 

冨田が頂上戦線に一歩足を踏み入れたライトフライ級。2019年9月20日現在の同級王者たちの顔ぶれは次のようになります。

WBA(スーパー):京口 紘人(ワタナベ/防衛回数1)
WBA(レギュラー):カルロス カニザレス(ベネズエラ/2)
WBC:拳 四郎(BMB/6)
IBF:フェリックス アルバラード(ニカラグア/1)
WBO:エルウィン ソト(メキシコ/0)
OPBF(東洋太平洋):エドワルド ヘノ(比/3)
日本:堀川 謙一(三迫/1)

*日本勢がトップ戦線を引っ張っている現在のライトフライ級。現在の冨田にとり、世界王座は近くて遠い存在のようですね。


コメント   この記事についてブログを書く
« プロ13戦目が決定(スーパー... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事