DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

アルバレス、指名挑戦者を一蹴(2団体スーパーミドル級)

2021年03月01日 05時36分19秒 | 世界ボクシング

現地時間の一昨日(2月27日)、米国・フロリダ州で行われた試合結果です。
WBA/WBCスーパーミドル級戦:
王者サウル アルバレス(メキシコ)TKO3回終了 挑戦者アブニ イユリディン(トルコ)

*試合開始のゴングが鳴ると同時に、その左右の強打をイユリディンのボディーに当てまくったアルバレス。王者の豪快な攻撃の前に、打ち合いが好きなトルコ人は手も足も出ず。3回にダウンを奪われた挑戦者は、その回終了と同時にギブアップ。カネロ(アルバレスのニックネーム)がWBCの指名挑戦者を一蹴し、5月8日に予定されるWBO王者ビリー ジョー ソーンダース(英)戦に向け前進しています。

 

あっさりと勝利を収めたカネロ。カネロを中心として回る、2021年3月1日現在のスーパーミドル級王者たちの顔ぶれは次のようになります。

WBA(スーパー):サウル アルバレス(メキシコ/防衛回数2)
WBA(暫定?):デビット モレル(キューバ/0)
WBC:サウル アルバレス(メキシコ/1)
IBF:カレブ プラント(米/3)
WBO:ビリー ジョー ソーンダース(英/1)
OPBF(東洋太平洋):ジェイド ミッチェル(豪/2)
WBOアジア太平洋:アブダラ パジワパジ(タンザニア/0)

*このリスト、年末にはカネロで大半が埋まってしまいそうな勢いですね。


コメント   この記事についてブログを書く
« 「Best I faced」:ジュニア... | トップ | 意見番(03‐02‐21) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事