DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

チュー2世、初の初回KO勝利(スーパーウェルター級)

2018年08月05日 00時52分28秒 | 世界ボクシング
現地時間の一昨日(3日・金曜日)、豪州で行われた試合結果です。
WBC/ABC大陸間スーパーウェルター級戦:
王者ティム チュー(豪)KO初回1分14秒 挑戦者スティービー オンゲン フェルディナンデス(インドネシア)

*2016年師走にプロデビューを果たしている元統一スーパーライト級王者コンスタンチン チュー(露/豪)の実子ティム。今回が自身節目となるちょうど10戦目のリング登場となりました。

実父はデビュー当初、試合開始のゴングと同時に対戦相手に襲い掛かる選手でしたが、ティムは少々ゆったり目のボクシングをします。そんなティムですが、今回の試合では見事な初回KO勝利を収める事に成功。戦績を10戦全勝(8KO)に伸ばすと共に、5月に獲得したWBC/ABC大陸間王座の初防衛に成功しています。

試合数をドンドンこなしながら、その戦力を上がていく方針が伺えるチュー2世とその陣営。年内にあと数戦その雄姿をリング上で見れそうです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | 京口、ライトフライ級に進出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事