DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ロマチェンコと中谷が対戦!?(色々:03‐31‐21)

2021年03月31日 05時38分01秒 | 世界ボクシング

最近(2021年3月31日ごろ)のニュースです。

1)前ライト級王者ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)が、日本が世界に誇る同級の強打者中谷 正義(帝拳)と今夏での対戦するという話が進んでいるようです。

2)井上 尚弥(大橋)が6月19日、米国ネバダ州ラスベガスのリングに登場。IBFバンタム級1位のマイケル ダスマリナス(比)を相手に、保持するWBA(スーパー)とIBF王座の防衛戦を行う予定です。このカードは噂話ではなく、最終決定に向け着実に話が進んでいる模様です。

3)今年1月にOPBF(東洋太平洋)バンタム級王座を獲得した井上 拓真(大橋)。世界再挑戦に向け同王座を返上しています。これは2度目の世界挑戦に向け、具体的な話が進展しているという事でしょうか?ひょっとしたら兄・尚弥の防衛戦と同一興行でその試合が組まれるかもしれませんね。

4)すでに拓真の返上した王座の決定戦が決まっており、その一戦は5月13日に後楽園ホールで行われます。その試合に出場するのは井上兄弟の同僚である中嶋 一輝と千葉 開(横浜光)。

5)昨年の大晦日にWBOアジア太平洋バンタム級王座を獲得した比嘉 大吾(Ambition)が来月26日、故郷沖縄の沖縄コンベンションセンター初防衛戦を行う事が決まっています。比嘉が迎えるのは、一階級上の国内ランカー西田 凌佑(六島)。

6)昨年師走に母国南アフリカで防衛戦を予定していたIBFフライ級王者モルティ ムタラネ。その試合は現地のプロモーターの不手際(ファイトマネーが準備出来なかったとか)で、試合直前にキャンセルとなっていました。このムタラネが4月30日に英国のリングでサニー エドワーズ(英)の挑戦を受ける事が発表されています。フライ級より一階級上のスーパーフライ級を主戦場としているエドワーズ。15戦全勝(4KO)の軽打の持ち主です。


コメント   この記事についてブログを書く
« ホワイトが王座に返り咲き(W... | トップ | チュー2世が18連勝(スーパー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事