DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ロマチェンコ、ホリフィールドなど(色々:08‐02‐21)

2021年08月02日 05時26分41秒 | 世界ボクシング

最近(2021年8月2日ごろ)のニュースです。

1)約一ヵ月前に中谷 正義(帝拳)を一蹴したワシル ロマチェンコ(ウクライナ)。12月11日に次戦を予定しているようです。その対戦相手候補の筆頭として、元IBF王者リチャード コミー(ガーナ)の名前が挙がっています。コミーは2019年師走にロマチェンコを破ったテオフィモ ロペス(米)に2回で敗れ、王座から決別しています。ロマチェンコの試合は見たいですが、コミーとの一戦には興味が沸きません。

2)昨年10月にロマチェンコを破り、一躍時の人となったロペス。ジョージ カンボソス(豪)との防衛戦が、来週末14日に迫っています。ロペスは2019年7月に中谷を破り、世界王座への挑戦権を獲得。同年12月にコミーを破り、IBFライト級王座を奪取しました。そして昨年10月にロマチェンコを破るという大金星を挙げています。

3)ロマチェンコを含め、3度、世界ライト級王座に挑戦するも勝利をある事が出来なかったロンドン五輪金メダリストのルーク キャンベル(英)。現役からの引退を発表しています。

4)元統一クルーザー級、ヘビー級王者イベンダー ホリフィールド(米)の実子エバンが先週7月30日、プロ7戦目の試合を行っています。15勝18敗3引き分けの戦績のオーガスティン チセロ(メキシコ/Agustin Cicero)と対戦したエバン。2回に4度、3回にもう1度ダウンを奪いフィニッシュ。全勝記録を7(内5KO)に伸ばすと同時に、初めての6回戦での試合を無事に終えています。

5)本来なら6月5日に予定されていた、エバンの実父イベンダー ホリフィールド(米)とケビン マクブライド(米)によるヘビー級戦。6回戦の公式試合として行われるようですと言う話でしたが、相変わらず試合延期後、情報が入ってきていません。

6)現役時代、イベンダーと3度対戦し、どの試合も超がつく好試合を演じた元統一ヘビー級王者リディック ボウ(米)。53歳になったボウが10月2日、米国フロリダ州でエキシビションマッチに出場します。また、ア同じ興行には、40歳となった元スーパーライト級、ウェルター級王者ポール マリナッジ(米)も、別のエキシビションマッチに出場を予定しています。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大ベテラン野中、大差判定で... | トップ | ジョイス、また一歩世界に前... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事