DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

クルーザー級統一戦も延期に(色々:04‐18‐18)

2018年04月18日 00時11分10秒 | 世界ボクシング
最近(2018年4月18日ごろ)のニュースです。

1)来月11日に予定されていたクルーザー級の4団体王座統一戦、IBF/WBA王者ムラト ガシエフ(露)対WBO/WBC王者アレくサンデル ウシク(ウクライナ)戦は、ウシクが肘を痛めたために延期となっています。まだ新たな日程は発表されていませんが、近日中にも公表される見通しです。

2)こちらも本来なら来月に行われる予定だったWBAヘビー級レギュラー王座戦、王者マヌエル チャー(独)対 挑戦者フレス オケンド(プエルトリコ)戦は、9月29日にドイツで行われるようです。

3)そのWBAヘビー級レギュラー王座に挑戦を目論んでいる(?)OPBF(東洋太平洋)、WBOアジア太平洋ヘビー級王者の藤本 京太郎(角海老宝石)が来月7日、クルーザー級を中心に戦っている豪州人アーロン ラッセルを迎え王座の防衛戦を行います。

4)同じラッセルでもフェザー級を拠点にしているWBC王座保持者の米国人であるゲーリー ラッセル。その実力は認められていながらも、試合間隔が開き過ぎているために忘れられた存在になりつつあります。そのラッセルが来月19日、こちらも評価が高い指名挑戦者ジョセフ ディアスを相手に3度目の防衛戦を行います。王者ラッセル、2015年以降は1年に1試合というインターバルを続けていますがどんな試合を披露してくれるのでしょうか。

5)そのラッセルに2015年3月にWBCフェザー級王座を奪われて以来、8勝1敗という好戦績を収めてきた日本でもお馴染みのジョニー ゴンザレス(メキシコ)。今月7日にドミニカのマーリン カブレラに大差判定勝利を収め、保持するWBCスーパーフェザー級ラテン王座の3度目の防衛に成功しています。

6)ジョニゴンが2度挑戦し、獲得することが出来なかったのがWBCスーパーバンタム級タイトル。現在は彼の同胞であるレイ バルガスがそのベルトを腰に巻いています。バルガスは来月12日、保持する王座の3度目の防衛戦をアザト ホバニシャン(アルメニア)を相手に行う予定です。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 小原、まさかのKO負け(WBOア... | トップ | 村田、きっちりと初防衛に成... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事