DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

新王者決まらず(OPBFミドル級)

2019年07月10日 00時47分27秒 | 世界ボクシング

現地時間の数時間前(9日・火曜日)、後楽園ホールで行われた試合結果です。
OPBF(東洋太平洋)ミドル級王座決定戦:
細川 チャーリー 忍(金子)引き分け(0対1:114-115、114-114x2)太尊 康輝(角海老宝石)

*前王者となる野中 悠樹(井岡弘樹)の返上に伴い、空位となった王座の決定戦。そのベルトを争ったのが、その野中に王座を奪われた細川と、それ以前にこの王座を保持していた太尊という、実力拮抗者同士の対戦となりました。

試合の方は両者の実力差を示すような競った内容に。結局、両選手とも決定的な差をつけることが出来ずに試合終了。両者痛み分けの形で、王座は空位のままとなっています。

現在のOPBFミドル級ランキングを見てみると、3位が細川で、太尊は8位。1位は日本王者の竹迫 司登(ワールドスポーツ)で、2位は日本ランキング1位の加藤 収二(中野サイトウ)。両者は3月に対戦し、今回のOPBF戦同様に引き分け。来月あたまに、再戦/決着戦を行うことがすでに決まっています。


コメント   この記事についてブログを書く
« 中々決まらず(色々:07‐09‐19) | トップ | 拓真のライバル、初防衛に成... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事