DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ヘビー級色々(色々:03‐25‐19)

2019年03月25日 00時33分27秒 | 世界ボクシング
最近(2019年3月25日ごろ)のニュースです。

1)5月18日に米国・ニューヨーク州で9度目の防衛戦を予定しているWBCヘビー級王者ディオンティー ワイルダー(米)。挑戦者がドミニク ブレアジール(米)に決定しました。ブレアジールは2016年6月に、当時IBFのみのタイトル保持者だったアンソニー ジョシュア(英)に挑戦し、7回TKO負けを喫した選手。正直、ワイルダーがブレアジールを挑戦者に選んだ事には失望しています。

当初タイソン フューリー(英)との直再戦を予定していたワイルダー。フューリーとの再戦がダメなら、せめて1位のディリアン ホワイト(英)を挑戦者に迎えて欲しかったです。そういえば数週間前まで、WBCはホワイトとブレアジールによる暫定王座決定戦を行うよう催促していました。

2)現時点でのワイルダーとの再戦は無いものの、将来的には十分に実現の可能性があるフューリー。6月15日に米国・ネバダ州で、24戦全勝(16KO)のドイツ人トム シュワルツと対戦するようです。

3)そして3団体(IBF/WBA/WBO)王者のジョシュアは6月1日、ニューヨークのリングでジャーレル ミラー(米)と防衛戦を行います。

4)主要4団体のクルーザー級王座を統一し、ヘビー級に進出を目論んでいるアレクサンデル ウシク(ウクライナ)。5月18日に米国・イリノイ州のリングでヘビー級転向第一戦目を予定しています。対戦相手はどうやら、フランスを拠点としているカメルーン人カルロス タカムになるようです。タカムは2017年10月にジョシュアに挑戦し、10回まで粘った選手です。

5)「ウシク対タカム」戦と同じリングに、元WBA王者アレクサンデル ポベトキン(露)も登場。対戦相手は未定ですが、その一戦は将来的にウシクとの対決を目論んだ戦いになるようです。

6)ウシクの対戦相手ですが、試合開催地がイリノイ州のシカゴなだけに、ひょっとしたら同地出身の「フレス オケンド(プエルトリコ)では?」と少々期待していましたが、外れてしまいました。ちなみにオケンドも、彼の挑戦を受けるべき筈のWBAレギュラー王者マヌエル チャー(独)も試合予定は立っていません。

コメント   この記事についてブログを書く
« 伊藤、再びフロリダの地へ(W... | トップ | エドワーズ、完封防衛に成功... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事