DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

3王者がそろって防衛に成功(世界スーパーウェルター級戦x3)

2017年10月29日 00時03分37秒 | 世界ボクシング
今月14日、米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
WBAスーパーウェルター級戦(スーパー王座):
王者エリスランディ ララ(キューバ)判定3対0(117-110x2、116-111)挑戦者テレル ガウシャ(米)

*4回にダウンを奪い、その後も安定したボクシングを展開したララ。後半戦は客足が遠のく試合内容だったようですが、暫定王座時代から数えると7度目の防衛に成功したことになります。


WBCスーパーウェルター級戦:
王者ジャーメル チャーロ KO初回2分41秒 挑戦者エリクソン ルビン(共に米)

*ララとは対照的に右一発で試合を終わらせたチャーロ。この試合後の戦績が30戦全勝(15KO)。そう、KO率は僅か50パーセントですが、出場した世界戦3試合すべてをKO/TKO勝利で終えています。


IBFスーパーウェルター級戦:
王者ジャレット ハード TKO10回終了 挑戦者オースティン トラウト(共に米)

*こちらもチャーロ同様無敗の世界王者。前半戦は元世界王者のペースに巻き込まれていましたが、試合が進むにつれ主導権を握ります。最終的にはトラウトを棄権に追い込み、2月に獲得した王座の初防衛に成功しています。

スーパーウェルター級の3王者の巴踏みとなった今回の興行。3王者がそれぞれ違った試合内容で勝利。今後の同級王座統一戦線への機運が高まりつつあるようです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週末の試合予定 | トップ | 石田、及ばず(WBAスーパーフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事