DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

開幕戦はロシアで(色々:08‐15‐18)

2018年08月15日 00時03分09秒 | 世界ボクシング
最近(2018年8月15日ごろ)のニュースです。

1)バンタム級のトーナメントの開幕戦が10月13日、ロシアで行われます。その一戦で、WBOバンタム級王者のゾラニ テテ(南ア)が、ロシアの新鋭ミーシャ アロイヤンの挑戦を受けます。この挑戦者のここまでの戦績は4戦全勝というもの。昨年5月にプロデビューを果たし、2戦目にWBCスーパーフライ級のシルバー王座を獲得。師走にWBAインターナショナルのバンタム級王座を獲得し、今年に入りその王座の初防衛に成功しています。それなりの戦力はありそうな選手ですが、これまでにKO/TKO勝利がゼロというのが気になります。

ちなみのこのバンタム級トーナメントの優勝候補の筆頭に挙げられているのは、WBAレギュラー王者の井上 尚弥(大橋)です。

2)先月末28日、英国でヘビー級の注目試合が行われ、第3の英国ヘビー級と言われるディリアン ホワイト(英)が、前WBO王者ジョセフ パーカー(ニュージーランド)に大激戦の末僅差の判定勝利。保持していたWBCシルバー王座の防衛を果たすと同時に、空位だったWBOインターナショナル王座を獲得することに成功しています。

3)ヘッキー ブドラー(南ア)が返上してIBFライトフライ級の王座決定戦が10月20日、豪州で行われます。その試合に出場するのはフェリックス アルバラード(ニカラグア)とランディ ペタルコリン(比)

4)現在4人もの世界王者が君臨しているWBAクルーザー級戦線。その一角である暫定王者アルセン グラムイリアン(アルメニア/仏)が10月20日、対戦相手は未定ながらも3月に獲得した王座の初防衛戦を予定しています。グラムイリアン以外の王者の顔ぶれは、スーパー王者に4団体統一王者のアレクサンデル ウシク(ウクライナ)、レギュラー王者にベイビュート シュメノフ(カザフスタン)、そして休養王者にデニス レべデフ(露)が君臨しています。

5)昨年2度、沖縄のリングに立ちOPBF(東洋太平洋)ライトフライ級王座を獲得したエドワルド ヘノ(比)。先週末11日、同国人ジェシー エスピナスと防衛戦を行い大差判定勝利。保持する王座の2度目の防衛に成功しています。

6)IBFスーパーフライ級王者ジェルウィン アンカハス(比)が9月29日、米国・カリフォルニア州で保持する王座の6度目の防衛戦を予定しています。安定王者アンカハスに挑戦するのはメキシコのアレハンドロ バリオス。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« コバレフ、予想外のKO負け(W... | トップ | 小原、しっかりと雪辱(WBOア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事