DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

オルティス、全勝記録を16に(ウェルター級)

2020年07月27日 12時43分57秒 | 世界ボクシング

先週24日・金曜日、米国・カリフォルニア州で行われた試合結果です。
ウェルター級12回戦:
バージル オルティス KO7回2分58秒 サムエル バルガス(コロンビア/カナダ)

*ここまで行ってきた15戦、すべての試合を規定ラウンド内で終わらせてきたオルティス。自身16戦目の相手は、世界常連ランカーのバルガスでした。中々骨のある対戦相手となりましたが、若干22歳の若者は、自身最長となる7回を経験。しかし最後は予想通りにライバルを仕留め、全戦全勝全KO記録を16に伸ばしています。

 

バルガスが目指すのは、当然の如く世界王座。2020年7月26日現在のウェルター級王者たちの顔ぶれを見てみましょう。

WBA(スーパー):マニー パッキャオ(比/防衛回数2)
WBC:エロール スペンス(米/0)
IBF:エロール スペンス(米/4)
WBO:テレンス クロフォード(米/3)
OPBF(東洋太平洋):長濱 陸(角海老宝石/0)
WBOアジア太平洋:別府 優樹(久留米櫛間/0)
日本:小原 佳太(三迫/0)

*コロナウィルスの影響で、世界王座統一の動きが停滞してしまった同級戦線。かなり残念ですね。パッキャオは40を過ぎ、スペンスは交通事故上がり、クロフォードに関していえば、自身に見合うギャラが支払はなければ試合はしないとの事。先行きが不安な階級と言っていいでしょうね。


コメント   この記事についてブログを書く
« バルデス、2階級制覇へ前進(... | トップ | 矢吹、速攻で王座獲得に成功... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事