DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

スティーブンソン、大差判定で空位の王座獲得(WBOフェザー級)

2019年10月31日 06時40分27秒 | 世界ボクシング

先週末26日、米国・ネバダ州で行われた試合結果です。
WBOフェザー級王座決定戦:
シャクール スティーブンソン 判定3対0(119-109x3)ジョエ ゴンザレス(共に米)

*2016年のリオ五輪に出場し、銀メダルを獲得したスティーブンソン。ゴンザレスを圧倒的スピードで寄せ付けず、大差判定勝利。オスカル バルデス(メキシコ)が返上した王座を獲得しています。

今年に入り、NABO王座など主要団体の地域/下部タイトルを次々に獲得し、今回の世界王座奪取に至ったスティーブンソン。今後の活躍がさらに期待できそうです。


スティーブンソンが世界王座の一角に昇格したフェザー級戦線。2019年10月31日現在の同級王者たちの顔ぶれはどのようになるのでしょうか。

WBA:徐 燦(シュ チャン/中国/防衛回数1)
WBC:ゲリー ラッセル(米/4)
IBF:ジョシュ ワーリントン(英/3)
WBO:シャクール スティーブンソン(米/0)
OPBF(東洋太平洋):清水 聡(大橋/4)
WBOアジア太平洋:森 武蔵(薬師寺/1)
日本:佐川 遼 (三迫/0)

世界王座に就いたばかりという事もありますが、スティーブンソンには、他の世界王者たちに欠けている『勢い』があるように感じられます。


コメント   この記事についてブログを書く
« メンデス、代役に苦戦(WBOミ... | トップ | 意見番(11‐01‐19) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事