DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

続「ボクシング 10年」PartⅦ(カオサイという怪物)

2020年12月31日 05時38分38秒 | ボクシングネタ、その他雑談

このDaispo Boxingを始めた当初、不定期ながらも数回に渡り「ボクシング10年」という、自分(Corleone)がボクシングに興味を抱いてからの約10年の間のボクシング界について、ザっとしたものを書いていました。第一弾は2004年6月23日。当時引退したばかりのリカルド ロペス(メキシコ)がどれだけ凄いボクサーで、軽量級、特にミニマム(旧ストロー、105ポンド/47.63キロ)とそのひとつ上のライトフライ(旧ジュニアフライ、108ポンド/48.97キロ)のその後の課題はロペスの後継者を生み出すことであると強調しました。

今年の9月にSuperchamp1991というものを購入。そこには私がボクシングに惹かれる直前、1991年春先の世界王者たちの顔ぶれが掲載されています。その顔ぶれを見てみると懐かしさと同時に、新鮮味がある王者たちが載っています。

今回はスーパーフライ級となります。下記が当時の世界スーパーフライ級王者たちの顔ぶれとなり、防衛回数は当時のものになります。

WBAジュニアバンタム級:カオサイ ギャラクシー(タイ/防衛回数16)
WBCスーパーフライ級:文 成吉(韓国
/3)
IBFジュニアバンタム級:ロバート キロガ(メキシコ/2)

階級の呼称は、「ジュニア」、または「スーパー」と団体によって違っていました。実際の所、2020年現在でも、米国のメディアでは「ジュニア」の呼称を結構使っています。

115ポンド/52.15キロを上限とするこのクラスは、当時としては比較的新しいクラスでした。最初にWBAの世界戦が行われたのが1981年の9月。WBCはその前を行き1980年の2月。IBFの同級での初の世界戦は1983年の師走。WBOに至っては1989年の4月まで待たなければなりませんでした。

その短い歴史の中で、アジアから同級を代表する怪物が誕生しました。1984年11月に、WBAジュニアバンタム級の3代目王者だった渡辺 二郎(大阪帝拳)が剥奪された王座の決定戦に出場したカオサイ。6回KO勝利を収め世界のベルトを手に入れると、KOの山を築きながら、ドンドンと防衛記録を伸ばしていきました。最終的には19連続防衛に成功し、世界王者のままでリングを去ったカオサイ。この年、1991年の師走まで戦い続けました。終身戦績は47勝(41KO)1敗。KO率は何と85パーセント。カオサイの築き上げた防衛記録は、いまだに同級の最多記録です。

(アジアの生んだ怪物・カオサイ ギャラクシー)

カオサイが世界王者になる前、何人もの日本人選手がこのタイの英雄と拳を交えました。それらの選手たちは、口を揃えて「カオサイのパンチ力にお手上げだった」とコメントを残しています。また、カオサイの引退後、王座決定戦でタイの英雄の後釜に就いたのが鬼塚 勝也(協栄)でした。

カオサイのインパクトが強すぎただけに、他の王者たちの影が薄くなってしまうのはしょうがないでしょう。しかし、WBCタイトルホルダーだった文も中々キャラクターの濃い選手でした。1988年に自国・韓国で行われたソウル五輪出場を蹴ってプロ入りした文。まずはWBAバンタム級を獲得し、1990年に同王座に逆2階級制覇という形で就いています。頭からガンガンいく変則的なファイターだった文。そのボクシングスタイルのため、負傷が多く、負傷判定という消化不良の試合もありました。不安定な面もありましたが、この王座は1993年の11月まで、9度同王座を守っています。しかし如何せん「韓国の石の拳」というニックネームは不似合いな選手でした。日本が世界に誇ったテクニシャン、川島 郭志(ヨネクラ)は、文の2代後のWBCスーパーフライ級王者でした。

(「韓国の石の拳」文 成吉)

キロガもカオサイには劣るものの、中々の好選手でした。翌年1992年まで王座を温めたキロガ。プロモーターとの関係上、イタリアのリングでしばしば防衛戦を行っています。マイナー団体WBOのベルトを腰に巻いていたのは、ホセ ルイス(プエルトリコ)。第4の団体WBOながらも、当時でもそれなりに評価されていた存在でした。翌1992年2月に王座を手放したルイスは、その後キロガに挑戦。僅差の判定負けを喫しています。偶然でしょうが、キロガもルイスも防衛回数揃っては5でした。

(比較的地味ながらも、まとまった戦力の持ち主だったロバート キロガ)

一階級下のフライ級が「日本の伝統のクラス」という「伝統」があります。しかし1990年代から見てみると、フライ級より、このスーパーフライ級の方が「伝統」というお株を奪ったような印象があります。

渡辺 二郎から始まった日本のスーパーフライ級の歴史。鬼塚、川島、飯田 覚士(緑)、戸高 秀樹(緑)、徳山 昌守(金沢)、セレス 小林(国際)、川嶋 勝重(大橋)、名城 信男(六島)、河野 公平(ワタナベ)、佐藤 洋太(協栄)、井上 尚弥(大橋)、そして井岡 一翔(Ambition)。この30年の間に、このように多くの世界王者たちが日本のリングから誕生してきました。しかし楽しみですな、今夜行われるWBOスーパーフライ級戦が。

(さあ、勝つのはどちらだ!?)


コメント   この記事についてブログを書く
« 意見番(12‐30‐20) | トップ | 2021年、謹賀新年 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ボクシングネタ、その他雑談」カテゴリの最新記事