DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

三代、強豪を退けV2(OPBFスーパーフェザー級)

2019年03月31日 00時40分02秒 | 世界ボクシング
先週27日・水曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
OPBF(東洋太平洋)スーパーフェザー級戦:
王者三代 大訓(ワタナベ)判定3対0(117-111、116-112、115-113)挑戦者渡邉 卓也(青木)

*昨年6月、プロ僅か6戦目で同王座を獲得した三代。10月には日本王者末吉 大(帝拳)との日本国内最強決定戦を行いましたがその時は引き分け。今回はキャリアで5倍以上の渡邉を迎え再起を図りました。

ここまでの44戦、日本国内外で非常に充実したキャリアを築いてきた挑戦者。日本国外ではタイのリングで4試合、韓国で3試合、香港で4試合、そして中国本土、台湾でそれぞれ一試合行ってきました。そしてこれまでにWBCユース・ライト級、IBFアジア・フェザー級、WBOアジア太平洋スーパーフェザー級(2度)、そしてOPBFシルバー・スーパーフェザー級王座を順次獲得。その間、35勝(20KO)9敗(ゼロKO負け)1引き分けという素晴らしい戦績を築き上げてきました。まさに三代にとって進化を問われる一戦、渡邉にとっては世界を狙うために落とせない戦いをなりました。

試合の方も両者が激しいペース争いを展開。最終的にはジャブの王者か、ボディーの挑戦者かに分けれましたが、よりジャッジに好印象を与えた三代が勝利。苦しみながらも強豪を退け、王座の防衛に成功しています。

短いキャリアの中で、強豪相手に生き残る事が出来た三代。世界挑戦は勿論、ジムの大先輩、元WBA王者内山 高志の歩んだ道に追いつくにはまだまだ長い時間、キャリア作りが必要なようです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | この階級、この選手(ジョー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事