DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

フーカー、逆転TKOでV1(WBOスーパーライト級)

2018年11月25日 00時14分42秒 | 世界ボクシング
今月16日、米国・オクラホマ州で行われた試合結果です。
WBOスーパーライト級戦:
王者モーリス フーカー(米)TKO7回1分26秒 挑戦者アレックス サウセド(メキシコ)

*6月に英国に渡り、それまでスーパーフェザー級、ライト級の2階級でWBO王座を獲得してきたテリー フラナガン(英)と、当時空位だった同王座を争ったフーカー。その試合では、試合前の予想を覆し、僅差の判定勝利。世間ではあまり知られていなかったフーカーが世界のベルトを獲得することに成功しています。

今回の初防衛戦でフーカーが迎えたのは指名挑戦者のサウセド。サウセドは2回にダウン奪う好調な滑り出しをしますが、徐々に徐々にとフーカーがペースを奪回。7回にお返しのダウンを奪った王者。その後の連打でレフィリー・ストップを呼び込むとともに、王座の初防衛に成功しています。現在、8名のトップ戦線で活躍する選手によるトーナメントが開催されている同級。今後このフーカーがどれだけそれらの選手たちに、実力、知名度で近づく事が出来るか。それが来年の課題になるでしょう。出来れば、フーカーにホルヘ リナレス(ベネズエラ/帝拳)が挑戦するという試合を見てみたいものです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | 意見番(11‐26‐18) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事