DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

勅使河原、充実のV2(WBOアジア太平洋バンタム級ほか)

2018年06月18日 00時59分25秒 | 世界ボクシング
先日14日・木曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
WBOアジア太平洋・バンタム級戦:
王者勅使河原 弘晶(輪島スポーツ)KO5回2分41秒 挑戦者帝里 木下(千里馬神戸)

*スーパーフライ級の日本国内王座を5度防衛し、その階級で2度の世界挑戦を経験してきた挑戦者。実績では王者を大きく上回っていましたが、現時点での勢いが違いすぎました。3回、そして最終回となった5回にダウンを奪った勅使河原。実力者を完全にKOし、保持する王座の2度目の防衛に成功。自身の存在を大きくアピールすることにも成功しています。


日本ライト級戦:
王者吉野 修一郎(三迫)KO9回2分49秒 挑戦者前田 絃希(グリーンツダ)

*常に主導権を握っていた吉野。しかし前田も諦めることなく王者に抵抗していきました。しかし終盤、パンチをまとめられた前田はこの日2度目のダウン。そのままテン・カウントを聞いた前田をKO負け。王者吉野は昨年10月に獲得した王座の2度目の防衛に成功しました。


WBOアジア太平洋・スーパーフライ級王座決定戦:
船井 龍一(ワタナベ)KO8回2分55秒 ワルリト パレナス(森岡)

*強打のバレナスと、慎重に戦う船井。どちらのペースとも言えない試合展開が続きましたが、最後は船井がダウンを奪い勝利。日本王座に続く自身2つ目の王座を獲得しています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 本当に決まったのか?(色々... | トップ | 伊藤、米国で世界王座獲得な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事