DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

日本タイトル戦等など(色々:09‐08‐21)

2021年09月08日 05時42分44秒 | 世界ボクシング

最近(2021年9月8日ごろ)のニュースです。

1)スーパーフライ級の日本、OPBF(東洋太平洋)、そしてWBOアジア太平洋の3つの王座を保持している福永 亮次(角海老宝石)。来月2日後楽園ホールで、15戦全勝(9KO)の梶 颯(帝拳)を相手に、3本のベルトの防衛戦を行います。

2)7月末に空位の日本バンタム級王座を賭け対戦した澤田 京介(JBスポーツ)と定常 育郎(T&T)。その時は2回負傷の引き分けで、新王者誕生なりませんでした。この両者が11月12日に再度王座を賭け拳を交える事が決定しています。

3)日本フェザー級王者丸田 陽七太(森岡)が11月27日、後楽園ホールのリングに登場。日野 僚(川崎新田)を迎え、2月に獲得した王座の初防衛戦を行います。

4)WBOスーパーフェザー級王者ジャメル ヘリング(米)と、同暫定王者シャクール スティーブンソン(米)による王座統一戦が正式に決定。この試合は来月23日、米国ジョージア州アトランタで行われます。WBOも時折暫定王座を設けますが、例外なく短期間の間で正規王者との統一戦を行ってきています。

5)5月にスーパーライト級の4つの王座のベルト統一に成功しているジョシュ テーラー(英)。師走の18日に、WBOの指名挑戦者ジャック カテロール(英)を相手に防衛戦を行います。

6)WBAライトヘビー級唯一王者のドミトリー ビボル(キルギスタン)が来月30日、5月の試合に続いて英国のリングに登場。元WBAスーパーミドル級暫定王者ジョン ライダー(英)を相手に、保持する王座の10度目の防衛戦を行う予定です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする