DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

前の試合から20日!ルイスが3階級制覇挑戦(色々:02‐06‐19)

2019年02月06日 04時04分09秒 | 世界ボクシング
最近(2019年2月6日ごろ)のニュースです。

1)今週末9日に保持するWBAスーパーフェザー級のスーパー王座の防衛戦に臨むジェルボンタ デービス(米)。本来ならバンタム級からフェザー級の3階級を制覇してきたアブネル マレス(メキシコ)を相手に試合を行う予定でした。しかしそのマレスが自身の負傷のためにアウト。代わって元バンタム級、スーパーバンタム級王者のウーゴ ルイス(メキシコ)がデービスに挑戦します。

驚くことにこのルイス、先月19日にアルベルト ゲバラ(メキシコ)を相手に10回戦を戦ったばかり。しかもフルラウンド。ゲバラ戦からデービス戦の試合間隔は僅か20日。何かルイスの番狂わせを見てみたくなってきました。

2)昨年師走の初日に京口 紘人(ワタナベ)が返上したIBFミニマム級王座を獲得しているカルロス リコナ(メキシコ)。10日後の16日に、南アフリカのディージェイ クリエルを相手に、早くも保持する王座の初防衛戦を行います。

3)先月末に井上 岳志(ワールドスポーツ)を退け、保持するWBOスーパーウェルター級王座の防衛に成功したばかりのハイメ ムンギア(メキシコ)。4月13日に早くも次の防衛戦を予定しています。対戦相手は現在の所未定ですが、WBOはムンギアに対し、指名挑戦者デニス ホーガン(豪)との防衛戦を行うよう指令を出しています。

4)WBOスーパーフライ級1位のアストン パリクテ(比)が先月の最終日、同2位に位置していたホセ マルティネス(プエルトリコ)に2回KO勝利。昨年9月に引き分けている同胞の先輩で、現在WBO王座についているドニー ニエテス(比)への挑戦権を獲得しています。

5)昨年末にWBCフライ級王座を獲得したチャールズ エドワーズ(英)。3月23日にスペインのアンヘル モレノを迎え、保持する王座の初防衛戦を行います。

6)昨年の夏休み、不甲斐ない戦いの結果、IBFスーパーバンタム級王座から転落してしまった岩佐 亮佑(セレス)。10日後に米国・カリフォルニア州のリングで、これまでに2度WBO同級王座に挑戦した経験を持つセサール フアレス(メキシコ)を相手に再起戦を行います。この戦いは岩佐にとってリング復帰戦になると同時に、宿敵TJ ドヘニー(豪/アイルランド)への挑戦者決定戦にもなります。
コメント