NPO法人 大雪山自然学校

所在地:〒071-1404 北海道上川郡東川町西4号北46番地 TEL/FAX:0166-82-6500

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

冬山の安全セミナー「初級編」が開催されました。

2012-01-31 19:11:09 | 大雪山国立公園:旭岳・天人峡情報

昨日、今日と二日間、旭岳において冬山の安全セミナー「初級編」が開催されました。

平日での開催にもかかわらず、二日間で18名の参加がありました。

 

先週行われた「入門編」の先に見据えた内容で行われた「初級編」。

午前中は冬山での安全な活動について屋内で学び、午後は雪上で雪崩事故を想定し、「ビーコン」を使った捜索方法のトレーニングを行いました。

 

ビーコンは雪崩事故の捜索には欠かせない道具です。

使わないで済むなら、もちろんそれが一番。

しかし、事故があった際、持っているだけでは「いまひとつ」。使い方を知ることはやはりとても大切です。

 

今回は道具や捜索方法に精通した講師をお招きし、機種によって異なるビーコンの使用方法や特徴を学びました。

実際に道具を使ってみる。使い方を知る。というのはやはりとても大事なことですね。

参加者からは…

「ビーコンの種類によってこれだけ違いがあるとは思わなかった。」

「やってみないと分からないことが多かった。なかなか練習できる機会はないので、良かった。」

などのお声をいただきました。

 

冬山で遊ぶこと。その楽しみを存分に味わっている人は、その分安全への意識も強く持ち、起こるかもしれない危険にしっかりと対策をしています。

勉強するには難しいこともありますが、遊びの延長の感覚で学んだり、仲間と一緒に考えたりすることができれば…。

知識を得ることも楽しみになるかもしれませんね。

 

冬はまだまだこれから。

お互いに楽しく冬を過ごしましょう。

 

 

コメント

soto times(女性限定)Vol.1開催しました!

2012-01-29 18:13:04 | ネイチャーガイド・Soto times

1月29日キトウシ森林公園で
「soto times(女性限定)Vol.1」を行いました。

今回はスノーシュー入門編×東川ランチ×クラフト体験!
まずはスノーシューを履いて森にお出かけ。
樹木のお話をしたり、野鳥を見つけたりしながらゆっくりと歩きます。
最後は斜面をダウンヒル&おしり滑り、
脚がはまって靴が脱げるというハプニングもありましたが(笑)
みなさん久しぶりの運動を楽しんでいたようです。

お昼は東川ランチ、今日はピタパンセットか米バーガーセットを選んでいただきました。
かぼちゃのサラダと豆乳ののスープもヘルシーで美味しくいただきました。

午後のクラフトは木に焼き色をつけるバーニングペンを使用した木のマグネットづくりと
カンナを使用した檜の箸づくりを行いました。

日頃手にしないバーニングペンやカンナで時間はあっという間に過ぎていきました。
檜のカンナくずもお持ち帰りいただいたので、
お部屋でもリラックスしていただけたらと思います。

次回の女性限定soto timesは
【2012年2月12日(日)】 9:30-14:00
★スノーシューStep UP教室
★トドマツエッセンスの抽出体験
★ダッチオーブン料理体験
という内容になっています。
非日常への入り口を開いて、自分にご褒美あげてみませんか?
安らぎのひとときを提供します!

【集合場所】キトウシ森林公園 物産センター前(上川郡東川町西5号北44番地)
【参加料金】各回お一人様3.500yen(保険・ランチ代込)
      レンタル:スノーシュー500yen
      
【ライナーウェブ会員限定モニター】

 女性限定プログラム「Soto times」に
ライナーウェブの会員モニターとして参加すると、参加費が500円割引になります。
モニター希望者はライナーウェブ会員登録を行ったうえで、
参加申し込み・問い合わせ時にライナーウェブ会員のニックネームをお伝えください。
モニター参加は当イベントに関するクチコミ投稿が条件です。

クチコミはこちらのHPでご覧いただけます!


↓*お申し込み・お問い合わせ*↓
NPO法人ねおす「大雪山自然学校」

電話:0166-82-6500 FAX:0166-82-6500

メール:daisetsu@neos.gr.jp

その他のプログラムはこちらのブログをご覧ください!

また通常スノーシュープログラムはこちらから!

コメント

旭岳原生林スノーシュートレッキング

2012-01-29 16:16:52 | ネイチャーガイド・Soto times
今日の旭岳温泉街周囲の森は朝方に降っていた雪で動物達の足跡も消えてしまい
一段と静けさが増しているように感じられました。

そんな森の中に一番最初に自分達の足跡を付けて歩くのもまた楽しいものです。
今日は2名のお客様に参加していただきました。
次第に青空も見え始め、あまり寒さを感じることのない中の散策です。途中フカフ
カの雪の斜面を駆け降りたり、尻滑りを楽しみました。


今日のカモ沼、ワサビ沼では鴨が2羽程佇んでいる程度。
ワサビ沼ではカケスが何か獲物を狙っているようで、ジーッと水面を睨み続けていました。

帰りには旭岳もその姿を現わしてくれました。

この後スノーボードで一滑りしてくるとのことでしたので、ロープウェイ姿見駅から
迫力ある旭岳の姿を見ることができたのではないでしょうか。
ありがとうございました!

さて旭岳原生林スノーシュートレッキング残り1回となりました!
次回は2月4日(土)です。

チラシはコチラ↓


当日のお申込みもOKです!
旭岳温泉宿泊者以外の方でも興味のある方は是非お問い合わせください!

↓*お申し込み・お問い合わせ*↓
NPO法人ねおす「大雪山自然学校」

電話:0166-82-6500 FAX:0166-82-6500
担当 小沼 090-2819-9027(直接申込OKです)


NPO法人ねおす「大雪山自然学校」小沼
コメント

イエティくらぶ東川校~森つく1月~

2012-01-28 18:34:12 | 子どものための自然学校

1月28日に森つくが行われました。

今回のテーマは「冬芽図鑑を作ろう!もりの写真術」

午前中は雪あそびと冬芽図鑑づくり

午後は写真を森の中で撮影してベストショットをプリントアウトしました!

詳しい活動の様子はこちらをご覧ください!

カツオこと高野克也

 

コメント

≪旭岳温泉スノーシュープログラム≫当日朝までお申込可能!

2012-01-26 18:09:55 | ネイチャーガイド・Soto times

   
 旭岳原生林スノーシュートレッキング
     
冬の造形美を撮りにいこう


旭岳温泉街のすぐ裏には静寂に包まれた原生自然が残っています。

普段は入ることのできない雪原をゆっくり散策し温泉が湧く冬でも
凍らない沼を目指します。

雪の結晶・フロストフラワーなどの冬の造形美を写真に収めましょう。



【2012年1月29日(日)・2012年2月4日(土)】 9:00~11:00

【参加料金】お一人様1,500円(保険代込み)     
        レンタル:スノーシュー500yen
     
    <スケジュール>
8:30 各ホテルへお出迎え
9:00 ビジターセンターで準備後出発
10:00休憩
10:15休憩地出発
11:00終了後各ホテルへお送り

※悪天候の場合、プログラムを変更する可能性があります。ご了承ください。

チラシはコチラ↓


↓*お申し込み・お問い合わせ*↓
NPO法人ねおす「大雪山自然学校」

電話:0166-82-6500 FAX:0166-82-6500
担当 小沼 090-2819-9027(直接申込OKです)
コメント

第3回 湯けむり温泉大学

2012-01-25 17:50:14 | その他の事業
本日第3回目「湯けむり温泉大学」が実施されました。今日の会場は旭岳温泉「湧駒荘」さんです。
寒い朝でしたが、晴れており気持ちのいい中の出発となりました。

会場までの道中では、自然講座「大雪山と北海道のなりたち」が行われました。
北海道そして身近な大雪山の誕生の過程を画像をみながら知ることができました。


旭岳温泉街も天気は晴れ、ただ残念ながら旭岳の姿を見ることはできませんでした。

到着後、湧駒荘の5階ギャラリーに移動し、前回に引続き「インド中央政府公認ヨーガ教師/ヨーガ療法士」
大森幸運氏による「脳血管障害に対するヨーガ療法」を行いました。

ヨーガはその効果をすぐに体で感じることができ、参加者方々も前回同様真剣に講師の話に聞き入っていました。

ヨーガの後は昼食です。

梅干しの入った湯豆腐や、白いコーヒープリンなど大変おいしくいただきました!

昼食後は温泉講座、そして体重・体脂肪・血圧測定です。


測定後は待ちに待った温泉です。今日は日本でも珍しい泉質「正苦味泉」の湯を楽しむことができる「神々の湯」
です。ちょうどいい湯温でみなさんゆっくりと入られていました。お風呂から上がったあとはおしゃべりしたり、
お昼寝したりなどゆっくりとした時間を過ごしました。

最後に東川町役場の保健師さんによる「健康講座・眠りのあれこれ」


今回は天候にも恵まれた温泉大学、充実した1日を過ごしていただけたのではないでしょうか。
 
次回は2月16日(木)「グランドホテル大雪」です。
では皆さんまたお会いできるのを楽しみにしております!

NPO法人ねおす「大雪山自然学校」 小沼
コメント

たかす雪ん子隊報告

2012-01-23 09:15:35 | その他の事業

1月21日土曜日に

鷹栖町にある柏の里デイセンターと鷹栖町教育委員会共催による

「第5回たかす雪ん子隊」のアクティビティー講師に行って参りました。

 

当日はかなりの冷え込みでしたが、雪は降っていなくグッドコンディション!

総勢100人を超える参加者のみなさんとまずは室内運動会からスタート。

チーム対抗でボールまわしやフラフープリレー、じゃんけんすごろくで得点を競います。

室内競技が終わったらいよいよ外へ!

雪積み競争にホース探し競争、ストッキングボール。

雪に脚を取られながら白熱した戦いが行われました。

お昼は16mものなが~い太巻きをみんなで作り、おでんであったまりました。

室内に戻っておでんの食材当てクイズ!

意外に正解率が高くてびっくり!

最後はもう一度外に出て雪合戦と綱引きで盛り上がりました。

この事業は柏の里デイセンターの利用者さんと小学生、中学生、大学生ボランティア、

地域の方とたくさんの方が関わっています。

今回もみなさんの笑顔がはじける素敵な時間でした。

スタッフの方々ご苦労様です、また来年も楽しみましょう。

 

大雪山自然学校 カツオこと高野克也

 

 

 

 

コメント

冬山の安全セミナー「入門編」が開催されました。

2012-01-22 18:44:22 | 大雪山国立公園:旭岳・天人峡情報

今日、旭岳ロープウェイ山麓駅レストラン「アルペンフローラ」において、冬山の安全セミナー「入門編」が開催されました。

初めての試みで、どれくらいの参加者が来てくれるのか心配していましたが、写真のとおり。

午前の部はほぼ満員御礼の状態でした。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

講師をしていただいた山本氏。笑いも交えますが他ならぬ「安全」への話。

重要なところは時に真剣な口調で講義していただきました。

 

入門編とはいえ、参加していただいた皆様それぞれ安全への意識が高まっていたように思えます。

 

来週の30日と31日には、1日のプログラム「初級編」が行われます。

午前中はスライドを使った解説、午後はビーコンを使った捜索練習をじっくり行う予定で、ぐっと内容も濃くなります。

 

まだ両日とも空きがありますので、興味のある方はこの機会に是非お問い合わせ下さい。

 

旭岳 冬山の安全セミナー “初級編

 

2012年1月30日(月)・31日(火)(どちらか1日) 9:00~16:00 

会場:旭岳ロープウェイ山麓駅 レストラン「アルペンフローラ」

参加費:1500円(保険・資料代込) ビーコン・スノーシューレンタル各500円

申込み:NPO法人ねおす ☎0166-82-6500 

 

コメント

明日、冬山の安全セミナー入門編開催!

2012-01-21 19:08:10 | 大雪山国立公園:旭岳・天人峡情報

さて、何度かこのブログでご紹介している安全セミナーのお知らせです。

明日はいよいよ「入門編」が開催されます。入門編はなんと無料です!

雪崩のリスクへの基礎知識や、冬山の安全装備の話を中心に、スライドなどを使ってプロフェッショナルの講師が説明します!。

 

「冬山に興味はあるけど、難しい話はちょっと・・・。」という方や、

「道具なんかは知っているけど、実際詳しくは良く分からない」という方はこの機会にぜひ!

 

時間は9時からと、13時からの2回。

同じ内容を2回行いますので、たとえば、

「朝滑って、ちょっと話を聴いて、温泉に入って帰ろうか・・・」

というのもいいかも。

 

申込不要ですので、お時間に直接会場へお越しください。

会場:旭岳ロープウェイ山麓駅、レストランアルペンフローラ

コメント

旭岳 冬山安全セミナー《初級編》がライナーに掲載されました!

2012-01-18 10:30:35 | メディア掲載記事

旭川・道北エリアのフリーペーパー『ライナー』に、

「旭岳 冬山安全セミナー(初級編)」が掲載されました

 

切り抜き記事はコチラ↓↓↓

ライナーウェブでもご確認できます)

 

山岳スキーヤーやスノーボーダーの皆さん

冬山の危険や雪崩の対策を受講して、より安全で楽しい冬山を満喫しましょう~^^

 

 

参加者まだまだ募集中です

お気軽にお申し込み・お問い合わせください

 

<お問い合わせ・お申込み:NPO法人ねおす「大雪山自然学校」>

 0166-82-6500/FAX 0166-82-6500

メール daisetsu@neos.gr.jp

 

コメント