ベック式!大学受験暗記法ブログ TOP

質の高い暗記法、芸術的なゴロ合わせ、感動の記憶法をあなたに!抜群に効果的な実例満載!

1876年 〈ミドハト憲法の制定〉★

2015-02-24 | 『新世界史頻出年代暗記』

◆アブデュル=ハミト2

 ●トルコ(オスマン朝)

The first constitution of the Ottoman Empire is written by Midhat Pasha, during the reign of Sultan Abdülhamid II.

(いや)な無意味な アジア初。

1876年       ミドハト憲法 アブデュル=ハミト2

 

アブデュル=ハミト2世が即位した当時、オスマン帝国はバルカン半島での諸反乱を巡りロシアとの関係が悪化しつつあった。その上、クリミア戦争の際の借款が返済不能となったオスマン=トルコは国家財政が破綻

この危機を救うため、さらなる近代化の意志を内外に示す必要に迫られた。

こうして憲法を制定することとなり、1876年には宰相ミドハト=パシャが起草したアジア初の本格的憲法であるオスマン帝国憲法(ミドハト憲法)が発布され、翌1877年には議会が開催された。

しかし、アブデュル=ハミト2世が加筆を望み、ミドハトも憲法公布を急ぐあまり呑んだ君主大権条項「皇帝は国家にとっての危険人物を追放できる」が彼自身の首を絞めることとなった。

すなわち、憲法制定を巡る経過においてミドハト・パシャが国内の改革派や外国からの支持を集めて政治家としての地歩を固めたことに反感をもった反対派の政治家たちが専制復活を望むアブデュルハミト2世と結託して巻き返しをはかり、ミドハト・パシャは憲法に定められた危険人物と断定され、大宰相を解任されて国外退去を命ぜられた。

アブデュル=ハミト2は同年起こった露土戦争を口実に議会の解散と憲法の停止を命じ、専制政治を復活させた。

▼ミドハト=パシャ

【ベック式!魔法の世界史実況中継(古代史編)】

【ベック式!魔法の世界史実況中継(中世史編)】

【ベック式!魔法の世界史実況中継(近代史編)】

 

【ベック式!魔法の世界史実況中継(現代史編)】

 

 

受験 ブログランキングへ

 


日本史 ブログランキングへ

 

 

世界史 ブログランキングへ


 

 


コメント   この記事についてブログを書く
«  前31年 〈アクティウムの海... | トップ |  前91年 〈同盟市戦争~前88... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

『新世界史頻出年代暗記』」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事