赤門記者のメタボな日々

笑いの街・大阪で、笑えることも笑えないことも追いかける因果な商売。明日は笑っていたいなあ…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いろんなオーラ

2008-11-30 14:05:53 | Weblog
 昨日は大阪・梅田芸術劇場で行われました、
モーニング娘。さんのコンサートにお邪魔しました。
先日、亀井さんと久住さんのインタビューをさせて頂いた際に、
ご招待頂いておりました関係で、
記事にはなっていないのですが、拝見させてもらうという形でした。

 私は2階席正面一番前あたりで見させて頂いたのですが、
とりあえず、揺れる揺れる。
「ジャンプ禁止」というアナウンスに従い、
ほとんどの方はジャンプをしていなかったように見えたのですが、
それでも揺れに揺れました。
最初は「大丈夫かいな」と思っていたのですが、
2時間も経つと知らないうちに慣れてしまうもんですね。

 この日オープニングアクトを務めたのは、
インディーズで活動中の真野恵里菜さん。
実は目的の半分は、彼女を見に行くことでした。
事務所の方に「ぜひ1度、見てみて下さい」と強く推されておりまして、
今回、初めて拝見したのですが、
やはりだいぶ緊張していたのでしょうか、
「モーニング娘。」や「Berryz工房」といった、ある意味“こなれた”方々と比べると、
どうしても硬さが目につきました。
とはいえ、最初から1人であれだけ目を引く存在は、
今までのハロプロにはなかったのでしょう。
アイドルとしてのオーラは、十分に感じられました。

終演後は、事務所の方に直接彼女に引き合わせて頂いたのですが、
印象としては「まあ!かわいい」。
もう一つ伝わり難いかもしれませんが、
親戚の子を久々に見たおばさんの反応というか、
街で突然子猫を見つけた時の反応というか…。
もともと事務所の方に
「今時では珍しいイメージ」、「お花畑でドレスを着て微笑んでいる感じ」
などと伺ってはいたのですが、
確かにそんな感じですね。
さすがに今回は写真を撮るわけにもいかなかったので掲載できませんが、
舞台上とはまた違ったオーラが出ていました。

 奇しくも、この日歌った歌は2ndシングル「ラッキーオーラ」。
歌の印象自体は、その後にたっぷり展開された「モーニング娘。」の
パワフルなステージに押されて、それほど強く残ってはいないのですが、
放っていた色々なオーラは、確かに感じられました。
来年はメジャーデビューも見据え、
事務所的にもイチ推しの存在になりそうな予感。
とりあえず、来年のしかるべき時期に、
本紙「なにわShow劇場」にも登場して頂く予定であります。

 まあ、私がそのときまで今の部署にいれば、の話ですけれども…。

 
コメント   この記事についてブログを書く
« ようこそ神戸へ | トップ | そらそうよ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事