「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り 

元デイリースポーツ記者の日記だよ。

堂ノ浦のキス《1491》

2012-05-21 00:00:03 | 取材関係や釣行ネタ
んで、アッシは大会のお邪魔にならないやうに、試合の合間に1人でカセ船に。

もちろん、キスの試し釣り(?)だわ。あひゃひゃ。

チヌもそうですたけれど、この日は水温低下で、渋いのなんの。朝イチから7時半くらいまでが、まずまずの潮だったやうで、1時間で10匹オーバー。

しか~し、そのご4時間近くは、口を使わないのか?アタリ激減。遠投してから、道糸がナナメにゴンゴン流されても、とにかく、しつこくオモリをトントコして誘うと、やっとこさ、アタリが出るような…。それも、合わせても、なかなか針に乗らず、エサの端っこだけちぎられる感じの、浅い食い。



小型は5匹ほどリリースして20匹をキープしますた。最長は22センチ。平均18センチすかねぇ。

昨年までなら25~27センチの大型が交じるのが、ここのノッコミキスの特徴なんすけれど、今年は型に不満少々。とはいえ、プックラ太って、脂がノリノリでおますたわ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 堂ノ浦「斎藤渡船」さんの全... | トップ | やっぱりキスが好き《1492》 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿