「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り 

元デイリースポーツ記者の日記だよ。

うれしい再会!《1696》

2013-06-30 16:31:29 | その他もろもろ
ついこの間、東京在住の方を主力に、新潟の中学時代のミニ同窓会を東京でやりますた。

15人が集まった中で、47~48年ぶりに再会した数人のうち、なんと、オイラと同じ釣り関係の男性がおって、もうビックリ。

リョービ販売株式会社の石本俊一さん。一度も同じクラスにはなっていないはずですけど、名前も顔も、よっく覚えておりまふ。

いまは、残念ながら、リョービは釣り関係から撤退してまするけんど、かつて、会社として、映画「釣りバカ日誌」にも10数年間かかわり、そうした担当として、当時20年くらいも石本さんは釣りの分野で活躍されていたそう。

なかでも、チヌの「落とし込み」を、世の中に普及させた中心人物とか。オイラの知っている本紙指定店の船長や、その女将さんなんかも、知っていますたわ。

そうゆふ人が、同じ新潟の寄居中学校の同窓にいた!なんて感激っすよねぇ。

んで、東京の吉祥寺で別れるとき、2日後に神戸出張と聞いて、またまた驚き。

何か、ご縁を感じてしまいますた。



神戸駅そばのカラオケ居酒屋で唄う石本さんす。もちろん、ご本人の了解をいただいて掲載しとります。お歌が上手なんでおまふ。しかも、わたくしめと似たような好みの曲で…。

さら~に!この、アッシのなじみのカラオケ店の名前も、な、なんとぉ!まったくの偶然に「しゅん」。石本シュンちゃんのシュンだなんて…できすぎっすわ。

また、おいでなさいよね。




コメント   この記事についてブログを書く
« 明石ダコとアサリのトマトス... | トップ | JR神戸駅北西側…ほうびや「... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿