おもちゃの海 洗濯ものの山

中学生から幼児まで、4人の子育て真っ最中のある母親の何気ないつぶやき(でも、誰かに聞いて欲しい)…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中学生の大地

2008年05月09日 10時41分23秒 | 子育て
長男が、この春中学生になりました。

12年前に初めて抱いた私の赤ちゃん。
母乳育児がうまくいかなくて、この世の終わりのように、くよくよと悩んでばかりいたのに、そんな彼が中学生になったかと思うと、単純に「すごいなぁ…」と感動です。

彼の進学については、いろいろ思うところがあり、実に中途半端な公立中高一貫校の受験(それも一校のみ)なども、やってみたりしたのでした。結果は不合格。思いつきで受験したものの、塾などには一切行かせてなかったしなぁ。当たり前と言えば、当たり前か。定員120人のところへ480人も受けに来れば、当然狭き門ですね。はい。
5人単位の集団面接では、「将来リーダーシップを発揮するのに、必要な要素は何か?」なんて質問も出たそうなので、頭の中が真っ白になったという彼の素直な感想に、「へぇー!本当!?」と頷くしかありませんでした。

実は、私の兄と弟は中学から全寮制の男子校に行かされていたので、思春期の男子が家の中にいるという環境が想像できなくて、わが子・大地が一緒に生活しながら中学生活を送ると言うことに、恐怖さえ感じていたのでした。まだ、子ども子どもした彼が、だんだん声変わりしてヒゲなど生えてきて、大人になっていくさまを、間近で見る恐怖。それなら、むしろ距離を置いて、彼の成長を見まもりたい…などと親としては失格みたいな考えを持っていました。

むろん、夫は大反対。
幼い頃より転勤族の家庭に育ち、何度も転校してきた彼には、地域志向が人一倍強いようです。それでも、私の企みにまんまとひっかかった大地が、「寮生活をして弱い自分を鍛えたい」などと言い出すと、仕方なく協力(受験の付添)してくれたワケです。

結果、見事に落ち、「大地くんは受験するらしい」のウワサが広がってしまった後に、地元の公立校に進んだ大地の心境を推し量ると、可哀想なコトをしたかなぁとも反省しています。ただ、「選ばれなかった自分」を知ることも大切な体験になったと思います。私自身、高校受験で失敗したことがあり、そう言う意味でも、挫折もまた、その後の人生の貴重なキーワードになったからです。

私の心配をよそに、大地は元気に地元の中学校に通っています。
2㎞以上のアップダウンの激しい道のりを、ふうふう言いながら歩いて通学しています。小学生までは薄着を推奨していたクセに、中学に入った途端、人間蒸し風呂かサウナスーツのような学生服を毎日着て行かなくてはならない疑問と闘いながら。

塾には、相変わらず通っていません。本人が「行きたい」と言うまでは、無理に通わせるつもりもありません(と言うより経済的に余裕がない)。「勉強ばかりが人生ではない」と言いつつ、やはり学歴社会の現代。親としては、判断が難しいところです。私のできることは、子ども時代に、たくさんの体験をさせてやることだと思っています。家族でキャンプに行くこと、家の手伝いをなるべくさせること、「少し黙りなさいっ」と叱るくらい食事中にしゃべりまくること。一緒に笑うこと。テレビのクイズ番組で正解を出す早さを競い合うこと。などなど。(チープだなぁ)

牛乳を飲むと白く目立ってきたヒゲのような産毛。剃るべきか放置しておくべきか悩みつつ、まだまだ声変わりだけはしない大地の様子に、安心しながら見守っています。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« やられたっ!! 卒業式 | トップ | 久しぶりに当たったよ♪ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も… (善mama)
2008-05-26 23:07:46
このブログを読んで旦那に『善も戒も男になるんよね…』と(x_x;)
旦那はもちろん???

私には二人の弟がいて、思春期の変化はみてきたんで、ヒゲや声変わりはなんもないんですが…。ひとりの男性になるのが恐怖?掃除してエロ本発見したら…立ち直れません(笑)


(笑)と書きながら本気な私です(つд`)

コメントを投稿

子育て」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事