おもちゃの海 洗濯ものの山

中学生から幼児まで、4人の子育て真っ最中のある母親の何気ないつぶやき(でも、誰かに聞いて欲しい)…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子どもオセロ大会

2007年05月06日 11時35分29秒 | 子育て
4月はムチャクチャ忙しい月でした。
更新しなくちゃ、しなくちゃと焦りつつ、日々は走馬燈?のように流れ、気がつけば今日はGWの最終日。
本当に、記憶がぶっ飛ぶくらい忙しかったのですが、薄れていく記憶をたどりながら、少しずつ近況報告しようと思います。
まずは、4/22(日)の子どもオセロ大会の話から。

小1の息子さんが大のオセロ好きで、よく福岡市内の大会に連れて行くというTさん。彼女が「飯塚でも子どもオセロ大会が出来ませんか?」と言われたことから、「面白そう!よし、やってみよう!」という軽いノリで、企画が得意なHさん、チラシ作りが大好き?な私が、「子どもオセロ大会実行委員会」なるものを立ち上げたのが、昨年末のこと。
4月だし、まだまだ先の話と思って余裕をかましていたら、いつものように土壇場になって準備開始。もともと、市の生涯学習課の職員さんや子育て支援グループ「にじ」や筑豊子育てネットワーク「かてて!」など巻き込んでの企画・運営だったので、とても気が楽で、予想通りというか予想以上に皆さん協力的にしっかり働いてくれて、とても助かりました。
日本オセロ連盟という団体があります。ボランティアで指導員がオセロ盤を持参して無料で貸し出し、試合の審判までしてくれるそうです。今回、顔見知りのTさんがオセロ連盟の連絡係を担当してくれたので、大会進行のアドバイスをいろいろともらえました。
参加費無料ということで、資金ゼロからの出発でしたが、子育てサポートネットワークから協賛金1万円をいただけたので、それでチラシ印刷(公民館を利用)や賞状作成、講師旅費などに充てました。参加賞や上位入賞者用の賞品は、知り合いのお店や会社に声をかけて、集めることが出来ました。(こんな真似は初めてで自分でも驚いている)
書道用品の玉翠堂さんからお習字の筆16本、「からすのほんや」さんから某有名絵本作家の原画をパネル装丁したものと絵本一冊、エアクラフト社さんからキッズ・エアプレーン模型3機、麻生開発からボーリング・アイススケートの無料券やハンバーガーショップのフリードリンク券など合計90枚、飯塚シネマセントラルさんから子ども向けアニメ映画のオマケなど多数、そして筑豊ジャーナル社のTさん(独身男性)からUFOキャッチャーでゲットしたラジコンや大型ぬいぐるみなどたくさん戴きました。皆さん、子どものイベントと言うことで快く賞品を提供してくれました。
とても、嬉しかったです。
いつもいつも、あちこち首を突っ込んでいますが、こんな時は反対に声をかけやすいんだなぁと、つくづく思いました。学生時代、学祭のパンフの広告取りを命じられ、飛び込み営業的な真似をした時は、とてもお腹が痛くなったのですが、今回は気持ち的にもすごく楽でした。

最初は、30人くらい集まればいいねと話していたこの「子どもオセロ大会」。
気がつけば、70人を越えていました。(3人の実行委員で手分けして受けつけていたので集計したら、とんでもないことになっていた!!)そこで、急きょ「飛び込み参加も歓迎」「〆切・定員なし」にしていましたが、80人で締め切ることにしました。当日、協力してくれる日本オセロ連盟福岡支部の方も、準備できるオセロ盤は32盤くらいとのこと(80人もの大会は初めてだったらしい)。そこで、80人を5人単位の16チームに分けて、まずは、1チーム2つの盤でそれぞれ総当たり戦で戦っもらい、その中の1位から5位の子どもたちを更にグループに分け、各順位のグループでトーナメント戦をすることにしました。疲れて帰りたくなった子どもは、途中で抜けて帰っても良いよと伝えました。やはり、低学年のお子さんは集中力が欠けたり、イヤになるみたいで、負けが続くと帰りたがったりしていたようです。
この企画を最初に持ちかけたTさんが、開会式で「ゲームは勝つばかりではなく、負けてイヤな想いをすることがあるかも知れませんが、ままならない思いもたくさん体験してほしい」と言ったことが、ふと思い出されました。たかが「オセロ大会」されど「オセロ大会」です。べつに、メディアに対抗するボードゲームの重要性を謳いたかったわけではなく、面白そうだからと思いつきで企画した「子どもオセロ大会」でしたが、実際に開催してみると、いろんな気づきがありました。(毎回、出たとこ勝負)

結局、終了予定の4時を大幅に過ぎて5時前の終了になりましたが、その間、だらけて走り回る子どもたちの気持を、生涯学習課のM係長がレクレーションゲームでパッと惹きつけてくれたりして、まるで魔法を見ているようでした。
「静かにしなさいっ!」
「走り回らないでっ!」

と怒鳴り散らす光景に慣れていた私は、今回のようにゲームで、子どもたちを静かにさせる手際の良さに感動してしまいました。

実行委員は、母親3人でしたが、心強いサポーターのおかげで、事故もなく、みな心ゆくまでオセロゲームが出来たことは、とても素敵なことでした。また、帰りがけに、ある父親から「今日は、本当に楽しかったです。この日のために、子どもたちと毎晩、食後にオセロをしてきたんですよ」と笑顔で言われた時、とてもとても感動してしまいました。自分たちが思いつきで企画したイベントのために、見知らぬ家族が毎晩オセロをしていたなんて、とても素敵な話に思えたからです。「ぜひ、次回も参加させて下さい」のひと言がなければ、素直に喜べたことでしょう。

あぁ、やっと爆睡できると安心しながら、ハンドルを握り帰る途中、大地(小6)がもらしたひと言。
「大地は、来年、中学生やき、子どもオセロ大会には出られんねぇ。また、したいなぁ…」

うーん、聞かなかったことにしよう。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« おそろしい… | トップ | やっと、届いた! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごいですね! (なつ)
2007-05-06 19:43:19
さすが福さん、その実行力には頭が下がります
やっぱり人脈って大切ですね~。
一人ではどうにもならないことも、みんなの力でできてします
今度は自分にも声をかけてもらえれば、ブログで紹介や何か商品くらいは送りますからね
お疲れ様でした!!!
すごいっっ!! (善mama)
2007-05-07 09:26:57
そんなに集まったんですねー!さきさんの人脈にも、子供の参加人数にもびっくりです☆私は旦那とよく、オセロしてました。今は?しませんよ!携帯を使って、チャットしながらオセロなんてのも、暇つぶしによくします。なんか、テレビゲームばかりな感じがしていたのに、すごく嬉しくなりました。ぜひ、うちの子供にもオセロをさせよう!何年後になるかはわからないけど(´Д`)とりあえず、旦那の実家から、旦那のオセロボードを持って帰ってきまーす。

お疲れ様でした。 (ひなママ)
2007-05-08 00:07:42
 運よく勝ち進んで、有り難く頂いた某有名絵本作家の原画・・私たち親子は、田川市立美術館(講師 某有名絵本作家)のワークショップに参加していたので、その時のものだと後で気づきました。今、リビングに飾っています。
 実は、私もオセロ大会での「負けることも大事」という言葉が心に残りました。帰り道、車中で娘に感想を聞くと、「男の子に負けたことが悔しかった。」と。負けたり失敗したりを繰り返しながら、これからも、一歩一歩成長して欲しいと思いました。
おかげさまで、色々な意味で??収穫の多い一日となりました。
(・・・あ、そうそう、突然なんですが、みなぎちゃんのキティーのエプロン、次の木曜日に持って行きます。最近、ひなの引き出しから出てきて、ビックリたまげてしまいました。一瞬記憶喪失になったようで・・・・)
ありがとうございます (管理人・福)
2007-05-08 11:26:56
■なつさん
お仕事お忙しいのに、気を遣わせてスミマセンσ なつさんの校区には、チラシを配布しなかったのですが2名ほど参加してくれました♪嬉しかったです。毎日、お忙しいでしょうが、がんばって下さいね(^^)/

■善mamaさま
体調はどうですか?
オセロは、子どもの時は兄弟とよくやっていたけれど、大人になると面倒臭くなってしまって、あんまり子どもの相手もしてません(ヒドイ親!!)。善くんが「オセロをしよう♪」と言い出す日が楽しみですね。はまってしまうと、今度は親が大変だったりして(笑)

当日は、キャンセル待ち覚悟で会場に来られる方もいて、無理に知り合いの幼稚園児に出場を断念してもらうなど、極悪非道な真似をしてしまいました(ゴメンね!!)。小雨の降る中、ほとんどキャンセルも出ずに、時間前に来場した参加者の方々は優秀でした。この場でお礼を申し上げますm(_ _)m

■ひなママさん(“怪獣”が抜けたね)
リビングに飾るなんて素敵ですね。ずっと「(作者の)サインが無いのがどうも…」と言われていたので、気になっていました。良かったです。
トーナメント戦の途中で、Nちゃんが、涙を流しながらグシャグシャの顔で結果を伝えに来た時のこと。「負けたのか?」と思って尋ねたら、「勝ちました」と、きっぱり言われ、「うーん、読めない子だ」と思いました。何かゲームの途中で口惜しい思いをしたんでしょうね。でも勝ち残って良かったです。“からすのほんや”さんも、「ひなママさんちが、絵をゲットしましたよ」と報告すると喜んでいましたよ(*^_^*)
エプロンの件、了解です。毎回、伝言的な書き込みありがとうございます。クスッと笑ってます。

コメントを投稿

子育て」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事