学問空間

【お知らせ】teacup掲示板の閉鎖に伴い、リンク切れが大量に生じていますが、順次修正中です。

武笠三(むかさ・さん)

2014-05-14 | 石母田正の父とその周辺
投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2014年 5月14日(水)09時04分22秒

有朋堂文庫版「宇津保物語」の校訂者は「たけ・りゅうぞう」かと思ったら、「むかさ・さん」だそうですね。
「発祥の地コレクション」というブログによれば、この人は文部省唱歌「案山子」の作詞者で、さいたま市の「見沼氷川公園」にある詩碑には、

--------
 明治四年 当地にある氷川女体神社の神官を代々勤めていた武笠家の長男として 三室村(現浦和市宮本)に生れた。東京帝国大学卒業後 旧制四高, 埼玉県第一中学(現浦和高) 旧制七高で教鞭をとる。明治四十一年文部省によばれ, 十七年間にわたり国定教科書の編さんにたずさわった。「案山子」は第二学年用として作詞された。昭和四年没。
--------

と記されているそうです。
旧制高校も七番目くらいになると、それどこだっけ、という感じになりますが、旧制七高は鹿児島でしたね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E5%88%B6%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

それにしても丁寧に「さん」付けで読んだら呼び捨てになる訳ですから、ずいぶん紛らわしい、ハタ迷惑な名前ですね。


唱歌「案山子」発祥の地
http://hamadayori.com/hass-col/music/Kakasi.htm

>筆綾丸さん
最高裁調査官の期間が僅か1年というのは奇妙な感じがしたのですが、なるほど、そういう事情でしたか。
歴史学者で言えば石母田正氏や永原慶二氏クラスの知性が芋のようにゴロゴロ転がっている世界ですから、競争の重圧に耐えられない人も多いのでしょうね。
私も仕事で知り合った弁護士さんにアメリカ留学後、最高裁調査官・高等裁判所判事を経て40台の若さで退官した方がいたのですが、その人は書類を読むスピードが半端ではありませんでした。
私が訴訟の基礎資料を何日もかけて作成して送ったら、即日、こんなものではとても裁判所に出せません、と言わんばかりに徹底的に添削されて送り返されたことがありますが、直ったものは殆ど芸術品でしたね。

※筆綾丸さんの下記投稿へのレスです。
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/7360
コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 有朋堂文庫「宇津保物語」 | トップ | 詩人国文学者と詩人歴史学者 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

石母田正の父とその周辺」カテゴリの最新記事