弁護士ふくふくの今日が出発点

難病がきっかけで始めましたが、今は、出会いを求めて書いてます。足跡歓迎です。但し、ハンドルネームでお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

入院体験談(⑦大学病院への転院と大量下血)

2009-01-31 23:01:13 | 入院体験談

 2007年11月15日の入院後、ピークの11月18日と19日には、48時間の間に合計40回くらい、つまり夜間も含め1、2時間に1回の割合で、見当で20CCから50CC多いときで100CCくらいの量の、ほぼ鮮血に近い下血がありました。その後も、毎日5、6回程度の下血(鮮血)が続きました。鮮血の下血は初めてで、痛みは強くないのですが、恐怖心が強くなります。

 11月24日頃から、下血中の赤色の割合が少し減り、良くなりかけたのかと思いましたが、28日から、再び鮮血に近い状態になり回数も1日6、7回と少し増え、改善の見通しも不明でした。更に悪化した場合の緊急外科手術のことを考え、2007年12月5日、大学の医学部付属病院に転院しました。 

この大学病院に転院したころは、体力も気力も衰弱し、体重も47キロまで減りました。身長が162センチと低いのですが、2007年の第一回目の入院前は70キロあり(メタボ境界線)、今回の11月の入院時は58キロでしたので、1年間で20キロ以上も痩せました。肉が少なくなって、寝ても、座っても、床に触れるお尻や背中の骨がごつごつと痛く感じる毎日でした。痛いのでベッドに小物でも落ちているのかと思って探してみると何もなく自分の骨とベッドに薄い肉がはさまれているだけということが何度もありました。

 転院後は、ステロイド投薬とエルキャップ療法を行い、血液検査結果では順調に軽快していきました。しかし、出血は、1日4、5回と続き、中身が鮮血であったり、少し茶色になったり、途中、サイトメガロウイルスに感染したり等の経過があり、まさに一喜一憂の毎日でした。

 12月25日の深夜から、下血が悪化し、午前1時、4時、5時半と鮮血の下血があり、その直後冒頭のトイレでの失神に到りました。この数時間の合計下血量は目算で600から700CCくらいになったのではないかと思います。

(次号に続く) 

コメント

気持ちの整理

2009-01-21 15:54:27 | 日記
大腸摘出手術から2ヶ月が過ぎた。退院からは1ヶ月。今年は、これからストマクローズに向けて、第2期手術、第3期手術、その前の痔ろうの手術と、まだまだ。 今も、手指や肩、首等の関節、骨、筋肉の痛みがあるが、諸悪の根源だった大腸がなくなったために、発熱や腹部の痛みはないので、寝込むようなことはなくなった。お尻は痔ろうが手術しない限り直らないので、手術前に悪くなったら大変。 入院と自宅療養で、休業がちょうど半年間になった。少し動けるようになって、仕事が気になるようになりました。 でも中途半端に仕事を開始しても、結局無理して悪くなり余計回りに迷惑をかけるといけないし……。 それより何より、最低限度の気力と体力がないと、やっていけないし、そこまで回復している自信がないし…… それに、あと、2期手術、3期手術、その前の痔ろうの手術があると思うと、正直なかなか気持ちが仕事に集中できないし…… でも、できれば経済的には少しでも早く復帰したいし…… この間、入院、手術、自宅にいても痛みや体調不良と、苦労の連続なのだから、今は自分に鞭打って頑張る必要はないと思うことにしよう。 もう少し、回復し、また手術等もすすめば、体の奥から自然とエネルギーが湧いてくるような気がする。 今はせっかく時間があるから、忙しくなったらできない気持ちの整理をしよう。毎日少しずつでも。
コメント

今が出発点

2009-01-01 22:48:42 | 日記
新年の幕開けです。毎年のことですが、新年は、空気も新鮮に感じ、気持ちも新鮮になります。 後悔することはいろいろあります。しかし、「今が出発点」という気持ちになりきれると、気持ちが解放され、自由になります。 これまでも、「今が出発点」を繰り返してきましたが、これからも、大変なことがあっても、いつでもリセットして、スタート台に立って頑張ろうと思います。 何年か後の目標を追い求めながらも、一日一日を大事にして、満足と感謝の気持ちを積み重ねたいです。 自分の人生は大局的にはいい方向へと進んでいき、今より未来のほうが必ず良くなっていることを確信しています。もし、この確信がないと、人生はつまらないものになるので、これからもずっと信じ続けます。
コメント (2)