goo

006:サイン

「006:サイン」の歌は、こちらにトラックバックしてください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 305 )
« 007:決 005:乗 »
 
006:サイン(題詠blog2010) (1年で1000首をつくる)
それぞれの名前でサインインしてるタブを次々開きゆく夜
 
 
 
006:サイン(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
...(てんてんてん)がトラックバック先につく ヤフーブログを使ったサイン...
 
 
 
006:サイン(晴流奏) (晴流奏の題詠blog)
気まぐれな君のサインを見逃して気付かぬ振りの恋の駆け引き
 
 
 
006:サイン(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2010)
よく似てはいるけど僕がサインしたものではないから泊められません
 
 
 
006:サイン(じゅじゅ。) (Sama-sama♪ ~題詠blog2010~)
人生のサイン・コサイン・タンジェント学んでいます夜空の星に
 
 
 
006:サイン(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
サインカーブとコサインカーブに挟まれたヒヨコのような空間のこと
 
 
 
006:サイン(ひじり純子) (純情短歌)
何気なくサイン送ってくる人よ 今日の体調ちょっと悪いね?
 
 
 
006:サイン (シホ) (ころろん堂)
JUGEMテーマ:短歌駅前の ネオンサインに 目が眩む まるで不夜城 都会の夜は 
 
 
 
006:サイン(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
てのひらをなぞる爪痕痛む夜 それだけが僕のバイタルサイン
 
 
 
006:サイン アンタレス (思い出ずるままに)
 本整理著名著者のサインあり誰もいらぬと為書きありて
 
 
 
006:サイン(菅野さやか) (あの夏飛行機が落ちるまでずっと)
編み出したサインダンスの振り付けが自動再生される風紋
 
 
 
006 サイン (映子)ー再投稿ー (映子のブログ)
もうすぐネ アナタにビーム しちゃうから   チョコより甘い 私のサイン
 
 
 
006:サイン(あかり) (言葉の花かご)
わかってる返事のないのがサインだね君に会えた寂しくはない
 
 
 
006:サイン(みずき) (空)
サインペン 雰囲気かもす君ゆゑになほ細くなる英字が見えぬ
 
 
 
006:サイン(中村あけ海) (庶務課中村が承りました)
サイン帳回されなかった中村がいま稟議書に押印します    
 
 
 
006:サイン(古屋賢一) (燦獣イチオン)
薄ければいよいよ大事な約束で破らないようにサインしている
 
 
 
007:サイン(飯田和馬) (短歌手控え~題詠blog用)
真っ白な紙が一枚ありまして、サインをすれば楽になるそうな。
 
 
 
006:サイン(黒崎立体) (はしる)
サインペンのインクはすぐになくなる(名前を書くかそれとも死ぬか)
 
 
 
006:サイン(水絵) (桜舞)
納経を異国の人に問わるれば 仏のネームサインと答え
 
 
 
006:サイン(間宮彩音) (ことばの調理場)
先生の読めないサイン受け取って卒業できる資格を得たり
 
 
 
006:サイン(zoe) (すりきれ)
宇宙ルートXYA368Xがボタ雪で大事なサインを見落としたET 
 
 
 
006:サイン(あずさ) (たをやめbrilliant~題詠blog2010参加中~)
参照記事:006:サイン 月島のもんじゃ焼き屋のたこわさび 壁のサインをじっくり読み込む
 
 
 
サイン(はじめ) (ポカポカ日記)
絵葉書に添えてある文字真っ先に内緒のことば二人のサイン
 
 
 
006:サイン(Ni-Cd) (反実仮想)
サインペンまみれの海に行く土曜 館林にはまだ行っていない
 
 
 
006:サイン(伊藤真也) (クラッシュボク)
人違いなのにちっとも否定せず書いた小山田圭吾のサイン
 
 
 
006:サイン(さと) (すばらしい日々)
あなたは唇でサインイン この身に刻まれた符号を識る夜
 
 
 
006:サイン(はこべ) (梅の咲くころから)
小さくも見落とさなかったそのサイン永久保存のボタンを押そう
 
 
 
006:サイン(  (花こみち)
朝日浴び無数のうぶ毛輝けば食べ頃サイン紀の川の桃
 
 
 
006:サイン(翔子) (花こみち)
朝日浴び無数のうぶ毛輝けば食べ頃サイン紀の川の桃
 
 
 
006:サイン(陸王) (Always Walking with Yu)
秘め事のサインを決めていないから言わなくていい繰り言ばかり
 
 
 
006:サイン(子帆) (ことばのくに)
うそつきとよばれる前に消しましょうさみしいさんの描いたサイン
 
 
 
006:サイン(海乃空色) (summersnow~題詠ブログ2010)
内緒で習い始めサックスをお願い聴いてサインザムード
 
 
 
006:サイン(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
サイン帳君の「走る」の一言に不安吹き飛ぶ卒業の朝
 
 
 
006:サイン (ペーパードリーム)
まほろばの古寺の柱の裏側に大工のサイン密やかに在る
 
 
 
006:サイン(コバライチ*キコ) (ペーパードリーム)
まほろばの古寺の柱の裏側に大工のサイン密やかに在る
 
 
 
006:サイン(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
一途なキャッチャーがストレートのサインばかり出して 打たれる
 
 
 
006:サイン(門哉彗遥) (酔っ短歌~Nambo no Monya?)
堕天使とサイン交わした政治家よコイズミブッシュチョチョンガチョンチョン
 
 
 
006:サイン(マメ) (言葉遊ばれ)
言われたい言葉を言わせようとするサインを尽(ことごと)く黙殺し
 
 
 
006:サイン(冥亭) (《冥亭倶楽部》a darkside on the earth)
数学が音楽の兄なればこそサイン・コサイン・タンジェリン夢魔
 
 
 
006:サイン(海音莉羽) (~鈴音~suzune)
交わりのあとに冷たき水を飲む君はアキクサインコの如し
 
 
 
006:サイン(木下一) (微熱の方程式)
参照記事:006:サイン 覚えなきゃ サインコサインタンジェント だいたひかるを愛しています
 
 
 
006:サイン(龍庵)  (ぶらつくらずべりい)
窓をうつ雨の雫が君からのサインに見えてカーテンをひく
 
 
 
006:サイン 綾瀬美沙緒 (みさをの短歌日記帳)
参照記事:006:サイン ドリカムの サインを真似て ブレーキを 踏んだりしてた 不器用な恋
 
 
 
006:サイン(天国ななお) (お月様は許さない)
目覚めたら夜だとわかる窓越しのネオンサインの薄いノイズで
 
 
 
006:サイン(邑井りるる) (山茶花街道)
夜のログ昼のリミット黄昏はただ眠るのみ 朝のコサイン
 
 
 
006:サイン (橙)
身の内の話はするなのサイン出す これ以上仲良くなってもね
 
 
 
006:サイン(チッピッピ) (うたよみブログ)
覚えてるサイン・コサイン・タンジェント何に使うか忘れているが
 
 
 
006:サイン(駒沢直) (題詠blog参加用。)
来世ではどんなサインでお互いを見つけ出そうか今朝は別れて
 
 
 
5、サイン (空音) (100の秘密)
もうだめの心のサインに気づいたら睫毛エクステで女度アップ
 
 
 
6、サイン (空音) (100の秘密)
もうだめの心のサインに気づいたら睫毛エクステで女度アップ
 
 
 
006:サイン(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
サイン漏れを指摘されたる窓口で慌ててボールペン探しおり
 
 
 
006:サイン (新井蜜) (暗黒星雲)
神の子のサインのやうに腹と背の赤き発疹一夜にて出づ
 
 
 
006:サイン(れい) (れいの三十一文字の気持ち)
触れた手があったかいよね午後三時、二歳の君はおねむのサイン
 
 
 
006:サイン(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
サインなら二年前からできている あとは作家になればいいだけ
 
 
 
006:サイン(船坂圭之介) (kei's anex room)
眉上げて見し冬の虹季節(とき)移るひとつのサインや光輪の消ゆ
 
 
 
006:サイン(Yosh) (☆生短歌☆)
「1+1=2」死のサイン 露人の文豪 かく語りきな
 
 
 
006:サイン(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
気の利いた言葉ひとつが浮かばずにあなたに送るブロックサイン
 
 
 
006:サイン(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
いつまでも忘れたような振りしてるサインコサインタンジェントとか
 
 
 
006:サイン(牛 隆佑) (消燈グレゴリー)
スクイズのサインを無視するバッターの怒りだ俺に足りないものは
 
 
 
006:サイン(鳥羽省三)  (臆病なビーズ刺繍)
森永のネオンサインに焦ぐる身を数寄屋の橋に冷ませしあの日
 
 
 
006:サイン(佐倉さき) (happily ever after)
まっすぐしか投げられなくなったのはサインがいつも直球だから
 
 
 
006:サイン(ミナカミモト)  (Mercurous virgin Blog)
サインペンの匂いが好きでつい鼻に突き刺したことのある人は挙手! はーい!
 
 
 
006:サイン (如月綾) (お気に召すまま)
空欄にサインするだけでいいから その他は全部埋めてあるから
 
 
 
006:サイン(こなつ) (結い真柄(ゆいまがら))
ICTL(アイシテル)ふたりのサイン特別な メールの最後に添える暗号
 
 
 
006:サイン(K) (空をみていた)
閉店した場末の飯屋一枚の芸能人のサインを残す
 
 
 
006:サイン(越冬こあら) (犬の居た部屋)
大写しサインを真似る悪巧みあの日と同じ太陽なのに
 
 
 
006:サイン(南野耕平) (ボクといっしょに走りま専科)
見逃したサインを確かめるように昨日の夢のつづきを探す
 
 
 
006:サイン(藻上旅人) (創作のおと)
好きでした賀状の隅のひとことで届かぬ過去のサインに気づく
 
 
 
006:サイン(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
イチローのサインボールを手にとって人生の岐路を思い巡らす
 
 
 
006:サイン  (通過列車)
ちらちらと柱時計を気にしてるキミに目配せ「またね」のサイン
 
 
 
006:サイン(砂乃)再投稿  (通過列車)
ちらちらと柱時計を気にしてるキミに目配せ「またね」のサイン
 
 
 
006:サイン (周凍) (混沌と言語)
うしかなし現世今日もさやうならネットの闇にサインインして
 
 
 
006:サイン(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
意図せざるサインをひとは出しつづけ読み解くひとの愛を待ちゐむ
 
 
 
006:サイン(原田 町) (カトレア日記)
小切手のサインの真似をくりかへすトム・リプレイの顔ぞ忘れぬ
 
 
 
006:サイン 行方祐美 (フーガのやうに)
サインなき手紙のやうな海のいろ肋骨の下がまた痛み出す
 
 
 
006:サイン(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
執行後独房の壁一篇の詩に添へられしサインの朱色
 
 
 
006:サイン(秋月あまね) (halcyon days)
うながされしたためるサイン要するに私はここで死んでもいいと
 
 
 
006:サイン(音波) (短歌のなぎさ)
いま空へウルトラサインを送ったらゾフィーは救ってくれるだろうか
 
 
 
006:サイン(梅田啓子) (今日のうた)
ノートにはサイン・コサイン・タンジェントそしてあなたのイニシャルK・I
 
 
 
006:サイン(青野ことり) (こ と り ご と )
春のサイン届け届けよ カワセミは魚を贈る凍てつく二月
 
 
 
006:サイン(ウクレレ) (ポケット短歌。-ウクレレ式短歌blog-)
ぬばたまのサインコサイン黒色のタンクトップの君を抱く夜
 
 
 
006:サイン(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
あの歌に真似ているのね「アイ・ラブ・ユー」ハザード3回貴方のサイン
 
 
 
006:サイン(藤野唯) (Sugarmint)
見逃したサインも互いにあるだろうけれどめげずに寄り添っていく
 
 
 
006:サイン (斉藤そよ) (はなやかなみず)
何月のどの地の雪か言いあててサインをしてる われは王様
 
 
 
006:サイン(のわ) (二十四節気)
キャッチャーが股下で作るサイン見てモンシロチョウがふわりと起きた
 
 
 
題詠blog2010 006 サイン (mmm) (J'aime l'amour, je vous aime.)
2秒見つめ 3秒そらして 目が合えば それは一緒に 帰れる日だった。 (mmm)
 
 
 
006:サイン(理阿弥) (車止めピロー)
Vサインおどる写真を見納める丁寧に丁寧にマッチ擦る
 
 
 
006:サイン(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
高壁に巻く風ありて雨白しネオンサインに届くまで降れ
 
 
 
006:サイン(笠原直樹) (Yawn)
表札に油性ペンにて「D」のサイン付けられ春は穏やかならず
 
 
 
006:サイン(中村梨々) (nasi-no-hibi)
両腕を無防備にしていつだれが走ってきてもいいよのサイン
 
 
 
006:サイン(永居かふね) (ポンポンダリア)
旅立ちや出会い隣の口論も動き始める春のサインか
 
 
 
006:サイン(B子) (サンドイッチマンの憂鬱(2))
裏紙にサインの練習してたころ 鏡と空気が読めなかったころ
 
 
 
006:サイン(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
コールサイン コールサインと呼び合って二人はベッドに倒れこんでく
 
 
 
006:サイン(南雲流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
寂しさを秘めたるサイン 抜き去りし8トンロングのケバイ電飾
 
 
 
006:サイン (sei) (題詠マラソン2010用)
見逃ししサインはいつもやさしさを伝へくれしを 夜つめを噛む
 
 
 
006:サイン(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
これがあの噂に高いヒマラヤのお国なんだねダサイン祭り
 
 
 
006:サイン(南葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
夢でなら返せたピースサイン 今朝 今さら気付く 好きだったんだ
 
 
 
006:サイン(春村 蓬) (風見鶏)
この道のおはりは海でこの坂のうへは空です ここにサインを
 
 
 
006:サイン(わたつみいさな) (あした、たとえば雨でいいから)
ネバナラヌ鎖にサインペンで書くいいわけゆるく水性にする
 
 
 
006:サイン(A.I) (Private Window)
この先のサインカーブを予測してキャベツ一玉かごに入れたり
 
 
 
006:サイン(ぱかり) (SUNEO-DIARY)
サインペンみたいに透ける 誰からも愛されるって無色のことだ
 
 
 
006:サイン(ぱぴこ)  (テクテク)
この祈り届いたのなら受け取りにサインお願いします神様
 
 
 
006:サイン(珠弾) (eight oaks rock)
空腹のサインはぐうの音ですがマナーモードになっているはず
 
 
 
006:サイン(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
白い雲 亡びを深くサインした巨人がむかしここにきたこと
 
 
 
006:サイン(いさご) (アンダンテ)
 星屑の散らばるなかであなただけ抱きとめますから、ここにサインを
 
 
 
006:サイン(こゆり) (おかっぱ短歌)
真夜中の結婚ごっこ メモ帳にサインする手が震えているわ
 
 
 
006:サイン(こゆり) (おかっぱ短歌)
真夜中の結婚ごっこ メモ帳にサインする手が震えているわ
 
 
 
題詠006:サイン(太田ユリ) ( 女子ことば)
ペン取って「今でも書ける」と右上がり 小学生のあなたのサイン
 
 
 
006:サイン(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
そのすべて、サインし終えぬTCの百枚分のかなわざりし夢
 
 
 
006:サイン(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
そのすべて、サインし終えぬT/Cの百枚分のかなわざりし夢
 
 
 
006:サイン(鮎美) (Basso Continuo)
君の仕草すべてがサインと思ふからくさめをするなコンサートマスター
 
 
 
006:サイン(壬生キヨム) (ぼくはこんなことが好き。)
ひとりでは居られぬ夜に手作りの婚姻届にサインをしている
 
 
 
006:サイン(月下  桜) (*月下  桜 の 世界*)
 実はもうサインは既に決めてある裏かくようなサインも含め
 
 
 
006:サイン(さむえる) (はりねずみぶろぐ)
サイン帳見つからないのは捨てたのだ書いた記憶だけが残って
 
 
 
006:サイン(畠山拓郎) (あいうえおあお)
あ・い・し・て・る サインを送る君宛にブログに記すドリカムの歌
 
 
 
006:サイン(すいこ) (ひろわれるもの)
指が笑う、とんとん、言葉がとん、サインランゲージがとん、踊っているよ
 
 
 
006:サイン(竹本未來) (真実と幻想の苺)
バーテンの君が飛ばした戦闘機 スカイサインがレモンを描く
 
 
 
006:サイン(瀬波麻人) (a swallow under the moonlight)
唐突に断ち切られては雨曝し誰がサインをしたわけでなく
 
 
 
006:サイン(田中ましろ) (ましたん)
従順なサインカーブの腰つきじゃ物足りなくて始めるカオス
 
 
 
006:サイン(橘 みちよ) (夜間飛行)
わが持てる萩尾望都のサイン入り絵はがき「かして」と従姉コピーをとりき
 
 
 
006:サイン(村上きわみ) (北緯43度)
(ねむそうな世界に送るささやかなサインのように)鶏卵を割る
 
 
 
006:サイン(青木健一) (空想的平和主義者)
腰に手でサインされたら崩れ落ち契約条項無効な遊戯
 
 
 
006:サイン(ふみまろ) (光る風の記憶)
水性のサインペンではなぞれない滲んだままのきみの似顔絵
 
 
 
006:サイン(伊倉ほたる) (ほたるノオト)
持ち寄って晒せばすでに共犯者サインアウトのマウスを掴む
 
 
 
006:サイン(オオタセイイチ) (angle。)
午前5時レモンが床で跳ねたなら黄泉からのサイン「すぐ発て!」という
 
 
 
006:サイン(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
対面で言われた通りサインして書類が揃いふふふふうふふ
 
 
 
006:サイン(本間紫織) (**JEWELRYBOX**)
白だけの世界に僕を連れ出して今年最初のサインを印す
 
 
 
006:サイン(いととんぼ) (いととんぼは風にのって・・)
この心今に折れると出すサイン 虚しく空(くう)に消えてゆくだけ
 
 
 
006:サイン(只野ハル) (Ordinary days)
そのサインわからないよと泣き笑いしながら言うのわかったからでしょ
 
 
 
006:サイン(高松紗都子) (羽うさぎの日記帳)
サインする君の右手は案外と小さく見えた 強くなりたい
 
 
 
006:サイン (氷吹郎女) (空蝉乃歌屑)
判断は任すのサイン確認し塁を盗みに駆け抜ける風
 
 
 
006:サイン(けぇぴん) (けぇぴんの公式blog「恵風」)
姪からのメールの始めにVサイン 春から晴れて後輩となる
 
 
 
006:サイン(酒井景二朗) (F.S.D.)
天からの無言のサイン受け入れて悲しみひとつ捨ててしまはう
 
 
 
006:サイン(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
さんすうの教科書の102ページに誰にも見せない春子のサイン
 
 
 
006:サイン (ふでこ) (ふでこにあ)
砂浜でサインを拾う海深く誰かの吐いた銀の水泡
 
 
 
006:サイン(澪) (題詠短歌@澪)
辛いよと心の悲鳴目でサイン送っていても気付かない母
 
 
 
006:サイン(祢莉) (sugar drop)
星空に届かぬサイン送るのはまだ君のこと信じてるから
 
 
 
006:サイン(ましを) (はいいろのおもちゃ)
だれよりもやさしいおんなになるためにネオンサインの真下でねむる
 
 
 
006:サイン(希屋の浦) (沈んだ碇)
ここにいるそのことさえも証明し今君たちとサインを交わす
 
 
 
006:サイン(リンダ) (題詠ブログ2010 ひなたdeリンダ)
ブイサインのままに落ちた手袋は必ず主の所に戻る
 
 
 
006:サイン(風とくらげ) (外からも透いて見えるだろ、ほら)
恋の呪文 サインコサイン来サセタイン くだらんやつほど効くんだ、これが。
 
 
 
006:サイン (村木美月) (うたりずむ)
強がりな君がときどき出すサイン「ほっておいて」はほっておけない
 
 
 
006:サイン(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
独り占めできない君の内側に僕が残したサインいくつか
 
 
 
006:サイン(あおり) (ぷち*ぷち)
占いで『猫に会ったら幸運のサイン』と聞いて路地裏を行く
 
 
 
006:サイン(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
まちじゅうのせんぼうきょうにつきつけてやるんだここにサインしろって
 
 
 
006:サイン(21世界SUZUTO) (夏山千歳の手記)
貴方から サイン コサイン タンジェント 教わったから今でも解ける
 
 
 
006:サイン(あみー) (正直なたましい)
価値がよくわからないので鍋敷きになってるいがわゆり蚊のサイン
 
 
 
006:サイン(蓮野 唯) (万象の奇夜)
サインして見上げた先にある笑みを死ぬまでずっと見ようと誓う
 
 
 
006:サイン (一夜) (短歌るBlog )
桜散る四月だったね 照れながら 震えるサイン薄紙にした
 
 
 
006:サイン (あひるの空)
緑字で印刷されたる紙ありてサインひとつですべて終わりの
 
 
 
006:サイン (時計をはずして)
ヒントじゃなく欲しかったのはサインでもうおしまいだねって私たち
 
 
 
006:サイン(月の魚) (銀色水槽)
信じたがりの君が求める契約書 僕のサインは ひどく震えて
 
 
 
006:サイン(じゃこ) (むしことば)
サインペンいい匂いやと嗅ぐ俺はクラスのやつらよりちょっとワル
 
 
 
006:サイン(香-キョウ-) (Sky on Blue)
紙切れと思っていたのに サインする重みと幸せ 思わず涙
 
 
 
006:サイン(六六鱗) (歌おう、感電するほどの喜びを!)
サイン入り初版・装飾樂句(カバーシミ帯痛み有り)持ちて隔たる
 
 
 
006:サイン(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
寝ていても反射で上がる口角とピースサインを突き出す腕と
 
 
 
006:サイン(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
誓約にサインを自慢の稀覯書は賭けに勝ったら僕がいただく
 
 
 
006:サイン(笠原宏美) (seacret voice)
「ありがとう」声に出すのはこそばゆくサイン色紙に光を綴じる
 
 
 
006:サイン(橋都まこと) (笑ってどこでもサヴァイヴァル)
入院は「少し休みなさい」という神様からのサインなのかも
 
 
 
006:サイン(さくら♪) (さくら草紙 ~第参章~)
モノクロの我より若き日の母が描きしサイン写真と眠る
 
 
 
006:サイン(羽根弥生) (ことらのことのは)
千億のサインに撲たれ血を流す吾に獣の眼だけ備われ
 
 
 
006:サイン(夜汽車) (なまにえ)
いつの日かねだられるのを夢にみてまずはサインをさらさらっとな
 
 
 
006:サイン(百田きりん) (きりんメモ)
親切なサインいくつも見逃して この島に来ることを選んだ
 
 
 
006:サイン(松原なぎ) (日向水)
温室のむこうの雨に弛緩してゆくまちの灯とハートのサイン
 
 
 
006:サイン(松原なぎ・再投稿) (日向水)
温室のむこうの雨に弛緩してゆく街のあかりとハートのサイン
 
 
 
006:サイン(黒崎聡美) (ゆびおり短歌)
梅の花ぼわぼわと咲きあの人に許されているサインのような
 
 
 
006:サイン(今泉洋子) (sironeko)
「ひとさらい」のサインの文字は春の陽に微睡むやうに笹井宏之
 
 
 
006:サイン (それゆけ!だいふくもち)
サインペン握る小さな手の描く夢よ大きく光溢れて
 
 
 
006:サイン (秋篠) (ときめき捕獲日記:その2。)
盗み見た メトロのサイン 現(うつつ)行き なだめる君の くちづけ苦くて
 
 
 
006:サイン(草野千秋) (新幹線の時間)
つまらない会員カードのサインさえ君の筆跡と思えば愛しい
 
 
 
006:サイン(片秀) (うつしよはゆめ よるのゆめこそまこと)
絶対に使わないよと言いながら決めてる矛盾死球のサイン
 
 
 
006:サイン(星川郁乃) (Air Station)
ただ日々が忘れることを許すでしょうサインコサインあの子の噂
 
 
 
006:サイン(揚巻) (揚巻の「題詠blog」)
打ち解けぬサインコサインただ君の答えノートに写し取るだけ
 
 
 
006:サイン(佐藤紀子) (encantada)
高校の数学以来ごぶさたのサイン、コサイン、はたタンジェント
 
 
 
006:サイン(市川周) (ミルミルを飲みながら)
スクイズのサイン見逃す春UFO(さよなら僕のアダムスキー型)
 
 
 
006:サイン(フワコ) (きくとわたし)
寄せ書きに一番仲良しだった人のサインがなくて見るたび寂しい
 
 
 
006:サイン(イノユキエ) (十月堂)
 砂時計の砂が速さを増してゆくサインに首を振った夜から
 
 
 
題詠2010ー006:サイン (七十路ばば独り言)
春来ると季節のサインか朝ぼらけ東京湾に濃密な靄(もや)
 
 
 
006:サイン(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
サインガていう怪人に壊されてゆく街の夢を見て、明け方
 
 
 
006:サイン(みち。) (銀塩プロローグ。)
あなたまで届く手前でひっそりと途切れるようにサインを放つ
 
 
 
006:サイン (末松) (旅人の空)
撮るたびに増えていく過去いつまでもピースサインは継承されて
 
 
 
006:サイン(すくすく) (すくすくと日々一首ずつ)
『君からの(いいよ)のサインをいただいてキスしてからの堕ちゆく速さ』
 
 
 
006:サイン(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
見逃されつづけるサイン蒼穹に消えた雲雀のその後を問えど
 
 
 
006:サイン(ケンイチ) (Whatever Happened To Corey Haim? )
しるべなき明日へのサイン灯台が照らす波間に漂う笹舟
 
 
 
006:サイン(田中まこ) (田中まこのチョコバナナミルク宣言)
参照記事:006:サイン 泣き顔とピースサインが似合う人そういうとこが好きだった人
 
 
 
006:サイン(蝉マル) (蝉の声)
「ハイ、タカシ!コレサインチデハドレクライ?」ピエールはセンチメートルが苦手
 
 
 
006:サイン(ふうせん) (575番地)
五七五でサインコサインタンゼント。定理の意味を探しに行こう
 
 
 
006:サイン (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
手に入れるものにはサインを離れゆくものには署名をする会者定離
 
 
 
006:サイン(sh) (はばたきは、音を立てる。)
雨上がり。サインをじっと待つ君の瞳に色が飛び込んでくる
 
 
 
006:サイン(David Lam) (でたらめなうたどもよ)
サイン残る利用明細捨てるため来たことのなきコンビニに寄る  
 
 
 
006:サイン(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
あの人に私の気配を見せる為背中に爪の赤いサインを...
 
 
 
006:サイン(Rommie) (Pink Andromeda)
FROGMANに もらったサインは 宝物 鷹の爪より 土管くん派w (006:サイン(Rommie)題詠blog2010)
 
 
 
006:サイン(武藤里伽子) (キャラメル☆マキアート)
参照記事:006:サイン 有名人来てもサインは飾らないわたしの店は味で勝負よ
 
 
 
006:サイン(遥遥) (たんかのきりかた)
空想的社会主義のサインだしホームランなど打たれてみたい
 
 
 
006:サイン(hjr) (_blank)
純粋な恋であったとサインして焼かれる紙にしたためたこころ
 
 
 
006:サイン(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
ペンネーム残るノートのサインまだ嘘にはせぬと夢掴みしめ
 
 
 
006:サイン(小高まり) (マリエント急行―題詠blog2010)
もはもはの羊かきわけさがしてる サインは遥かそらの果てです
 
 
 
006:サイン(ラヴェンダの風) (ラヴェンダの風の題詠ブログ)
「謹呈」とサインの残る歌集買ふ吾に縁の一冊として
 
 
 
006:サイン(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
今日もまた配膳時間短縮す 給食チェックのサインも踊る    ...
 
 
 
[短歌][2010] 006:サイン(ezmi) (語りえぬことを。)
理由などとうに忘れた君を待つネオンサインは雨に滲んで
 
 
 
006:サイン(眞露) (風の残像)
今日もまたきみのサインを読み切れず交わることなくすれ違う想い
 
 
 
006:サイン(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
10歳の自分よ気付け お前にはサインの練習などいりません
 
 
 
006:サイン(健太郎) (モノクローム文芸館)
右肩の少し遅れる歩き方 触れ合う角度に別れのサイン 題詠blog2010「006:サイン」
 
 
 
006:サイン (サオリ) (みどりいろのめのかいじゅう)
弧を描くサインコサインタンジェント先生のゆび先生のくち
 
 
 
006:サイン(野坂らいち)  (のーずのーず)
永遠を約束したい君の持つゲノムぜんぶにサインをしたい
 
 
 
006:サイン(刃月市子) (将来の夢はお嫁さんになること)
この時代だからメールでなく手紙 君とあの子の秘密のサイン
 
 
 
006:サイン(さまよいくらげ) (よみあるく日々)
君がするサインをまねる「子」という字最後の横棒強く引くとこ
 
 
 
006:サイン(冬鳥) (ことのはうた)
初秋の花巻高校かのひとの風がページを操るサイン帖
 
 
 
006:サイン (石の狼) (Wulfstan の confessio amantis)
  この球を受け取る君の出すサイン バッテリーとは夫婦の如し
 
 
 
006:サイン(氷華) (樹脂製桜木雨宿り)
眠れずに 不安の捌け口探す 真夜中のサインイン
 
 
 
006:サイン(斗南アキラ) (野ウサギのように)
何ひとつ失ってない しあわせのサインをまるく、まあるく描く
 
 
 
006:サイン(我妻俊樹) (半ドア)
終バスのポールにすがる〈盗賊〉という字のネオン・サイン浴びつつ
 
 
 
006:サイン(丸井まき) (白黒ぶたくま)
震えてる結婚誓約書のサインこの字の様なふたりであります
 
 
 
006:サイン (祥) (月宿り星宿り-つきやどり ほしやどり-)
レントゲン撮ればサインが写るだろう桜色した君への想い
 
 
 
006:サイン (祥) (月宿り星宿り-つきやどり ほしやどり-)
レントゲン撮ればサインが写るだろう桜色した君への想い
 
 
 
006:サイン(池田潤) (神様、ぼくは。)
地球には関係ないよ 誰一人 許すことない きれいなサイン
 
 
 
006:サイン(さかいたつろう) (流星文庫)
だがしかしサイン通りにあの球を打てないからこそ俺なりに降る
 
 
 
006:サイン(しろうずいずみ) (あすよりはきょうのどこかでうたっていたい)
若き日の心はサイン 契約の証のように胸に刻めよ
 
 
 
006:サイン(夢雪) (浪漫)
つぶやいたサインコサインタンジェントまるで恋の足音のよう...
 
 
 
006:サイン(O.F.) (O.F.)
サインペン、キャップ誤挿入、親指に黒くて無秩序なラインが乾く刹那
 
 
 
006:サイン(草間 環) (前略草々)
小荷物を受け取りサインした後で母の思いが花になり降る
 
 
 
006:サイン(ふみ吉) (882323文芸部)
飲み屋にて脈ありサイン発信し伝播状況探るテスト(w
 
 
 
006:サイン(長瀬大) (短歌ウルフR)
×サイン出されたのかな でもあれはあの子の必殺技だなきっと
 
 
 
006:サイン(井関広志) (はじめの家)
たまさかの雷の弦を閉じ込める三面鏡のコサインカーブ
 
 
 
006:サイン(星和佐方) (tanka31)
すれちがひざまに胸に触れ走り去る自転車の男Vサインせり
 
 
 
006;サイン(ショージサキ) (SOMETHING TANKER)
手の甲に書いた言葉はカッターで落書きされた血文字のサイン
 
 
 
006:サイン (本田瑞穂) (歌の部屋)
そういえばきょうは母の日店先でサインを出しているひとがいる
 
 
 
006:サイン(日向奈央) (純粋ボタン)
泣き虫なあなたと私 うしろから抱きしめるのがサインでしたね
 
 
 
006:サイン(山口朔子) (月乃屋)
本当は秘密の呪文なんでしょう サインコサインタンジェントって
 
 
 
006:サイン(生田亜々子) (屏風と靴)
自滅する恋愛ひとつお届けに上がりましたよサインください
 
 
 
006:サイン(理宇) (±雑記蝶)
最初から友達なんて作らずに日日「助けて」のサインを送る
 
 
 
006:サイン(櫻井ひなた) (ひなごと☆24→25)
見たことがない顔をしたえりちゃんは白無垢姿でVサインする
 
 
 
006:サイン(bubbles-goto) (DRIBBLe HoUR)
狼の波打つ背(せな)の素早さにサインはペンの先から離れ
 
 
 
006:サイン(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
ただ空に描(か)くのにサインペンひとつでお泊まりにいく長女連盟
 
 
 
006:サイン (F-Loch)
たましいを悪魔に売るとサインしてそれでも下手なヴァイオリニスト
 
 
 
006:サイン(鏡月) (彷徨う指先)
透きとおる水面の月の柔肌を傷つけぬようサイン残して
 
 
 
006: サイン (高井志野) (雨音をハミング)
そこに至るまでの余白が伸び縮みしているかどうかサインが解けぬ
 
 
 
006:サイン(あんこく) (calpisfromhell)
母さんが赤児をあやすためにした出来損ないのメロイックサイン
 
 
 
006:サイン(時坂青以) (ふじろぐ)
うしろから トントン トトン トントトト それは授業がつまらんのサイン
 
 
 
006:サイン(柴田匡志) (スタートライン)
数字にてサインを叫ぶラグビーのラインアウトで息は上々
 
 
 
006:サイン(史之春風) (はちぶんめblog)
勝利でも平和でもない日常にVサイン(あるいはピース)笑顔で掲げ
 
 
 
006:サイン(水煙) (水の煙の記録)
要るときはあるはずの場所に無いサインペン手書きの宛名細く歪に
 
 
 
006:サイン(きり) (梢は歌う)
今はもうサインコサインタンジェント呪文のようなものになりけり
 
 
 
006:サイン(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
「なんかもう、どうでも良いや」 サインペンで、新月みたいな眉毛を書いた。
 
 
 
006:サイン(flower_of_the_briar) (人間は肉にすぎず、過ぎて再び帰らない風であることを…)
知らぬ間に大和まほろば売られゐてサインせしもの既に死にたる...
 
 
 
006:サイン(やすまる) (やすまる)
縫い上げたばかりの島の白浜に速く小さくサインをしるす
 
 
 
006:サイン(龍翔) (The Flying Dragon)
君のSOSのサインを見逃していてごめんなさい。ごめんなさい。
 
 
 
006:サイン(白田にこ) (さようなら)
そうやって息を殺して出しているサイン気付かないふりもできない
 
 
 
006:サイン(野比益多) (のびたんか?)
サインなき約束だけを積み重ね風に吹かれて生きていこうよ
 
 
 
006:サイン(志井一) (日記ホプキンス)
ファンじゃないからって意地をはらないでサインもらっておけばよかった
 
 
 
006:サイン(檀可南子) (あなたに頼んだ覚えはないけど)
「オムライスできたよ」声かけること 「ごめんなさい」のサインなんだよ...
 
 
 
006:サイン(moco) (空色ルーシー)
七色のサインペンでは描けない空いっぱいの七色の虹
 
 
 
006:サイン(ひいらぎ) (ひいらぎのゆるやかで嵐な毎日)
二人だけ分かるサインを決めるなら右手で大きく円を描くよ
 
 
 
006:サイン(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
ため息はNOのサイン目の前でうつむいたままの緘黙の女生徒
 
 
 
006:サイン(宵月冴音) (銀星亭~Villa Argentee D'Etoile~)
 今思えばあれこそサインだったのだ 焼き場の空の雲がちぎれる
 
 
 
006:サイン(砺波湊) (トナミミナト2010)
名の間(あい)に小さな星を閉じ込めてサイン書き終えたる浅田真央
 
 
 
006:サイン(志岐) (日々の徒然)
丁寧に書けと先生声を張る 人柄の出るサイン含めて
 
 
 
006:サイン(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
返信の思いの丈の片隅に拘っているあなたのサイン
 
 
 
006:サイン(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
記念日に ファンと交流 サイン会 歌って踊る アイドル気分♪
 
 
 
006:サイン(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
途切れないネオンサインの明滅を朝まで見つめている屋上
 
 
 
006:サイン(紺野月子) (*きみにならびて…*)
百円のソフトクリーム溶けてくようなオーケーサインはいらない
 
 
 
006:サイン (お気楽堂) (楽歌三昧)
死んでのち自筆サインや肖像がTシャツの絵になる人生も
 
 
 
006:サイン(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
崩れてる心の健康そのサイン無意識のうち流れる涙
 
 
 
006:サイン(橘川えり) (給水塔)
明滅す命のサイン海沿いの二階で子どもが「きれい」といった
 
 
 
006:サイン(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
滲みゆくサインペンのあとをなぞるたび小さな爪から花がこぼれる
 
 
 
006:サイン(まといなみ) (月のひかりの降る庭で)
アイドルのサイン色紙の悲しさが我が家をおおい午後になるだろう
 
 
 
006:サイン(キキ) (3 sisters)
睡れんの葉をうらがえしてゆく隠されたサインをさがしている夢
 
 
 
006サイン自由詩人長沢 (自由詩人長沢和久のブログ)
メールから絵文字消えた 彼女からの別れのサインだった
 
 
 
006:サイン (短歌日和)
さよならの合図なんだね 飲み干した缶ビールばかりずっと見ている 006:サイン。 これちょっとてこずった。 でも進みたいので、アップ。 結構気に入ってるうたデス。...
 
 
 
006:サイン(ともの) (orquesta tipica -題詠blog2010-)
壁一面 貼られたサインを眺めすぎ トンカツの記憶全部無くした 
 
 
 
006:サイン(山田美弥) (miyabox)
沈黙のサインで消えてしまわない程度に傷をつけてあげるね
 
 
 
006:サイン(振戸りく) (夢のまた夢)
左頬そっと触れたらまだ同じ気持ちでいるというサインです
 
 
 
006.サイン(夷と鵜) (森になる)
SOS気付かず君を傷つけるブロックサインを決めときゃよかった…
 
 
 
006:サイン(紫月雲) (resume 1970-2010)
古傷はもう疼かない爽やかに君サインレスで通り抜けろよ
 
 
 
006:サイン(わだたかし) (ファミレス短歌)
もうずっと前から送り続けてたサインは今日で最後にします
 
 
 
006:サイン(空色ぴりか) (美利河的題詠2010)
サインさえしなくてもいい金色にぴかぴか光るカードをもって
 
 
 
006:サイン(おっ) (だいえいの短歌専門店)
建物を出たらいつでも空を見る天国からのサインを探す
 
 
 
006 サイン (ゆらり) (ゆらり)
これからも頑張るという卒業のアルバムのサイン 過去は眩い
 
 
 
006:サイン(ひめじょおん) (ひめじょおんのしょーとそんぐ)
きみだけのサインにするよとLマーク愛してるよと手でつくる
 
 
 
006:サイン (山桃) (山桃果)
秋来ぬと風に緑のサイン投げ若き椎の実いやつぎつぎに
 
 
 
006:サイン (005:乗(だったん))
参照記事:006:サイン さみしさのサインなのかな爪を噛む癖をやめられないってことは
 
 
 
006:サイン(いずれ) (Izure Cafe)
色褪せたブルーノートのコースター 霞むわたしときみへのサイン
 
 
 
006:サイン(ゆーこ) (こころ)
たった今飛び立ったのは生きているサインを託した伝書鳩たち
 
 
 
006:サイン(鳴井有葉) (そのためのブログ)
この紙の署名欄にはペンを持てるわたしが代わりにサインするから
 
 
 
006:サイン(r!eco) (プリズム)
左手が触れたいって叫ぶから君にサインを送る「寒いね」
 
 
 
006:サイン(薫智) (闇の煌めく世界)
この恋がサインコサインタンジェント数式のよう解けるのならば...
 
 
 
006:サイン(内田かおり) (深い海から)
 その刹那小さく震えるもののありサインであると思えば愛(かな)し
 
 
 
006:サイン(原 梓) (題詠blog百首を走る。β)
フセインをフサインと現地読みしても戦争はたぶん終わらず 晩秋
 
 
 
006:サイン(清次郎) (Conical flask)
いつか君がつくってくれた水鳥によく似たサインかけなくなった
 
 
 
「006:サイン」(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 びんびんにイメトレをして意気込めば愛のサインがみこすり半だ
 
 
 
006:サイン(闇とBLUE) (青い密室 ・*届くBLUE*・)
悪口は裏にも下にも染み透る使用注意の油性サインペン
 
 
 
006:サイン(吾妻誠一) (闇の太陽)
便箋にのせる想いも出てこない インク切れのサインペンの僕
 
 
 
006:サイン(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
カウンターに飾られていた親分のサインボールの真偽は知れず
 
 
 
006:サイン(小林ちい) (ゆれる残像)
ひだまりのあなたへ走り出しながら探しはじめる秘密のサイン
 
 
 
006:サイン (みぎわ) (たづたづし)
自己否定が後退りするサインです明らか過ぎて笑つてしまふ
 
 
 
006:サイン(弥慧) (daily♪シャム♪)
富士の山あたまのかかる流れ雲明日は雨と笠雲サイン
 
 
 
006:サイン(水沢遊美) (きらきら漂ふ)
ストレート?それともカーブ?淋しいと初めてくれたサインの返球...
 
 
 
006:サイン(桶田 沙美) (31Words Runner)
数学のサインコサインタンジェント言葉は出ても思い出せない
 
 
 
006:サイン(小倉るい) (たんぽぽの歌)
勘違いしないで赤い口紅はあなたに送る「いやよ」のサイン
 
 
 
006:サイン(みくにえり) (みにくいアヒルの子は結局アヒルの子だったので、)
撫ぜられた猫によく似たまばたきも僕に送ったサインだという
 
 
 
006:サイン(浅草吉右衛門) (吉右衛門のブログ)
異国の街を旅すれば、慣れない言葉、見慣れぬ景色、不馴れなサインが溢れてる。
 
 
 
006:サイン (祥) (月宿り星宿り-つきやどり ほしやどり-)
レントゲン撮ればサインが写るだろう桜色した君への想い
 
 
 
006:サイン(竹中 えん) (Milk Thistle)
  左手できみのサインをまねながらすっぽりフードにくるむ涙目
 
 
 
006:サイン(纏亭写楽) (ようこそ纏亭へ)
あなたから嘘つくサインを指摘され鼻をかくのをがまんしている
 
 
 
006:サイン(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
誰からも解読されぬエジプトの壁画みたいにサイン並びぬ