goo

056:アドレス

「056:アドレス」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 056:アドレス(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) アドレスを持たない風が吹く中でようやく消せたアドレスひとつ 056:アドレス(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) アドレスは南区大谷口そのかみに小中英之棲まひしところ 056:アドレス (わたしよきみの風景であれ) 刑務所は移設されても番外地というアドレス残る . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

057:縁

「057:縁」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 題は「額縁」「血縁」などの「縁」です。「緑」などとの読み間違いにご注意ください 057:縁(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 縁あって二子を賜はる我らにて今日の昼餉に恵方巻食ふ 057:縁(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 遠縁に天使と悪魔がいるという共通点があるのが僕ら 057:縁(松木秀) (わたしよきみの風景 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

058:魔法

「058:魔法」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 058:魔法(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) むすめ欲しと思うも後の祭にて『魔法使いサリー』の真似する 058:魔法(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 魔法から覚めた世界のまん中でそれでも愛を叫ぶだろうか 058:魔法(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) 目の前に魔法使いがあらわれて眠りの呪文ばっかり使う. . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

059:済

「059:済」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 題は「済む」「決済」などの「済」です。「剤」などとの読み間違いにご注意ください 059:済(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 「済」とのみ表紙に殴り書きをして気の入らぬかな我がノート点検 059:済(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 用済みの夢の中からリサイクルできそうな夢探して春へ  059:済(松木秀) (わた . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

060:引退

「060:引退」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 060:引退(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 引退をほのめかすたび値が上がる大関魁皇怪力無双  060:引退(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 世界との折り合いがまだつかなくて先延ばしする引退試合 060:引退(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) わたくしは今日をもちましてノーマルな人間役を引退します... . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

061:ピンク

「061:ピンク」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 061:ピンク(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 気になるわ?セクシーピンクのキャミ画像?クリックしたら木下優樹菜!  061:ピンク(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) 「70歳以上千円で」との貼り紙のピンク映画館室蘭にあり... 061:ピンク(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 信号がピンクに変わるその . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

062:坂

「062:坂」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 062:坂(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 大阪が大坂だった頃のこと私の彼は秀頼だった 062:坂(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) おとなりの坂本さんが寄ってくる河豚の尾びれのような感じで... 062:坂(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 早朝の道玄坂で夜明かしの若者たちと愛を叫ぼう 062:坂( . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

063:ゆらり

「063:ゆらり」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 063:ゆらり(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) 予想するまったく売れぬ芸人にきっといるはず「劇団ゆらり」... 063:ゆらり(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 花のうへ雲間にゆらり遊ばせた心いつしかいにしへに飛ぶ 063:ゆらり(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

064:宮

「064:宮」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 064:宮(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 宮崎で男を上げてそのまんま東京に来い東国原 064:宮(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) 宮の森町一丁目一の三十四いまはもうない私の生家... 064:宮(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) ゆれやまぬ弱震なれど宮殿の補強の効かぬ耐震構造 064:宮(西中眞二 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

065:選挙

「065:選挙」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 065:選挙(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) 衆議院議員選挙の近づきて逃げ出す準備はじめたねずみ... 065:選挙 (見沼田圃の畔から) とりどりに推すに推されぬ節ありて選者泣かせの衆院選挙 065:選挙(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 猿山のボスも選挙でえらんだらタローはボスになれただろうか . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ 次ページ »