題詠100首blog

こちらは「題詠100首blog」のイベント会場です。「イベントの仕組み」をお読みの上、ご参加ください。(五十嵐きよみ)

015:秘密

2006-01-02 | 011-020の歌
「015:秘密」の歌は、こちらにトラックバックしてください。

何か困ったこと、わからないことが生じたら、サイドメニュー「カテゴリ」で、ルールを確認してみてください。

015 秘密(美山小助) (小助の和歌)
惹かれゆく 揺れる心を 秘密にし 歌を捧げん 彼の人に宛て

015:秘密(ねこまた@葛城) (ねこちぐら)
天空の秘密の花園いつの日か訪ねて往かん時空を超えて

015:秘密 (風流三昧)
秘密基地敵に見つかることはない戦闘ロボット完成間近

015:秘密(船坂圭之介) (kei\'s anex room)
夢に見し乙女の裸像美(は)しかりきわが末代の秘密とやせむ

015:秘密(はこべ) (梅の咲くころから)
帰り道夕べあそこであったこと聞いてほしくも言えない秘密

015:(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
観終はれば動く能はぬもの満ちてマイク・リー撮る<秘密と嘘>に

015:秘密(髭彦)再投稿 (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
観終はれば動く能はぬもの満ちてマイク・リー撮る<秘密と嘘>に

015:秘密(aruka) (外灯都市)
あちこちに秘密の本をかくしてた 世界によく似た小さな部屋で

015:秘密(上田のカリメロ) (ほわほわの森)
まだ知らぬ子らの会話の端々の秘密と内緒の微妙な違い

015:秘密 行方祐美 (やまとことのは)
秘密とは濡れいる言葉ゆらゆらと白蓮のはな目覚める頃の

015:秘密(みずき) (空)
余白にも秘密は埋まるぐるぐると指紋をつけた指が痛いよ

015:秘密 やっつん (U151の目線)
家族には秘密にしてる愛読書タイトルずばりメガネ男子

015:秘密(富田林薫) (カツオくんはかもめ第三小学校5年3組&『まぐろ袋ブログ』)
ため込んだ秘密を全部埋めるには三日三晩は穴掘りしなきゃ

015:秘密(草野つゆ) (草野つゆ@はてな)
墓にまで持っていくべき秘密なら わたしの腹の中にもあるの

015:秘密(春畑 茜) (アールグレイ日和)
海苔に巻く秘密さまざま昼の眼に巨艦太巻かがやくは見ゆ

015:秘密(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
もりくんとは黄色い秘密みっちゃんとは緑な秘密 ふかこうりょくだ

015:秘密(かのこ) (短歌*かのこ流)
このことは言わぬ約束だったのに…もうこの世には秘密通じぬ

015:秘密 (丹羽まゆみ) (All my loving ♪)
ここだけの話ねといふ注釈をつけ耳朶に秘密が育つ

015:秘密 新津康 (NOTHING WORKS)
僕の眼が君を追いかける。君の髪、指…。僕しか知らない秘密。...

015:秘密(小軌みつき) (小軌みつき-つれづれ日和-)
柔軟な秘密はずっとあとをひくとぼけた金魚にうちあけようか

015:秘密(小雪) (朱紗)
ときめきを秘密のつもりだったのに 知らぬ振りして既にあなたは

015:秘密 (ジャポン玉)
一片の秘密もあらでフェルマーの最終定理燐光を帯ぶ

015:秘密(謎彦) (ジャポン玉)
一片の秘密もあらでフェルマーの最終定理燐光を帯ぶ

015:秘密(かっぱ) (きゅーりをこのむ)
秘密などこれっぽっちも似合わないきみの大きなくちが好きだよ

015:秘密(ほにゃらか) (♪おみそしるパーティー♪)
秘密なら道具箱にもこつそりとまろめてあるね 捨てられぬまま

015:秘密(ハナ) (象の求愛ダンス)
わたくしの宝石になる秘密です男のひともあんなして泣く

015:秘密(畠山拓郎) (想いまっすぐに)
表層の秘密をすべて調べても絶対解らぬ私の気持ち

015:秘密(天野 寧) (三十一文字の毒薬)
「秘密だよ」 君との約束守るためその内容は脳から消去

015:秘密(しゃっくり) (春雨じゃ)
あの世まで持ち込むほどの秘密なく大根のやう適合もせず

015:秘密(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
秘密にするわけでもないが言うほどのことでもなくて二階に上がる

015:秘密 (クロッカスの歌)
煩ってすみれの馨りに埋もるる度君をひとつの秘密に入れたし

015:秘密(紫女) (クロッカスの歌)
煩ってすみれの馨りに埋もるる度君をひとつの秘密に入れたし

015:秘密(新井蜜) (暗黒星雲)
海亀の秘密を知ったあなたとは生きて行けないミロソヴィッチよ

015:秘密(暮夜 宴) (青い蝶)
どうにでもなれと刹那のつなわたり絡めた舌の秘密の匂い

015:秘密(水都 歩) (水都blog)
秘密など無いよと言って頭掻く癖はちっとも変わってないね

015:秘密(ドール) (花物語)
あの部屋に今も転がるひからびて小さくなった私の秘密

015:秘密(丘村トモエ) (ことばとわたし(丘村トモエ))
ふたりだけ持つ秘密なら片方が忘れたときに本物になる

015: 秘密 (佐田やよい) (言の波紋)
遠ざかる子供の声を見送って秘密基地にも夕闇せまる

015:秘密(鈴雨) (鈴雨日記)
秘密とは睫の陰に宿るゆえ まつげ濃き女(ひと)うらやましきを

015:秘密(Yosh) (★光に向かって★)
君と僕 秘密の倉を持つ故に 身は触れれども 寄り添えぬ心

015:秘密(柴田匡志) (明日はきっといいことがある)
マラドーナの魔法の手が点入れる今となっては秘密の一点

015:秘密(まつしま) (心の空)
ささやかな秘密です。ほしければさしあげます。好みのリボン色おしえてね。

015:秘密(島田久輔) (裏庭のきりぎりす)
平凡に終れる模様 特別な秘密も聞かず加担もせずに

015:秘密(野良ゆうき) (野良犬的)
満月は今宵静かな共犯者 主犯は誰であるかは秘密

015:秘密(まつしま)再投稿 (心の空)
ささやかな秘密だけれど、ほしければさしあげますよ。好みのリボン色おしえてね。

015:秘密 (青野ことり) (こ と り の ( 目 ))
本当に秘密のことは端緒さえ握らせないと空を仰いで

015:秘密(水須ゆき子) (ぽっぽぶろぐ。)
またひとつ春の秘密を掘り返し小猫は庭を跳ねながら消ゆ

015:秘密(スガユウコ) (ココロに花を)
胸の奥の秘密のドアの合い鍵をちらつかせては奪い取る罠

015:秘密(みなとけいじ) (海馬)
ふらんすの秘密結社のふらふーぷ非日常会話なら出来なくはない

015:秘密(原田 町) (カトレア日記)
われのみに打ち明けられし秘密とか思っていたが皆な知ってた

015:秘密(改行やたら好きな人) (骸骨レイアウト)
 お願いだ  赤らめ面を 見せてくれ  秘密の内に 用があるのだ

015:秘密 (水沢遊美) (ふんわりんさまの想ひ人)
ぼくの背に天使の羽がはえてきた ママにも内緒の秘密のはなし

015:秘密(五十嵐きよみ) (ドン・ジョヴァンニはアリアを歌わない)
ささやきは秘密めかしてご自慢のバリトンの声ひびかせながら

015:秘密(愛観) (ひ と ひ ら こ と ば)
明日には忘れる秘密 指切りの小指絡める必要もない

015:秘密(スガユウコ)再投稿 (ココロに花を)
胸の奥の秘密のドアの合い鍵をちらつかせてはもてあそぶ罠

015:秘密(みゆ) (*** ことばあそび ***)
初恋の存在さえも知らぬ頃 君と作った夢秘密基地

015:秘密(ふしょー) (DEATH IS A LONELY BUSINESS)
あなたには知られたくないことばかり 秘密じゃなくて機密レベルの

015:秘密(松本響) (春色ぶれす SIDE-D)
金色のうさぎを探す少年は秘密の森で地球と出会う

015:秘密(きじとら猫) (きじとら小部屋)
路側帯はみ出しているわが恋は秘密じゃなくて機密レベルで

015:秘密 (なかた有希) (* にじのかかるばしょ *)
嘘をついたりつかれたり。秘密にするのかんたんね、残酷ね、ごめん

015:秘密 (てんの短歌部屋)
白妙のもうふで包め秘め事は秘密にするから楽しい秘密

015:秘密(本原隆) (それについて)
バラしてもあまり痛がらないことを選んで出したあたりが秘密

015:秘密(方舟) (方舟)
情報も資金の出所も秘密とふこと多かりき政治の不思議

015:秘密(翔子)    (花こみち)
持ちきれずシュッレダーに少しずつ秘密投げ込む桜咲いたら

015:秘密(ぱぴこ) (テクテク)
離れたらほどけてしまう耳たぶに蝶々結びで繋いだ秘密

015:秘密(西宮えり) (aglio-e-olio)
フラスコでなく庭の百葉箱の中で秘密は生まれ忘らる

015:秘密(花夢) (花夢)
僕たちはだれもが通る公園に隠した秘密らしい秘密を

015:秘密(田崎うに) (楽し気に落ちてゆく雪)
秘密抱き白と白とで重ね合うハクモクレンはただ咲き過ぎず

015:秘密 (夜さり) (夕さり夜さり)
カノポスの壺に乾びし秘密ありミルラのにほひ濃くたたしめて

015:秘密(みずすまし) (水紋)
 あの川もカメラとおして切り取れば不思議ひろがる秘密の世界

015:秘密 (素人屋雑貨店)
校庭の桜の幹の裏側に卵を産んだ 誰にも秘密の

015:秘密(遠山那由) (百億粒の灰の鳴る空)
世の中にあるなら見たい他ならぬ私一人にしかない秘密

015:秘密 (紫峯) (時空の扉)
嗚呼君よ いかなる時空へ繋がりて秘密を持ちて立ちはだかるや...

015:秘密(おとくにすぎな) (すぎな野原をあるいてゆけば)
ひとんちの庭にうずめたロウネンドひとつ秘密の場所がほしくて

015:秘密(飯田篤史) (ひこうき雲)
ほら海がひかりをかえすぼくたちのちいさな春の秘密のように

015:秘密(月影隼人) (人間万事塞翁が馬)
パンドラの箱に秘密を詰め込んで隠しておこう君の前から...

015:秘密(みにごん) (MINI\'S LIFE blog)
秘密なら腐るほどある 朽ちてゆく植木が私達を見ている

015:秘密(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
裏切りを後生大事に抱え込む秘密にするな お前はお前だ

015:秘密(新野みどり) (明日は明日の風が吹く)
公園の隣にあった秘密基地木々の青さが記憶に残る

015:秘密(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園 ー題詠百首のためにー)
  意味もなく秘密めかせば白蓮の咎めるような薄暮に二人  

015:秘密(川内青泉) (青泉の部屋)
子供らの秘密基地を捜す春意外な物を見つけ驚く

015:秘密(kitten) (kitten song)
僕は文字と逢瀬する夜の図書館の秘密の閲覧室で

015:秘密(振戸りく) (夢のまた夢)
黄昏の秘密は甘いメープルの香りをさせて君をいざなう

015:秘密(空色ぴりか) (題詠100首blog/空色ぴりか)
なぜ人は戦うことをやめられない?すべては神の企業秘密か

015:秘密(斉藤そよ) (つれづれつづり)
快活にまはるはぐるまかたときも秘密めかないものであらんと

015:秘密 (たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
手は繋がないくみ交わす眼差しでこれみよがしに秘密にしようね

015:秘密(ことら) (ことらのことのは)
初めから離れゆくこと定められ星は淋しき秘密を燃やす

015:秘密(みの虫) (みの虫が居る「書」のぷらぷら道)
うすものの縫いとりのごとかさねつつ秘密をまもるをみなの眸

015:秘密(みの虫)再投稿 (みの虫が居る「書」のぷらぷら道)
うすものの縫ひとりのごとかさねつつ秘密をまもるをみなの眸

015:秘密 (夢幻泡影)
「ねぇ君さ、好きな人いる?」「秘密です」「そ、そうなんだ」「はい、秘密です」

015:秘密(animoy2) (~うたよみ日記(短歌とともに)~)
「秘密だよ。」ささやく子供。 独白(モノローグ)『大人になれば口にださない。』

015:秘密(素人屋) (素人屋雑貨店)
校庭の桜の幹の裏側に卵を産んだ 誰にも秘密の

015:秘密(ユメハ) (夢見堂)
秘密だよ 君が私を好きなこと 私も君が… あっ、秘密だよ!?

015:秘密(藤原 湾) (湾の歌詠の日々。)
引き出しにそっと忍ばす秘密たち それも今なら良い思い出か

015:秘密(よっきゅん) (よっきゅんの100首)
バカヤロウ パパに秘密と 言っただろう 笑顔でバラす 子供が憎い

015:秘密 (佐藤紀子) (「題詠100首blog」参加作品)
母われに秘密いくつか持ち始め娘が少し美しくなる

015:秘密 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
ささやかな秘密ならある赤坂と新大阪で ふふふ言えない

015:秘密(史之春風) (はちぶんめblog)
15歳誰も知らない秘密持つ コンビニでしか扱ってません

015:秘密(佐原みつる) (あるいは歌をうたうのだろう)
縁側に丸くひかりの注がれて誰の秘密も暴かれる春

015:秘密(秋野道子) (気まぐれ通信)
おごそかに裏庭の鉢どかしたら鍵あらわれる秘密の時空

015:秘密(みち。) (虹色アドレナリン。)
とうめいの秘密を共有するようなサラリーマンの長い行進

015:秘密(小原英滋) (過去と現実)
ぷっつりと切れてしまったぼくたちの秘密の糸が首に巻きつく

015:秘密(やすまる) (やすまる)
君により花の秘密は隠されたミントブルーのジャケットの裏に

015.秘密 文月万里 (Kagerou つれづれ)
秘密などありすぎるから何がほんとうか偽りなのか誰が知ろうか

015:秘密(まゆねこ) (家事、ときどき短歌)
マミィにはひみつと孫の重大な秘密にふふふ笑い堪える

015:秘密(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
魔法瓶のぞけば光るいびつな目秘密を知った僕を見上げる

015:秘密(みあ) (言の葉たち)
悪いけど秘密くらいはもってるの Adam\'s Apple見せちゃってもね

015:秘密(田丸まひる) (ほおずり練習帳。)
ひだまりのにおいの秘密聞かされるときゆるやかに上がる体温

015:秘密(みあ) 再投稿 (言の葉たち)
悪いけど秘密くらいはもってるののどチんこまで見せちゃってもね

015:秘密(はるな 東) (菜の花の道)
一生涯貫き通す秘密ですだからこのまま抱いていきます

015:秘密(くろ) (鎌倉日記)
母を乞ひ夜泣くわれに祖父がくれし秘密薬ほのかラムネの香せり

015:秘密(堀 はんな) (たん たん 短歌)
君が好き然はいへどまだこの想い秘密の箱に仕舞ひけるかな...

015:秘密(山本雅代) (BONY ELBOS)
右耳の右の角まで曲がったら犀のように秘密は巡る

015:秘密(ざぼん) (グレイト・エスケイプ!)
秘密とは風切りの羽 君の好きな花を手折って基地へと急ぐ

015:秘密(村上はじめ) (spidyな日々)
秘密って思ったほどに甘くない 例えるならばセミスイートチョコ

015:秘密(ゆあるひ) (ゆあるひの鍛高短歌4)
昔々空き地に造りし秘密基地今は心の中に造りぬ

015:秘密(魚虎) (脳内に散らばり在りし言の端をDJ的感覚で編む棄てるダム)
春の夜に抱きしめていたいその涙こまかく割った秘密を溶かせば

015:秘密(栗凛) (ス芸紙一重?)
聞こえないような小声で呟くの あたしひとりのホンネは秘密

015:秘密(濱屋桔梗) (桔梗の独白)
この場所は誰にもいわぬ僕だけの秘密のはずが、君も来ていた!

015:秘密(飛鳥川いるか) (しぐなすの短歌感電ノート)
「空の雲はマシマロですかほんとうは神さま教えてくざさい(秘密に)」

015:秘密(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
月甘くほたる舞う夜はほろ酔いで君と秘密の声聞かせ合う

015:秘密(凛) (臥薪嘗胆)
幼き日のロマンに満ちた秘密基地 長じて見ればただの洞穴(ほらあな)

015:秘密(yasubow) (忘れえぬ人々)
顕わなる秘密はむごく身動がず母の座れる日向にひとつ

015:秘密(舞姫) (Thirty One 題詠100首置き場)
幼少のころは『秘密』がうれしくて何万回と小指をきった

015:秘密(逢森凪) (みそじのみそひともじ)
たくさんの秘密を二人で育てましょう そっとそうっと壊さぬように

015:秘密(瑞紀) (歌信風(かしんふう))
オーブンにレモンケーキがふくらめり気泡の中に秘密を閉ぢて

015:秘密(赤い椅子)mamaGON (赤い椅子)
口に手をあてて秘密よあのねのねお漏らししたこと内緒のはなし

015:秘密(つきしろ) (halcyon days)
黒猫は塀の上から飛び降りた アナタノ知ラナイワタシノ秘密

015:秘密(Ja) (chapaとchaiとJaの生活)
吾の居らぬスキにアイスを食った父子ゴミ箱語る男の秘密

015:秘密(そばえ) (日照雨)
ひっそりと咲くきみの秘密かただんご・猪の舌・春の妖精

015:秘密(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
おとうとの秘密をあばく悦びよ暮れゆく窓をうしろ手に閉づ

015:秘密(癒々) (Romantic irony)
壊れないようにそぉっと吹き入れたしゃぼんの球は秘密色して

015:秘密 (にしまき) (びおん書局 ※にしまき※)
秘密だといった時点で秘密ではなくなることを知る女子トイレ

015:秘密(芹澤京乃) (りなときょうのの迷走記録。)
背も伸びて男振り上げたあいつとの待ち合わせ場所は秘密基地跡 

015:秘密。  (P) (猫の毛玉 別荘 -しろうとたんか-)
愛してる ゆえに心にとどめるは 余計な傷を秘密にしたく

015:秘密(寺田 ゆたか) (素浪人Joeのスローライフ)
・駅を出る 路地の酒肆(さかみせ)ちょっと寄る どってことない小さい秘密

015:秘密(村上きわみ) (北緯43度)
雨ばかり降る町へゆき軒下に秘密そだてて暮らしましょうか

014:秘密(市川周) (ミルミルを飲みながら)
西高の秘密兵器は三年間秘密のままで蛍のひかり

015:秘密(笹井宏之) (【些細】)
ポテトチップスのふくろにはいってる秘密の数をかぞえあう夜

015:秘密(今泉洋子) (sironeko)
萩吹雪そこで止みたる繋ぎ目に鳥獣戯画の秘密めきたる

015:秘密(美里和香慧) (     Popん?TANKA)
秘密めく青い月の悪戯 かげぼうしゆれのこるくちづけ

015:秘密(我妻俊樹) (喜劇 眼の前旅館)
あるときは秘密があると顔に出る姉妹が送り合う果たし状

015:秘密(濱屋桔梗) (桔梗の独白)
この場所は誰にもいわぬ僕だけの秘密のはずが、君も来ていた!

015:秘密(小早川忠義) (ただよし)
秘密などあらぬがよしといへずして恋人以外の肌に触れむとす

015:秘密(矢野結里子) (Leaf-Life-Feeling)
公然の秘密をふたつ持ったなら 女ひとりで食べていけるよ

015:秘密(yurury**) (Scene-Flow into space*写真短歌・五行詩)
白日下(か)秘密強か繁茂せり明日なき道を濃く染む新緑

015:秘密(あおゆき) (メソトリウム)
影のない街で秘密は許されぬ 砂は嗤ったさささささささ

015:秘密(David Lam) (でたらめなうたどもよ!)
「最大の秘密は そうだな ヤフオクであれ四千円で売ったこと」  

015:秘密 (保井香) (パパは乳牛屋)
円満な家族を作る調味料 感謝の気持ち 適度な秘密

015秘密(クロエ) (90%の幸福)
心の中にも証拠を残さずに守れる秘密があるだろうか 

015:秘密 (短歌 富士山麓より)
授業中秘密めかして回される「手紙」の中身の哀しき幼さ...

015:秘密(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
授業中秘密めかして回される「手紙」の中身の哀しき幼さ...

015:秘密(ひろこ) (ひろたんの創作日記)
秘密事隠したつもりがすぐ分かり叱られ少し安心している

15:秘密(ふふふふふふふ) (題詠マラソン2006)
母にだけうちあけてみたき秘密あり 邪恋不倫と便箋に書く

015:秘密(寒竹茄子夫) (鶴太屋別館「マニエリスム」)
悪友の秘密うすずみの蝸牛(くわぎう)が這へり耳掻きさがす永遠(とは)の父

015:秘密(夢眠) (夢眠・日々綴り)
閉じ込めた私の秘密隠せない内緒事ほど言えば荷が降り

015:秘密(村本希理子) (きりころじっく)
あまい秘密苦いひみつを手放せず蒸散してゆく愛を憎んだ

015:秘密(濱田花香) (紅葵爽♪)
疎(うと)ましき。秘密持ちたく迫る奴 不倫に恋する、さがなおのこハ

015:秘密(twinkle) (◆kirakira)
うすぐらい洞窟の奥、黄金の部屋あり秘密かくるんさきーど

015:秘密(星桔梗) (風船がわれるまで)
指と指絡めて秘密の約束を£けて(ほどけて)忘れて過去に戻れぬ

015:秘密(折口弘) (はっちんずBLOG)
好きという僕の気持ちは宝物 君が秘密にしてくれたから

015:秘密(ちゅう) (ちゅう …ノラのつぶやき…)
あの頃は白黒テレビ覗き込む ガウンの下の「私の秘密」を

015:秘密(桑原憂太郎) (桑原憂太郎.com)
A子には内緒にしてとB子からそつと告げらるC子の秘密

015:秘密(黄菜子) (月待ち人の窓辺)
ぬれやすき頬ふれさせてこの胸の秘密もらさず朝霧の立つ

015:秘密(びっきい) (チョキで殴るぞ!)
「秘密」には「必」が二つも潜んでる 「必ず守れ!」ということなのだ

015:秘密 (その言葉の行方)
つながりを失う夜に読みかえすかつて秘密と呼んだ約束

015:秘密(小籠良夜) (DARKSIDE OF THE MOON)
蒼白き月の下にて見つめ合う秘密結社の会合に似て

015:秘密(ヒジリ) (*tRIGger.)
秘密ほどありふれていて滑稽な恋の媚薬はみたことがない

015:秘密 (ケビン・スタイン) (In Other Words・別の言葉で)
蜘蛛の巣にたまにテントウ虫をやる君の秘密はそこまで知ってる

015:秘密(和良珠子) (the strange of stranger)
二つ目の携帯は片手に重いひときわ甘い秘密を含んで

015:秘密(理宇) (±籠)
此の恋は誰にも秘密なのでした、朝顔が咲き、見ず散るように。

015:秘密(黒田康之) (今日の、おUTA)
秘密など何ひとつないオムレツをラスカルの皿に盛ると崩れた

015:秘密(新藤伊織) (月が堕ちるころ)
何時間後には答えが出てるはず秘密上手なあなた 帰るね

015:秘密(日和小春) (こは短歌)
身体中秘密を着てた左手の薬指から秘密を外す

015:秘密(本田瑞穂) (空にひろがる枝の下から)
すこしずつみんなかわっていくことを秘密とよんでお祝いにする

015:秘密(あんぐ) (あんぐの短歌)
秘密です 君の愛する我が髪が中国産のウィッグなのは

015:秘密(澁谷 那美子) (題詠100首に参加中)
貴方との恋は誰にも秘密です でも少しだけ知られてみたい...

015:秘密(やな) (やなさんの基地)
ささやかな言葉全てが血の色の海へと沈みゆく秘密の恋

015:秘密(智理北杜) (智理北杜)
秘密裏に一部の輩が決めちまいあとは形式ばかりの会議...

015:秘密 ベティ (Betty's second Bar)
くちびるに零れてくるのきのうまでの秘密 きょうから事実 あいしてる

015:秘密(わかば) (わかばのうた)
秘密などひとつもないわだってもうあなたに恋なんてしてないもの…

015:秘密 (酒童子) (酒童子「歌」ワールド)
天の上までも抱きたる覚悟の秘密数えし指は仄白き

015:秘密 (酒童子) (酒童子「歌」ワールド)
天の上までも抱きたる覚悟の秘密数えし指は仄白き

015:秘密 (砺波湊) (となみ☆みなと)
閉架書庫のいちばん奥に利用者の前世の秘密をしたためました

015:秘密(goldfish) (月と金魚鉢)
あなたには秘密はないの?職場からすぐさま甘い言葉が届く

015:秘密(新谷休呆) (新谷休呆の短歌の部屋)
お手製のカレーの中にゴキブリが一度落ちたは秘密なりけり

015:秘密(新谷休呆) (新谷休呆の短歌の部屋)
お手製のカレーの中にゴキブリが一度落ちたは秘密なりけり

015:秘密(るくれ) (とっても単純なこと)
秘密基地にわたしがいくと草原はきっとまた雨あめおんなだから

015:秘密(渡邉建太) (nostalgie)
ロワシーから杏のタルトを空輸して君が来るまで秘密にしておく

015:秘密(なまねこ) (路地裏稼業)
あの話本当なの?と問うてみる企業秘密と微笑うモナ・リザ

015:秘密(内田かおり) (題詠2006深い海から)
嬉しそうな目を合わせればクスクスと肩のあたりに秘密が光る

015:秘密 (落合朱美) (言の葉帖)
秘密よとひとさし指で唇に触れてふたりは共犯者になる

015:秘密(もけこ) (!セバスチャンの暴挙!)
ほほ笑みの人の抱える何通りものルートたどる秘密のチャート

015:秘密(幸くみこ) (そこそこがんばる)
競走馬の首のあたりにあるという秘密のボタンをFは知らない

015:秘密(しょうがきえりこ) (GakiDay's TANKA)
秘密基地づくりもやってみたかった ゴム飛びをする合間なんかに

015:秘密(新明さだみ) (ぬ ま み み)
仄かなる死の匂いして秘密めく男の被る髪は贋物

015:秘密(星川郁乃) (Air Station)
どこからか漏れてゆくものひそやかに秘密零れる初夏のきらきら

015:秘密(もりたともこ) (短歌、すきです。)
熱すぎる時期(とき)を迎えて氷塊のなかの秘密が流れ出てゆく

015:秘密(繭) (hallo hallo!!)
未練あるそぶりは見せない 今ひとりこうして泣いてることは秘密よ

015:秘密 (鳴井有葉) (そのための日記)
喜びと悲しみ混ざる僕たちの秘密は肉の奥に隠した

016:せせらぎ (鳴井有葉) (そのための日記)
心には正しい罪をまっすぐな背中に背負うせせらぎは声

015:秘密(路喜) (水陸両用)
末弟の赤のこばこは開かれずひみつは今日もひみつのまま

015:秘密(cocoa) (cocoaのうたにっき)
みみずくの目をふさぐのだ暗がりにうごめく森の秘密警察

015:秘密(あめあがり) (あおいかいだん)
暑き日に誰(た)が落としつる秘密とて地にくっきりと影を残せり

015: 秘密 (ひらそる) (*ひねもすもずく*)
煉瓦塀 バラの香ぬけて建つ墓地に秘密を隠しに通う黒猫  

015:秘密 (お気楽堂) (楽歌三昧)
角棒で警官殴り火炎瓶投げていたこと今でも秘密

015:秘密(眞木) (ひとりももうた)
約束でもあるかのように出かけゆく猫の秘密をあばいてみたい

015:秘密(日下智世) (万美愛任叶結実)
中川のほとりで初めて口づけた二人だけの秘密の出来事。

015:秘密(本田あや) (明晃晃)
秘密基地訪れたのは12月 草の匂いがした目を閉じていた

015:秘密(白辺いづみ) (Iduming☆World)
三毛猫の目は前世の十五夜と愛の秘密を宿して静か

015:秘密(萌香) (空の青さをみつめていても)
  知りたくて知られたくないお互いの秘密を暴くその指先で

015:秘密(岩井聡) (North Marine Drive)
風邪声の秘密(小音楽室の窓の銀河に口づけたこと)

015:秘密 (如月綾) (お気に召すまま)
テールランプ5回のような二人だけの秘密の暗号 ねぇ決めようか?

015:秘密(Harry) (四月なかなか)
真言はmantraの訳、密教で真理を表す秘密の言葉

015:秘密(碓井和綴) (雨歩日記)
密の字は蜜の味にも似て秘密とは広めたき者の呪文か

015:秘密(瀧口康嗣) (可燃性連鎖)
人間でいいです現場から遠い秘密を持った肉でいいです

015:秘密(長岡秋生) (廊下に座る)
告げられぬ秘密を乗せて夏の空輝きはじめるエアーフランス

015:秘密 (蝉の声)
深山(みやま)にてミヤマクワガタなりしことを都会に出てより知りしは秘密

015:秘密 (納戸)
この道具を何に使うか秘密です 大人になったら教えたげます

015秘密(帯一 鐘信) (361℃)
 皺の奥みんな知ってる秘密ほど素敵なものを朝日が隠す

015:秘密(小太郎) (ねこのにくきゅう)
着信の番号眺めオフにする君の秘密を握る携帯

015:秘密(佐藤羽美) (one hundred gumdrops , elephants and sandals)
てかてかのレインコートで逃げ込んだ秘密結社のビルの階段

015:秘密(わたつみいさな。) (乱切りくじら)
君にだけ知られたくないバラしたい花園、それを秘密というの

015:秘密(橋都まこと) (笑って東京サヴァイヴァル)
秘密などもう抱きたくない はなしたい 骨まで透ける魚のように

015:秘密(長沼直子) (うたかたの日々*短歌 題詠100首blog*)
秘密ならきりがないほど多すぎて たとえば、きみをすきなこととか

015:秘密(のんちゃん) (のんちゃんの衣裳部屋裏)
午後2時はキャベツのアクビ何処までも眠りに落ちる上司に秘密よ!

015:秘密(門哉彗遥) (Nambo no Monya?)
秘密持つ蛍舞う夜は川底の青いガラスよまあるくナミダ

015:秘密(のんちゃん)再投稿堪忍! (のんちゃんの衣裳部屋裏)
急な旅に下着を忘れる入浴後裏返して履く『秘密のパンツ』

015:秘密(浅井あばり) (ギンガムクロス)
いずこかに秘密のたまる愛おしさ腕から順にみずを拭えば

015:秘密 (心を種として)
隠そうとしても唇ついて出る恋の秘密は目立ちたがり屋

015:秘密(たかし) (短いが身近というお話)
月昇り秘密の時間そっとそっと二階の窓に小石を投げる

015:秘密(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
神様が秘密の絵の具を使ったら空には虹がかかるんだって

015:秘密(田咲碕) (いたずらっこ)
その声が秘密ひとつぶ産む度に距離が離れる 引力は増す

015:秘密(オオタセイイチ) (angle。)
真言は秘密の呪文と教えらる満員電車でひとり呟く

015:秘密(究峰) (思い浮かぶがままに)
今日もまたネット世界に流れ出る秘密情報我に縁無し...

015:秘密 あいっち (詠題100首blog-あいっちのうたあそび。)
「君だけに」とちいさき秘密を明かされてはじまる恋を次はしてみむ

015:秘密(柴田菜摘子) (パイロットランプ)
愛し合うことを秘密にするなかで指先がふれたときの感覚

015:秘密(pig_pearl) (ブタに真珠)
その笑顔 何をたくらむ 笑顔なの? 君の秘密は 何でも許す

015:秘密(toshie) (題詠100首blog)
ありのままをきみに言えないなぜだろう秘密の関係の深さのためか

015:秘密(フワコ) (きくとわたし)
ありふれた秘密ばかりを詰めこんで少女のかばんはいつでも重い

015:秘密(けこ) (あきのうた声)
光る露 与えしことも その味も ただコスモスと蜂との秘密

015:秘密(湖雨) (waffle)
そのあとの余韻まどろむ秘密さへ空っぽにされ転がるふたり

015:秘密(林本ひろみ) (いきがかり上いたしかたなく・ぶろぐ)
秘密など何もないような顔をして画材をさがす午後の草むら

015:秘密(透明) (limerence)
秘密とはこの世にないのと同じこと秘密は秘密にするから秘密

015:秘密(shall3) (山歩き録)
秘密の木 クワガタ居りし 山の木に 静かな午後の 秋風吹ける

015:秘密(椎名時慈) (ワレ短(壊れ短歌))
本当にあげたいものは指輪とか鞄じゃなくて小さな秘密

015:秘密(大辻隆弘) (大辻隆弘 題詠100首のために)
秘密ならもうよい言はなくとも良い、あらゆるものは我を飽かしむ

015:秘密(瀧村小奈生) (陽だまりのふちっこで)
わたしならまだだいじょうぶあの夏の風のにおいを秘密にしてる...

015:秘密(まほし) (うた・たね)
ペタンコのかばんに猫をつめこんで秘密の旅に走れよワタシ

015:秘密(池田潤) (神様、ぼくは。)
君と同じ秘密を持っているけれど君とは違う理由で走る

015:秘密(美鈴) (大和撫子)
愛すれば 全て理解し 生きたいと 互いの秘密 知る由もなし

015:秘密(ゆづ) (透明ランドセル)
ふたりだけの秘密あしたも逢いましょう桜の下でゆびきりをした

015:秘密(minto) (@100@)
好物も趣味もすべて秘密にし個人情報ますます細る

015:秘密 (象と空)
あの頃の秘密たっぷり詰め込んだ古都のビルいま潰されていく

015:秘密(神川紫之) (圏外圏)
「秘密などないよ」と言って種を蒔き「春が来たならわかる」とわらう

015:秘密(野田 薫) (さしあたり大丈夫)
透明な夏の秘密がラムネ瓶の中でかすかに音を立てるの

015:秘密 (香山凛志) (東京パピヨン)
小さめの秘密のように抱いているもはや擦りむくこともない膝

015:秘密(浅葱) (空耳の森*番外地)
秘密なら両手に余る程ありて「君を愛する理由」もひとつ

015:秘密(平岡ゆめ) (le petit cahier)
「秘密なの言わないでよね」という台詞くっついたまま広がる話

015:秘密(御厨しょうこ) (哀よりも愛 愛よりモアイ)
貴方への秘密が一つ増えるたび100円貯金をすることにした

015:秘密(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
ほら秘密かくしもつから牛乳も沼もあなたも底がみえない

015:秘密(現川尋香) ミミシャーの部屋  題詠100首blog (ミミーシャの部屋)
あいちゃんとボローネちゃんは秘密の関係恋人だったらまたまた失恋

015:秘密 杉山理紀 (2006R57577)
完全な秘密の在り処何処からか与え続ける愛の処刑を

015:秘密 (nine) (songs)
走り出す地下鉄電波がとぎれたら邪魔者はいない秘密を交わそう

015:秘密(神ヤ飛魚) (飛魚の徒然なるまま日記)
秘密とは二人で持つからちょうどいい いつか二人が捨てる日来ても

015:秘密(千) (Mille et une nuits―題詠100首blog)
夫以外会いたき人も居なくなり秘密を持たぬ平らかな日々

015:秘密(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
『小説の秘密をめぐる十二章』華ある一冊身めぐりに置く (河野多惠子 文芸春秋)

015:秘密(春村蓬) (風見鶏)
始まりと終はりは同じであるといふ秘密を残す君のくちづけ

015:秘密(久野はすみ) (月の融点)
黒蜜の匙をふくめば秘密めく彼と彼女とわたくしの午後

015:秘密(中野玉子) (薔薇がなくちゃ生きていけない)
ねえちゃんが聞き取れぬほどふにゃふにゃと僕の秘密を歌っているよ