だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが…。
関東を中心に釣りや散策に出掛けていましたが…。
熊本県民になりました。

梅の木轟の滝 (熊本県八代市)

2021年09月25日 | 散策記
今回は熊本県八代市泉町にある五家荘に行ってみた。
五家荘は「九州の秘境」とも呼ばれ、九州中央山地の山間にある、
久連子(くれこ)・椎原(しいばる)・葉木(はぎ)・仁田尾(にたお)・樅木(もみぎ)の5つの地区の総称である。
壇ノ浦の戦いに敗れた平清経(平清盛の孫)が逃げ延びて里を作ったという平家の落人伝説の里として知られている。
また、紅葉の名所としても知られ、紅葉の時期には多くの観光客が訪れる。

平家の里を見学した後は「梅の木轟(とどろ)の滝」に行ってみた。

 
梅の木轟の滝へ渡るために造られた、橋長116m、高さ55mの梅の木轟公園吊橋。

(現地解説板)
   梅の木轟 (うめのきとどろ)
梅の木轟は、清涼で豊富な水が高さ38mの断崖の岩肌を轟音と共に流れ落ち、自然の雄大さを感じさせます。
また、梅の木轟の滝は遊歩道や吊橋が整備されるまでは、山道もなく人里離れた渓谷で、「幻の滝」とも伝えられていました。

 
滝までは遊歩道が整備されている。水量も豊富で美しい滝である。

五家荘周辺では滝のことを轟(とどろ)と呼んでおり、栴檀轟(せんだんとどろ)と並び泉町を代表する滝である。


帰路途中で峠の茶屋 東山本店に寄って五家荘名物である豆腐の味噌漬けを買って帰った。
豆腐の味噌漬は、平家落人の末裔が厳しい生活の中で保存食として編み出したと言われる食品のようだ。


以前にも似たようなものを買ったことがあった。微妙である。

今自分が住んでいる八代市は人口120,000人以上の熊本県内第2位の都市で、市街地では首都圏とさほど変わらない生活ができる。
しかし、市街地を少し離れると、八代海、球磨川、五家荘など非常に自然豊かな地域である。
五家荘も同じ八代市内であるが、市街地からは車で1時間半ほど掛かる。

【散策地データ】
名称:「梅の木轟の滝」
所在地:熊本県八代市泉町葉木
形態:滝
見学可能時間:常時開放
駐車場:有(無料)
コメント

樅木の吊橋・平家の里 (熊本県八代市)

2021年09月25日 | 散策記
今回は熊本県八代市泉町にある五家荘に行ってみた。
五家荘は「九州の秘境」とも呼ばれ、九州中央山地の山間にある、
久連子(くれこ)・椎原(しいばる)・葉木(はぎ)・仁田尾(にたお)・樅木(もみぎ)の5つの地区の総称である。
壇ノ浦の戦いに敗れた平清経(平清盛の孫)が逃げ延びて里を作ったという平家の落人伝説の里として知られている。
また、紅葉の名所としても知られ、紅葉の時期には多くの観光客が訪れる。

「緒方家」を見学した後は、樅木地区にある「樅木の吊橋」と「平家の里」に行ってみた。

 
あやとり橋。橋周辺は遊歩道が整備されている。

「樅木の吊橋」は、五家荘の樅木地区を流れる川辺川に架かる親子吊橋で「あやとり橋(橋長72m・高さ35m)」と
「しゃくなげ橋(橋長59m・高さ17m)」を合わせた呼び名である。

もともとは地元住民の生活のために使われていた、藤の蔓や竹を編んで作られた原始的な かずら橋であったが、
1988年(昭和63年)に観光用として地元の杉や栗の木を使った現在の「あやとり橋」に架け替えられ、
さらに1989年(平成元年)に「しゃくなげ橋」が架けられてからは、親子吊橋として五家荘有数の観光スポットになっている。

 
あやとり橋                               あやとり橋(上段)と しゃくなげ橋(下段)


「樅木の吊橋」を見学した後は「平家の里」に行ってみた。

 

「平家の里」は、五家荘に伝わる平家伝説や昔の暮らしを紹介する施設で、豊かな自然に囲まれた敷地内には、
地域内から移築した茅葺屋根の古民家が並び、納屋には古い道具などが展示されており、昔の山での暮らしに触れる事ができる。
また、資料館では平家伝説にまつわる歴史などが説明されている。

 
資料館と能舞台                           資料館の内部

 
移築古民家では食事もできる。         久連子地区で300年以上にわたって飼い続けられてきた久連子鶏も飼育されている。

【散策地データ】
名称:「平家の里」
所在地:熊本県八代市泉町樅木160−1
形態:郷土博物館
開館時間:4月~11月 9:00~17:30 12月~3月 9:30~17:00
入館料:大人(高校生以上)410円 小人(小中学生)200円
休館日:12月29日~1月3日 毎週火曜日(ただし祝祭日の場合はその翌日)
駐車場:有(無料)
コメント

緒方家 (熊本県八代市)

2021年09月25日 | 散策記
今回は熊本県八代市泉町にある五家荘に行ってみた。
五家荘は「九州の秘境」とも呼ばれ、九州中央山地の山間にある、
久連子(くれこ)・椎原(しいばる)・葉木(はぎ)・仁田尾(にたお)・樅木(もみぎ)の5つの地区の総称である。
壇ノ浦の戦いに敗れた平清経(平清盛の孫)が逃げ延びて里を作ったという平家の落人伝説の里として知られている。
また、紅葉の名所としても知られ、紅葉の時期には多くの観光客が訪れる。

「左座家(ぞうざけ)」を見学した後は、椎原地区にある「緒方家」に行ってみた。

 
茅葺屋根の立派な屋敷である。

「緒方家」は、壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平清経の子孫の一人である緒方紀四郎盛行が隠れ住んだ屋敷といわれている。
平清経は壇ノ浦の戦いの後、五家荘の樅木に逃げ延び、姓を緒方に改めた。
その後、その子孫3人が久連子・椎原・葉木の3地区に住みつき支配した。
この建物は約300年前に建てられた屋敷で、合掌造りの中でも珍しい兜造りの屋敷で、
2階に隠し部屋などがある武家屋敷となっており、平家の落人の暮らしを垣間見ることができる。

 
なぜか平清盛が座っていた 。                  2階の隠し部屋。

五家荘は、伝承によれば菅原道真の子孫が「左座氏(ぞうざし)」を称して仁田尾・樅木を治め、
その後、平清経の子孫が「緒方氏」を称して久連子・椎原・葉木を治めたと伝えられている。

【散策地データ】
名称:「緒方家」
所在地:熊本県八代市泉町椎原46
形態:古民家
開館時間:4月~11月 8:00~17:30 12月~3月 9:00~17:00
入館料:大人(高校生以上)200円 小人(小中学生)100円
休館日:12月29日~1月3日 毎週火曜日(ただし祝祭日の場合はその翌日)
駐車場:有(無料)
コメント

左座家 (熊本県八代市)

2021年09月25日 | 散策記
今回は熊本県八代市泉町にある五家荘に行ってみた。
五家荘は「九州の秘境」とも呼ばれ、九州中央山地の山間にある、
久連子(くれこ)・椎原(しいばる)・葉木(はぎ)・仁田尾(にたお)・樅木(もみぎ)の5つの地区の総称である。
壇ノ浦の戦いに敗れた平清経(平清盛の孫)が逃げ延びて里を作ったという平家の落人伝説の里として知られている。
また、紅葉の名所としても知られ、紅葉の時期には多くの観光客が訪れる。

まずは仁田尾地区にある「左座家(ぞうざけ)」に行ってみた。

 

左座家(ぞうざけ)は、平家の落人伝説よりも先に、菅原道真の末裔が村を開き、暮らした屋敷と伝えられている。
菅原道真の2人の子が、藤原一族の追討を避けるため、兄である菅宰相が仁田尾に逃げ隠れ住み左座太郎と名乗り、
弟であった菅千代丸は菅次郎と改名したのち、姓を左座に改め樅木を支配したと伝えられている。
この建物は約200年前に建てられた屋敷で、菅原家の家紋である梅の文様や3つの玄関などの独特の造りを見る事ができる。
また、屋敷内には古文書も展示されている。

 

五家荘は、伝承によれば菅原道真の子孫が「左座氏(ぞうざし)」を称して仁田尾・樅木を治め、
その後、平清経の子孫が「緒方氏」を称して久連子・椎原・葉木を治めたと伝えられている。

【散策地データ】
名称:「左座家」
所在地:熊本県八代市泉町仁田尾65
形態:古民家
開館時間:4月~11月 8:00~17:30 12月~3月 9:00~17:00
入館料:大人(高校生以上)200円 小人(小中学生)100円
休館日:12月29日~1月3日 毎週火曜日(ただし祝祭日の場合はその翌日)
駐車場:有(無料)
コメント

うきうき豊野ひまわり園 ・ 相良神社 (熊本県宇城市)

2021年09月22日 | 散策記
布田川断層帯に行った帰路途中で「うきうき豊野ひまわり園」にも寄ってみた。
「うきうき豊野ひまわり園」は、宇城市の商工会やJAなどでつくる実行委員会が熊本地震の復興を目的に2017年から始め
今年で5年目を迎える。約6000㎡の畑を地元住民が提供し、地域で管理・運営しているひまわり畑である。

 
今年は長雨や台風の影響で花の数は例年の4割ほどらしい。

近くにある相良神社(相良堂)にも寄ってみた。
「相良神社(相良堂)」は、阿蘇氏の家臣で御船城主であった甲斐宗運と島津氏の命を受けた相良義陽が戦った
響ヶ原の戦い(1581年(天正9年))があった地に建つ神社(堂)で、戦いで没した相良義陽とその家臣を祀っている。

 
相良神社。響ヶ原古戦場の解説板が建っている。

言い伝えによれば、いくさのあった12月2日の夜に響ヶ原を通ると、馬のひずめの音や刀の切り合う音にまじって
多数の兵士の勇ましい叫び声が聞こえるといわれている。

 

【散策地データ】
名称:「うきうき豊野ひまわり園」
所在地:熊本県宇城市豊野町糸石
形態:ひまわり畑
見学可能時間: 常時開放
駐車場:有(無料)
コメント