だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが…。
関東を中心に釣りや散策に出掛けていましたが…。
熊本県民になりました。

六殿神社 (熊本県熊本市)

2021年06月25日 | 散策記
今回は、熊本県熊本市南区にある「六殿神社」に行ってみた。

六殿神社は、木原山(雁回山)の麓に鎮座する神社で、創建は1178年(治承2年)と伝えられ、
祭神は、阿蘇大明神・天照皇大神・埴安姫神・諏訪大明神・氷川大明神・稲荷大明神である。

 
木原山はこの山を居城とした鎮西八郎為朝( 源為朝)の強弓を恐れた雁が遠回りしたという伝説から雁回山とも呼ばれている。

(現地解説板)
  御由縁
 雁回山の本宮は、御白河天皇の御代、鎮西八郎為朝木原城に居城の折、阿蘇の宮を崇敬し、 西國安鎮祈願の遙拝殿を立てたのが
始まりと伝えられ、 後、治承二年(約八百年前) 高倉天皇の勅願により時の内大臣平重盛公に鎮西地方の鎮護の宮として本宮創建の
御綸旨を賜わり、肥後國菊池隆直公を社殿造営の任にあたらせ給い、直ちに木原山麓の聖地に 阿蘇大明神を始め五柱の神を祀る
御社殿を建立し、社号を六殿大明神と号す。

 
楼門は、国の重要文化財に指定されている。          この神社もまた雰囲気が良い。


参拝後は、社殿の裏から遊歩道を登って「宮山展望所」にも行ってみた。

 
結構な山登りであった。金峰山が見える。


近くにある「木原不動尊」にも寄ってみた。
「木原不動尊」は、正式には「雁回山長寿寺」という天台宗の寺院で、
天台宗の開祖である最澄作と伝えられる不動明王像を本尊としており、千葉県成田市の成田不動尊、東京都目黒区の目黒不動尊と
並び日本三大不動尊の1つに数えられている。
毎年2月28日の大祭には、修験者が素足でおき火の上を渡る「火渡り」や、煮えたぎった釜の熱湯の中に座る「湯立て」の荒行が行われ、
県内外から大勢の参詣客で賑わうようだ。

 
仁王門                                本堂は改築中であった。


鎮西八郎為朝( 源為朝)の城跡と伝えられる場所にある「木原不動尊奥の院」にも行ってみた。

 
曲輪のような平地や堀切のような遺構は確認できるが。   山の中を散策するのは怖い季節になってきた。

【神社データ】
名称:「六殿神社」
所在地:熊本県熊本市南区富合町木原2378
祭神:阿蘇大明神・天照皇大神・埴安姫神・諏訪大明神・氷川大明神・稲荷大明神
社格等:郷社
創建:1178年(治承2年)
駐車場:有(無料)

コメント   この記事についてブログを書く
« 上土城跡 (熊本県八代市) | トップ | 花岡山公園 (熊本県熊本市) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。