だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが・・・。
関東を中心に釣りや散策に出掛けています。
個人的な備忘録です。

「芝山仁王尊 観音教寺 芝山はにわ博物館 」 (千葉県山武郡芝山町)

2017年02月24日 | 散策記
イチゴ狩りをして、舟盛りの刺身を食べた後は、
山武郡芝山町の「観音教寺」の境内にある「芝山はにわ博物館」に行ってみた。

昨年、イチゴ狩りに訪れた際は、近くにある「芝山町立芝山古墳・はにわ博物館」に行ってみたが、
国指定史跡の「殿塚・姫塚」から出土した埴輪は「芝山はにわ博物館」でしか展示されていないことが分かり今回訪れてみた。


観音教寺は由緒のある名刹だが、自分は「はにわ博物館」が見たくて訪れた。 2017.02.24

「芝山はにわ博物館」は「観音教寺」の本堂に隣接して建っている。
「観音教寺」は、正式名称を天應山観音教寺福聚院と称し、十一面観世音菩薩を本尊とする、天台宗の寺院である。
781年(天應元年)に征東大使であった藤原継縄によって創建されたと伝えられている。
また、仁王門に安置されている仁王様が、火事・泥棒除け・厄除けの仁王様として知られていることから「芝山仁王尊」とも呼ばれている。
新上総国三十三観音霊場第33番(結願寺)、上総国三十四薬師如来霊場第34番(結願寺)、東国花の寺百ヶ寺千葉16番札所でもある。


仁王門                                 境内の様子

「芝山はにわ博物館」は、芝山古墳群内にある国指定史跡「殿塚・姫塚」から出土した埴輪をはじめ、
付近の遺跡から出土した埴輪や石器、土器類などを展示している博物館である。
また、建物の2階は「釈尊館」という釈迦の一生を表現した絵画が並べられた展示室になっている。


「殿塚・姫塚」出土の埴輪9点は、千葉県の有形文化財(考古資料)に指定されている。

その後は、念のために「殿塚・姫塚」を見てから帰路に着いた。


殿塚                                   姫塚

1400年以上前に築造された古墳が、静かな林の中に佇んでいる。

【散策地データ】
名称:「芝山仁王尊 観音教寺 芝山はにわ博物館」
所在地:千葉県山武郡芝山町芝山298
形態:歴史博物館
開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
入館料:大人200円 シルバー(65歳以上)100円 小中学生100円
休館日:年中無休
駐車場:有(無料)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« イチゴ狩り 「近藤いちご園」... | トップ | 2017.02.28 ヒラメ船釣行 (... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。