だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが…。
関東を中心に釣りや散策に出掛けていましたが…。
熊本県民になりました。

老神神社 (熊本県人吉市)

2021年05月08日 | 散策記
今回は、道路を間違えて人吉市に行ってしまったついでに、まだ散策していなかった社寺に寄ってみた。
まずは、人吉城からほど近い球磨川に面した場所にある「老神神社」に行ってみた。

老神神社は、創建は不明だが、807年(大同2年)に霧島神社から勧請されたと伝えられる神社で、
瓊瓊杵尊、木花咲耶姫命、彦火火出見尊、豊玉姫命、火須瀬理命、火照命を祭神として祀っている。

 
境内社として、天満宮、弁財天社、稲荷神社、淡島神社も祀られている。 天満宮の社殿には西南戦争時の弾痕跡が残っている。

現在の社殿は1628年(寛永5年)に、人吉藩主相良長毎によって一族の産宮として造営されたもので、
本殿と拝殿・神供所が鍵の手に並ぶ、この地方独特の形をしている。

 
参道の真ん中に八角形の灯籠が建っている。京都、奈良に見られる配置らしい。

本殿、拝殿及び神供所は、球磨地方を代表する江戸時代の神社建築として価値が高いことから、
国の重要文化財に指定されている。
また、日本遺産「相良700年が生んだ保守と進取の文化~日本でもっとも豊かな隠れ里・人吉球磨~」
の構成文化財の一つにもなっている。

【神社データ】
名称:「老神神社」
所在地:熊本県人吉市老神町
祭神:瓊瓊杵尊、木花咲耶姫命、彦火火出見尊、豊玉姫命、火須瀬理命、火照命
創建:伝807年
駐車場:有(無料)

コメント   この記事についてブログを書く
« 熊本県氷川町指定史跡 高塚装... | トップ | 岩屋熊野座神社 (熊本県人吉... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。