だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが…。
関東を中心に釣りや散策に出掛けていましたが…。
熊本県民になりました。

小国両神社 (熊本県小国町)

2021年09月01日 | 散策記
「鍋ヶ滝」を見学した後は、小国町にある「小国両神社」に行ってみた。

 

「小国両神社」は、小国郷を開拓した高橋大神・火宮大神を主祭神とする小国郷の総鎮守とされる神社で、
仁徳天皇の御代に高橋大神を、反正天皇の御代に火宮大神を祀り、両神社と呼ばれるようになったと伝えられている。

 
楼門は立派で迫力がある。


神社を参拝した後は、近くにある「けやき水源」にも行ってみた。
樹齢1000年と伝わるケヤキの根元から水が湧き出ている。

 
「けやき水源」 この一帯は阿蘇からの湧水が所々にあるようだ。


また、近くにある「鏡ヶ池」にも行ってみた。
「鏡ヶ池」は、醍醐天皇の孫姫である小松女院が恋人の清少納言の兄である少納言清原正高との再会を願い、
11人の侍女とともに鏡を投げ入れたという伝説が残されている湧水地である。

 
「鏡ヶ池」

「小国両神社」「けやき水源」「鏡ヶ池」は、江戸時代に参拝を日課にしていた者が、
富くじの1等を何度も当てたことから「福運を呼ぶ三社」と呼ばれているそうだ。

【神社データ】
名称:「小国両神社」
所在地:熊本県阿蘇郡小国町宮原1670
主祭神:高橋大神・火宮大神
創建:伝仁徳天皇御代
駐車場:有(無料)
コメント   この記事についてブログを書く
« 鍋ヶ滝 (熊本県小国町) | トップ | 健軍神社 (熊本県熊本市) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。