だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが…。
関東を中心に釣りや散策に出掛けていましたが…。
熊本県民になりました。

国指定名勝及び史跡 水前寺成趣園 (熊本県熊本市)

2021年08月26日 | 散策記
今回は、熊本県熊本市にある「水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)」に行ってみた。

 

「水前寺成趣園」は、熊本城から南東約4kmほどの場所にある、熊本藩主細川氏が整備した面積73,000㎡の大名庭園である。

 

1632年(寛永9年)に、熊本藩細川氏初代藩主となった細川忠利が「水前寺御茶屋」を建てたのが始まりで、
その後、三代藩主綱利のときに庭園が完成し、中国の詩人陶淵明の詩「帰去来辞」の一節「園日渉以成趣」からとって
「成趣園」と名付けられた。豊富な阿蘇の伏流水の泉水を中心に、築山、浮石、松などが配された桃山式回遊庭園で、
現在は「水前寺成趣園」として、国の名勝および国の史跡に指定されている。

 
熊本藩細川氏初代藩主の細川忠利と肥後細川家の礎となった細川藤孝(幽斎)像

園内には、熊本藩細川氏歴代藩主を祀る出水神社もある。

 
「水前寺成趣園」は出水神社が所有管理をしている。


「水前寺江津湖公園」(上江津地区)にも行ってみた。
江津湖は、面積約50ha、長さ2.5km、周囲6kmの湖で、上江津湖と下江津湖に分かれており、
その周囲を取り囲む形で、水前寺江津湖公園が整備されている。
園内には遊歩道や芝生広場、湧水広場などがあり、多くの人々の憩いの場になっている。

 
水前寺成就園で湧き出た水も流れ込んでいる。市街地にある湖とは思えないほど異常な水の綺麗さである。

【文化財データ】
名称:国指定名勝及び史跡「水前寺成趣園」
所在地:熊本県熊本市中央区水前寺公園8-1
時代区分:江戸時代
形態:大名庭園
開園時間:8:30~17:00(入館は16:30まで)
入園料:大人(16才以上) 400円  子供(6才~15才)200円
駐車場:なし(近隣の有料駐車場を利用)
コメント   この記事についてブログを書く
« 俵山交流館 萌の里 ナミ像ほ... | トップ | 御立岬海水浴場 (熊本県芦北... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。