だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが…。
関東を中心に釣りや散策に出掛けていましたが…。
熊本県民になりました。

エコパーク水俣 バラ園 2021年秋 (熊本県水俣市)

2021年11月03日 | 散策記
今回は秋のバラが見頃を迎えているという「エコパーク水俣」のバラ園に行ってみた。

 
春のバラほど花の量は多くないが、色々な品種のバラが咲いている。

エコパーク水俣バラ園は、熊本県水俣市にあるエコパーク水俣内にあるバラ園で、
春は5月上旬から下旬、秋は10月中旬から11月下旬にかけて800種5000株のバラが色とりどりに咲き誇る。

 
秋のバラもきれいである。                     以前に買ってとても美味しかったのでまた買ってみた。

バラを鑑賞した後は「道の駅みなまた みなまた観光物産館 まつぼっくり」で、「みなまた和紅茶四天王」の一つで、
「国産紅茶グランプリ2020」でグランプリに選ばれた紅茶をつくっている「お茶の坂口園」の和紅茶を買ってみた。
紅茶品種のべにふうきと、緑茶品種をブレンドした和風テイストの紅茶である。
水俣は紅茶も有名なようだ。

エコパーク水俣に隣接する「まなびの丘」の下にある明神海岸に行ってカニなどを捕ってみた。

 
景色の良い海岸である。                      カニやエビなど多くの種類の生き物が生息している

【散策地データ】
名称:「エコパーク水俣」
所在地:熊本県水俣市汐見町1丁目231-12
形態:公園
開園時間:常時開放
※水俣市立水俣病資料館、熊本県立環境センター、環境省水俣病総合研究センターの開館時間はは9:00~17:00、月曜日休み
駐車場:有(無料)
コメント

八代市立博物館 未来の森ミュージアム (熊本県八代市)

2021年11月03日 | 散策記
今回は、文化の日で観覧料が無料になっていた「八代市立博物館 未来の森ミュージアム」に行ってみた。

八代市立博物館 未来の森ミュージアムは、熊本県八代市の中心エリアである八代城跡の近くにある歴史系博物館で、
八代市の古代から現代までの歴史や民俗を中心に展示解説している。

 

館内は1階と2階からなり、入口のある2階では、2016年にユネスコの無形文化遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」の
一つである八代神社(妙見宮)の祭礼「八代妙見祭の神幸行事」の行列模型の展示解説と特別展示室がある。
1階は、常設展示室になっており、八代市のシンボルである八代城(松江城)の城郭模型、八代城主であった松井家が所蔵する
武具や美術工芸品、また、高田焼や宮地和紙などの地元の美術工芸品、古墳、城跡からの出土品など古代から現代に至る
八代市の歴史と文化を展示解説している。

2021年10月22日(金)~11月28日(日)までの期間は「妙見信仰と八代」と題した企画展が開催されており、
7世紀後半に八代に伝わり発展した妙見信仰に関連する歴史資料などを展示解説している。

【散策地データ】
名称:「八代市立博物館 未来の森ミュージアム」
所在地:熊本県八代市西松江城町12-35
形態:歴史博物館
開館時間: 9:00~17:00 (入館は16:30まで)
入館料: 大人 310円 高大生 200円 中学生以下 無料
※特別展開催時はその都度定められる
  「妙見信仰と八代」 大人 800円 高大生 500円 中学生以下 無料
※5月5日(子供の日)、11月3日(文化の日)は無料公開日
休館日:月曜日(祝日の場合翌日)・ 年末年始 (12月29日~1月3日)その他臨時休館あり
駐車場:有(無料)
コメント