だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが…。
関東を中心に釣りや散策に出掛けていましたが…。
熊本県民になりました。

らくのうマザーズ 阿蘇ミルク牧場 (熊本県西原村)

2021年10月09日 | 散策記
今回はコスモスが見頃をむかえた「らくのうマザーズ 阿蘇ミルク牧場」に行ってみた。

 

「らくのうマザーズ 阿蘇ミルク牧場」は、熊本県酪農業協同組合連合会(ブランド名「らくのうマザーズ」)の
子会社である(株)マザーズファームが運営する熊本県西原村にある観光牧場である。

 
世界の5大乳牛といわれるホルスタイン・ガンジー・ジャージー・エアシャー・ブラウンスイスの5種類の乳牛が飼養されている。

標高約450mに位置する総面積約33万㎡の広大な敷地内には、山羊やモルモットなどと触れ合える「動物ふれあい広場」、
羊などの動物レースが開催される「パークスタジアム」、牛の乳しぼりができる「らくのう体験ステージ」、
バターやチーズ作りが体験できる「手づくり体験館」、収穫体験ができる「牧場の畑」などのほか、
ポニーの乗馬・牛乳工場・レストラン・売店などもあり、家族で一日中過ごすことができる。

 
羊のわくわくレース                         動物ふれあい広場。動物達は皆きれいに手入れ管理されている。

 
牛の乳しぼり体験                          牧場の定番ソフトクリーム

また、毎年9月下旬から10月中旬頃まで、牧場内のみはらしの丘には約150万本のコスモスが咲き乱れる。

 
阿蘇の外輪山を背景にコスモス。ほぼ満開であった。とても美しい景色である。

規模の小さいマザー牧場のような感じである。
らくのうマザーズのPR施設なのか、これで入場料400円は安いと思う。

【散策地データ】
名称:「らくのうマザーズ 阿蘇ミルク牧場」
所在地:熊本県阿蘇郡西原村大字河原3944-1
形態:観光牧場
営業時間:10:00~17:00
入場料:3歳以上 400円
休業日:季節によって異なる
駐車場:有(無料)
コメント

八勢目鑑橋 (熊本県御船町)

2021年10月09日 | 散策記
今回は、コスモスが見頃を迎えた「らくのうマザーズ 阿蘇ミルク牧場」に行く途中で、
熊本県御船町にある「八勢目鑑橋」に寄ってみた。

 
静かな山間を流れる八勢川に架かる美しい橋である。

「八勢目鑑橋」は、長さ56m、幅4.35m、高さ10.3mの八勢川と農業用水路に架かる眼鏡橋である。
眼鏡橋は、一般的には眼鏡のように見える石造りの2連アーチ橋を指すが、
単アーチ橋や3連以上のアーチ橋など石造りのアーチ橋全般を呼ぶこともある。

(現地解説板)
  熊本県指定重要文化財 八勢眼鏡(やせめがね)橋 
                              昭和59年3月3日指定 根本県教育委員会 (平成4年3月建)
 江戸時代、 熊本と延岡を結ぶ日向街道はここを経て矢部に通じていた。増水すると通行ができなくなるなど不便で、
危険であったため、安政2年(1855)御船の材木商林田能寛が私財を投じ架橋した。
 橋は八勢川本流に掛かる部分、左岸を流れる用水路に架かる部分が一体となっており、長さは62メートルに及び、
県下の石橋で最も長い。別にもうひとつ水路橋が架けられている。
 種山(現八代郡東陽村) の石工卯助・甚平兄弟らにより架橋された。

 
平成28年(2016年)熊本地震で被災し崩れたようだが、現在は復旧工事が完了し元の姿に戻っている。

この橋も、「通潤橋」「霊台橋」「笠松橋」などの建設を手掛けた種山石工による橋のようだ。

【文化財データ】
名称:熊本県指定重要文化財(有形文化財 建造物)「八勢目鑑橋」
所在地:熊本県上益城郡御船町上野
時代区分:1855年(安政2年)完成
形態:石橋
見学可能時間:常時見学可能
駐車場:有(無料)
コメント