似てる(渋谷橙のことば)

詩を書いて、演劇をして、飲食店でバイトして、妻ができ、子がうまれた。さて、どうなる。自分の小説みたいな場所。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

丸山氏展製作日誌2

2012-11-24 12:58:59 | 作品製作日誌
材料は、身近にあるものがいい。

家や、働いている場所や、帰り道
会いたい人のお店の棚、思い出の隅っこ。

言葉はそうしているうちに
身近なものになってくる。
こどもたちが今日もどこかで
身近な言葉を覚えていくように。

手触りが、あるのがいい。

あたたまってほしいから。

音楽がきこえるといい。
味を思えるのもいい。

というふうに
作品を考えるときには五感につい近づいていってしまう。

直感でいいのに。






丸山伊太郎展へ向けての製作日誌1

2012-11-22 19:57:23 | 作品製作日誌
2012年12月1日から30日まで
新宿のビア&カフェBERGの壁面ギャラリーで行われる
丸山伊太郎氏の絵画展に
丸山氏のご厚意により参加させていただくことになりました。

言葉による参加です。

丸山氏の、こどもをテーマにした絵画作品を眼前にし
そこに私がただ詩的な、または私的な言葉を添えることは
少し躊躇われました。

BERGという、多くのお客様に非常に愛されている空間では
やはりお客様と共に時間を重ねる言葉をそこに記したいという気持ちが生まれ
不特定多数のお客様と1ヶ月間、絵画と言葉を通してどのように有機的に繋がっていくか仕組みを考えることから
私の展示製作準備が始まりました。

今のところ
お客様から文字を集め、それを私がこどもに伝える言葉にしたためて貼っていき
期間中も丸山氏の作品や壁面ギャラリー全体が
言葉により見方を変えていく
という展示方法を考えています。

搬入までの期間は準備日誌
展示期間中は公開製作日誌として
このブログを更新していきます。

東京、そして日本が
大切な決断をせまられる12月でもあります。
東京のどまんなか、新宿駅ビルの片隅から
生まれることのエネルギーを真摯に言葉に託して
多くの皆様と交歓したいです。

まずは所信表明のように
かかか、か、かたくるしく日誌をはは始めさせせていいいただきまっしゅ。







お茶

2011-10-22 13:26:26 | 

大きな雨がやんで
お茶が温まった
明るさがちがう
悔やみ方も解けて
食事が終わった様子が
聞き届いたら
穏やかなお茶になる
お互いが
いる場面を
風が触ってしまって
混ざってしまって
いい鼓動だと思う

出て行ってしまった後
からの器がまだ温かい
指の軌跡
空は明るい
なめらかな想起に怒られて
手を挙げず
渡っていくひと
点と滅が懸命になること

からの器は冷めて
口を拭う

やって来るだろう



そして本日オープニングことバー開催

2011-04-30 14:16:52 | ことバー
本日4/30
1日中イネルにいます。
19時まではイネルスタッフとしてひとりで店番
そして19時から23時までは
日替りバー「ことバーキノボリ」店主として

故郷新潟コシヒカリの炊きたてごはんおにぎり
季節の野菜のおそうざい
私の愛するビール
オーガニックワイン
おいしいジャムのとろけたドリンク

そんでもって
即興詩のワークショップ「シロッキー」

どうぞ展覧会のおともに。

イネルでのちいさな展覧会はじまり

2011-04-30 11:38:54 | 展覧会
昨日から
渋谷橙 ことバーと詩や絵の展覧会『ながいいき』はじまりました。

会場の阿佐ヶ谷ギャラリーカフェ「イネル」は
とてもちいさな空間
そして僕がかれこれ2年
働いているお店。

搬入をしているあいだ
2年間のあれこれを思い
イネルやそこで出会ったひとたちとおしゃべりしているようでした。

会期は2週間
5/12まで
僕の詩や絵とイネルのおしゃべりは続きます。
おしゃべりはどこに飛んでいくかわかりませんから
展示作品に混じって日に日に増えていくかもしれません。
それはとても嬉しいことです。

どんな時間も
ことばがともだちでありますように。

会期中の在廊は土曜日だけになりそうですが
どうぞお待ちしております。