思考ダダ漏れ

なんとなく書こう

美術館の出来事

2018-08-05 22:51:40 | 文章
以前美術館の映像作品でひたすら飛行機雲を流すものがあった。ひたすら飛行機が旋回して雲を作っているだけの動画だったのだが、製作者の意図としてはどれだけ作っても雲はいずれ消えて無くなるということを表したものだったそうだ。
  なるほどと思っている隣で、中年の女性が「日本人には分かりません」と言って部屋を出て行った。僕はその大きく括られた「日本人」という表現に嫌気がさした。僕はこういう情緒は人種問わず伝わるものだと思う。ただ、普段からそんなことを考えるような、憂鬱な人にしか理解されないような気もする。恐らく、あの映像作品は少し真面目すぎたのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 短文感想『ルパン三世』 | トップ | 断片 »

コメントを投稿

文章」カテゴリの最新記事