思考ダダ漏れ

なんとなく書こう

省略

2018-07-29 08:41:15 | 文章
小説の場合、どれだけ表現の省略ができるかが大切だと考える。某炎上なろう作品を数行読み、改めて考えさせられた。その作品の引用をそのままするのはあまり良いと思えないので、少し改変して載せてみよう。

女の子の号令の下に、一斉に紐を引かれるクラッカー。一体何人の女性が並んでいるのかは分からなかったが、視界を埋め尽くしているだけの数のクラッカーが寸分違わず一度に鳴り響き、轟音となって地面を揺らす。

  一文目の次は改行されているのだが、やかましいのでカットした。読者は好きに思えば良いので、このリズム感の良し悪しなど気にならない人はそれで良い。ただ、僕からすれば少し冗長に思えたりする。
  この例文から言うと、まず「クラッカー」とは何かという話になる。そもそも、「クラッカー」とは紐を引いて音を鳴らすものであるとすれば、「クラッカーが鳴り響く」だけで紐を引いている動作が付随していると言える。勿論、そうでない場合、つまり、クラッカーを鳴らす方法が紐を引っ張る以外にもあるならば(かつ、それが普及された方法であれば)この「紐を引っ張る」という描写は必要となるだろう。
  逆に言えば、例外の動作が生じる場合はその都度に描写する必要がある。例えば、「ギターを鳴らす」の時点で左手でフレットを押さえ、右手で弦を弾く動作が込められていることは分かるだろうが、「ギターを燃やす」と書くと「どのような方法で燃やすのか(古い洋楽好きならジミヘンとか連想するのかもしれない)」「ギターは今どのような状態なのか」という疑問が生じてくる。  また、弾いている場面が特殊な場合も、それを強調させるために描写するのも有りだろう。例えば、雨の中で濡れながらエレキベースを弾いていたとすれば、感電の危険性や弦の寿命の短さ、というものが描けるだろう。
  二文目は極めて厄介だ。「分からなかった」で区切った方が読みやすいだろうし、「視界を埋め尽くしているだけの数の」はリズム感の悪さを感じる。それより着目したいのは「クラッカーが寸分違わず一度に鳴り響き、轟音となって地面を揺らす。」という最後の箇所だ。こうした文章は度々見かけることがあるのだが、何が不思議かというと、「地面を揺らすほど鳴り響いている」のなら、それはすなわち轟音とは呼べないのか?  ということだ。実際、日常生活において音で地面が揺れる状態というのはどの程度あったろうか。アンプの傍で音を聞いても、重低音が全身を抜けるような感覚はあっても、地面が揺れることは早々ない。ということは、この地面が揺れるだけの音、というのは凄まじい音に違いないことになる。つまり、「轟音」と表記すれば、「地面を揺らす」音と重複気味の表現となってしまう。一文目に「一斉に引かれる」と書いてあるのに、改めて「寸分違わず一度」と説明するのも同じような状態だろう。
  あれ?  そもそもクラッカーって鳴り響くほど音が持続するのか?  鼓膜が破れそうではあるが。


  さて、その上で僕なりの例文を書いてみよう。いくつかのやり方がありそうだ。

1. 左右に整列した女性がどこまでも広がっていた。彼女らは女の子の掛け声の後に、一斉にクラッカーを鳴らした。その音は地面を揺らすほど響いた。

2.少女の掛け声に合わせて、彼女たちは一斉にクラッカーを鳴らした。その音は鼓膜を破くどころか、地を揺らすほど響いた。

3.俺が全裸少女をぺろぺろ舐め回していると、彼女はよく分からん言葉を叫び出した。すると突然、女性の列が現れ、一斉に膨れたコンドームを破裂させやがった。その音は俺のすっかり固くなっちまったオチンポ様に入り込み、尿道奥の前立腺をチカチカ刺激してきやがった。やれやれ、俺は射精した。こんなに出ちまったのは、蛆を入れた時以来だぜ。

ああ、これが朝の八時頃に書いた文章なことを少しも後悔する気はないが、公開には躊躇いを持った方が良いだろう。やかましいわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 夏の浜辺 | トップ | 近況 »

コメントを投稿

文章」カテゴリの最新記事