思考ダダ漏れ

なんとなく書こう

短文感想『Frustration in My Blood』

2018-06-27 02:04:19 | 短文感想
NUMBER GIRL - Frustration in My Blood


ナンバーガール。ボーカルは坂口安吾の影響を受けているらしく、『桜のダンス』なんかには「私は海を抱きしめていたい」という歌詞が出てきたりする。確かに似ているような気もするのだが、少し異なるように思うのは「都市」「街」への意識の高さだ。これは都市小説と呼ばれる類に近い印象を受ける。簡潔に書くと、村社会から都市へ移住した結果、自由を手に入れる代わりに孤独を得るようになった、といったところか。
  この孤独感を都市小説とするなら、梶井基次郎にしても、井伏鱒二にしても該当しそうなもので、多くの作家が描いてきたことのように思われる。あくまでも孤独への恐怖を描くのでもなく、喜びを描くのでもなく、ただただ孤独なだけなのだ。何となく、シティポップの分野もそのような傾向があるような気もする。華やかな街を一人歩くような、そんな印象がある。「街」というもの自体が、孤独の集合体と言えるのかもしれない。
  さて、題名の『Frustration in my blood』はナンバーガールの最後のアルバム(厳密には異なるようだが、あとはライヴアルバムなので実質「最後」と書いても良いだろう)に入っている曲だ。とりあえず、歌詞を紹介しようか。


性的少女と思い出小僧は
夜に空を見上げ 三毛猫座を探す
そんなもんはない そんなもんありはしない

狂わす真昼間 体内回路
MANZOKUできんでうろうろ
妄想都市に入り込んで迷ってしまった
妄想都市に入り込んで迷ってしまった

桃色ぬったくった街 歩く俺らはやはり色情に支配された犬か?
Frustration in my blood

俺はかつて 酔狂人(すいきょうびと)だった
今も変わらない 何か知らんがうろうろ
うろうろしたくなってくる
ぐらぐらしたくなってくる
俺は俺に似合ってた
歩く俺はやはり
Frustration in my blood


『都市小説』との関連を考えると、この曲にも「妄想都市」「街」が出る。「妄想都市」が何を示すのか分からないが、「俺」がうろうろしている空間を示すのか、あるいは妄想が極まって作り出された虚構の空間を示すのか、どうも「三毛猫座」「そんなもんはない」や「俺」との繋がりの見えない「性的少女と思い出小僧」などを加味すると、「妄想都市」は虚構的空間のように思われる。この「都市」「街」は孤独を内包する記号だと捉えてみることにする。
  その意味で虚構世界ほど孤独なものはない。読者や受け手は好きに受け止められる分、製作者側の本心や意図が蔑ろにされることもあるだろうし、ある程度近づけたところで正解を導けるものでもない。こうした孤独は太宰治が意識していたように思う。
  話を戻そう。「歩く俺らはやはり色情に支配された犬か?」から分かることは、まず「俺ら」は人間を示すことはともかくとして、「やはり」ということはこの「俺」は、人間は「色情に支配される」ものかどうかを考え続けていたということだ。考えた末に「やはり」と来るということは、どちらかと言えば「恐らく支配されているだろう」という意味合いになる。これが「Frustration in my blood」と繋がることになる。
  「Frustration in my blood」は直訳すれば、「俺の血の欲求不満」とかって意味になるだろうが、「欲求不満」と書くと性的に受け取られる可能性があるので、ここでは「不快な緊張や不安」程度の意味で捉えた方が良いと思われる。Frustration in my blood→色情に支配された犬か?→「孤独(妄想都市・街)」と繋がっているのだろう。つまり、「俺」は人間は孤独であるがために色情でしか繋がりを持つことができないのだろうかと考えている状態なのだろう。
  そう考えれば、安吾との繋がりも見えてくる。安吾は『文学のふるさと』で孤独への言及をしているのだが、その内容は簡潔に書くと「生存の孤独は救いのないものだが、この救いのなさこそ唯一の救いである」というものとなっている。そして恐らくは『青鬼の褌を洗う女』なんかに出てくる性愛は、孤独の肯定的な要素となっている。
  この肯定的というのは、二番目以降の「俺はかつて酔狂人だった」以降と繋がるだろう。「俺は俺に似合ってた」と肯定して「Frustration in my blood」と繋がるところからみて間違いない。苦しんでいる自分を肯定する、これは思うに自己を俯瞰する状態に近い。実に創作者らしい。

  面白いのは、このような問題意識に至る過程に恐らくは一度ニヒリズムに陥っていることだろう。あらゆるものに価値を見出せなくなったとして、新たな価値観を獲得する場合、まず身近の五感的な要素から見出そうとすると思われる。政治思想で言えばアナキズムに陥りやすいのかもしれないが、根本的にこの孤独主義は集団によって構成される価値観に愛着を抱けないものと考える。価値のあるものと思いたいものは、自分で見つけなくてはならないのだ。
  創造行為は内省に近い。安吾にしてもナンバーガールにしても、ニヒリズムから内省を経て、こうして作品へと昇華させているものと思われる。これは創作する上で最も大切なことのような気もするが、果たしてこの歌詞がそのような意味を持っているのかは不確かなので、正しい前提の話はやめておこう。
  あれ、結局安吾と同じじゃねえか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 監視社会 | トップ | 近況 »

コメントを投稿

短文感想」カテゴリの最新記事