思考ダダ漏れ

なんとなく書こう

短文感想『鏡』

2018-10-24 16:58:01 | 断片・詩・構想・屑
村上春樹の『鏡』だ。ついに村上春樹を読み出したか、というわけではなく、これはあくまでも講義で用いられたので読んだに過ぎない。
  さて、「鏡」というのは文学だけでなく、あらゆる虚構において一つの役割が与えられているように思う。ファンタジーなら何かの扉の役割を果たしているだろうし(英米の児童文学にあったように思う。あるいはブラッドボーンでも良い)、リアリズムなら幻覚的作用を催すもの、だろうか。概ねこの幻覚の元はアイデンティティが関係しているだろう。言い方は悪いが、大抵リアリズム系統の「鏡」が自分を映す場合、当人たちは嫌悪感を抱きがちではないだろうか。まあそう例を挙げられるわけでもないが。
  この『鏡』もまた、アイデンティティに関係する作品で、建前と本心、理想と現実、あるいは、無個性と個性、というような対比の役割を担っている。だいぶ丁寧な作品だろう。高校か中学の教材だそうだが、その辺りに読んでもらうにはちょうど良い作品だと思う。また、軽やかさの裏にある語り手の暗い心情を極力隠した形となっているのも、一つの特徴だろう。意外とこのような点は井伏鱒二なんかの系譜に近いような気もする。
  もちろん好みかどうかというのは別問題で、この『鏡』だけではあまりまだ入れ込める気にはなれない。いずれ読みたいとは思いつつ、先延ばしにしている作家だ。
コメント

バスにて

2018-10-19 19:13:42 | 断片・詩・構想・屑
おまえの声帯をもぎ取ってやる。眼球で串団子を作ってやるぞ。顔を切り取ってひき肉にしてやる。太ももや二の腕を畜生に食わせてやる。おまえの兜煮はさぞかし不味いだろうね。この握りこぶしをどうしてくれよう。喧しい女よ。
コメント

歌詞

2018-10-17 15:52:49 | 断片・詩・構想・屑
作詞というのはよく分からない。先に曲ありきで作られる場合もあれば、その反対もあるのだろう。どちらにせよ、歌にする以上あんまり長文の歌詞にするのはいけないようだ。
  ある時、母に作詞を頼まらて以来、少しずつこの作詞という分野を考えることがある。その時作ったのはお世辞にも良いものとは言えなかったので、改めて作り直したいという気持ちも働いているのだろう。さて、こうやって、話を振ったからには、どれ一つ公開してみようと思う。

木の葉の船に乗った
波間に消えていった
取り残された俺は
誰だ

木の葉の船に乗った
渦潮に呑まれた
流れ着いた島で
男は一人

望遠鏡片手に
誰もいない島で
男は一人
男は一人

夕暮れに目覚めた
焼き尽くされた空
隣で眠ってる
女は誰だ

夜も更けてきた
伸びていく影法師
あの子は消えていった
誰だ


望遠鏡片手に
誰もいない島で
明日明後日
閉じ込められた部屋

木の葉の船はいつまでも
波の間を揺れていて
俺の帰りを待っている
生暖かな眼で

木の葉の船は待っている
俺の帰りを待っている
舵を取れと誘っている
好きに動かせと言っている

ゆらゆら帝国の頃の坂本慎太郎みたいな感じ、と言われたらもう何も言えない。坂本慎太郎には大いに影響を受けているので仕方がないだろう。それは置いておくとして、全体的に母音の統一感と文字の長さを意識してみた。と書いてみたが、意識してみたか?  結局のところ、大学行きのバスの中でぼんやり作ったものなので、暇つぶしに過ぎない。歌詞の意味は各々の想像に任せる。
コメント

断片

2018-08-06 11:32:17 | 断片・詩・構想・屑
以前作ったものを再構成したものだが、もう続けられそうもないので、ここに捨てておこうと思う。もう少し練った上で描き始めればよかったんだろうな。疲れた。

  暗闇嫌いの私は、年がら年中電球を付けたまま生活していた。そのせいで毎年、一部屋ずつ付かなくなっていった。その度に、隣の部屋で暮らすようになった。そして、遂に今年残り一部屋となって、それもそれまでと同じように、あっという間に足場を失い、ゴミの上に敷かれた布団だけが唯一の生活空間となってしまった。
  その日は嵐だった。午前一時過ぎに雷が鳴った。隣の住民たちはそんなことも気にせず騒いでいた。この頃はよく、男女何人かで朝方まで騒いでいるのが常だった。私はよく苛立ち紛れに壁に耳を当て、彼らの会話を聞いているのだった。おかげで彼らの名前をある程度知ることができた。どうやら学生らしかった。とはいえ、そんなことをしたところで、煮え繰り返った腹が治るわけでもなかった。結局のところ、誤魔化すには眠るに限る。ごみだらけの部屋でも横になってしまえば(私はこのゴミ屋敷の恐怖から逃れるために、眠る時に必ずイヤホンを付けていた)案外寝られるものだ。
 空白電球を浴びる瞼の裏に、緑の小さな渦が巻かれ始めた。私は緑から黄、黄から赤、赤から緑へ変わる渦の中を高速で突き進んでいた。彼らの笑い声が視神経を飛び出して、渦目掛けて白濁液を放っていた。
  突然、身体が動かなくなった。私はまた来たなと思った。雷鳴と笑い声が鼓膜の奥を響いてきた。耳の中を覗くと、悪魔たちが歪なスピーカーを運んでいた。小指を突っ込んでみると(私はもう今耳を覗いたのは誰なのかということに疑問さえ抱かなくなっていた)、彼らは驚いたのか、慌てて鼓膜を突き破った勢いで眼球をくり抜き、再び眉間から入り込むと、黄土色の膿に絡まれながら左の鼻孔を飛び出したかと思えば、右の鼻腔を突き進み、頭蓋骨を削り始めた。スピーカーから歯科で聞き慣れたドリル音が響いてきた。すると、右上の第一大臼歯の虫歯が思わず飛び出して、悪魔たちにこう叫んだ。
「お前たちのせいで痛いんだ!」
  実際、彼は私の気持ちをよく理解していたが、他の歯から除け者扱いされているせいで、どの歯も彼に賛同しようとしなかった。それどころか、彼は相変わらず抜かれないように私に媚を売っている、と口々に言いだした。悪魔たちは滑稽で仕方なかった。自分の歯の統率も取れないようなやつが、まともな生活を送れるとでも思っているのかね? 私は思っていないどころか、それよりも部屋の清掃もできないことの方が余程問題だと思った。左上の第二大臼歯と第三大臼歯の銀歯が彼を心配そうに見つめていた。くり抜かれた目玉が溜息をついた。
「どっちにしろ歯じゃねえか」
コメント

夏の浜辺

2018-07-26 05:13:52 | 断片・詩・構想・屑
近頃、色々思うところがあるのも相まって疲労感が抜けない。この色々を詳細に書き連ねるつもりは全くないが、将来的にこれがテーマづくりに活かされる可能性があると睨んでいる。とりあえず、暑い夏が過ぎればもう少し冷静になれると思うのだが、こう30度超えばかりの日々では耐えられる気がしない。
  そういえば、少し涼しいものを書きたいと思い、逃避がてらに短いものを拵えた。元々数年前からこのようなものを作ってみたいと思っていたが、どうにも小説にはならなさそうなので、散文詩の形に仕立ててみた。
  文章における涼しさというのは、人間をあまり語らないことではないかと思う。いわゆる、熱血な人物が語れば暑苦しいだろうし、皮肉屋か書けばそう見えるだろうし、語り手の状態そのものが作品の温度となるのだろう。
  僕はどうも疲れてくると、一日中地元の海を見つめていたいと思う。テトラポットに座って視覚、聴覚、嗅覚を満たしていたいらしい。そういう願望が現れているのだと思われる。



  ある夏の日、浜辺を散歩していた。浜は白波の音や光に満たされていた。滴る汗も黄色の砂に触れては蒸発して、海へ還っていった。炎天下の青空には雲ひとつなかった。海風は少しでも暑さを逃そうとしていた。僕は打ち捨てられた大木に座り、途方もなく先のことを考えたり、描きたいものの空想に浸ってみたりした。そのうち、ぼんやりして眼を閉じた。
  瞼を開くと、夕暮れになっていた。帰ろうと思い、立ち上がると、波打ち際に女性が立っていた。彼女は真っ黒な影だった。
  ある日もまた、浜辺へ行った。海面は乱反射していた。一枚の貝殻にも磯の香りが残っていた。何枚か拾い集めても、対の貝殻は見つからなかった。潮風で揺れる木漏れ日に佇み、波打ち際を見つめたまま、前と同じようなことを考えていた。そのうちまた、ぼんやりしてきた。
  その日も、いつの間にか、夕暮れになっていた。彼女の波打ち際を歩く姿は、相変わらず暗闇だった。僕はその背が失われるまで、何となく眺めていた。
  僕は何度も海へ行き、その度にぼんやりして、彼女を見つめていた。足の指先から溢れた潮水は赤かった。彼女の足跡は一波、二波で消えて無くなっていた。薄暮の頃には、帰路を進む自分の足跡だけが、この浜に残っていた。
  気がつけば永い月日が過ぎていた。途方もない先のことも、少しずつ近づいていた。彼女は衰えることなく、何十年前と何も変わらない姿で、夕暮れの浜を歩いていた。僕はもう歩くことをやめて、木陰でしわだらけの身体を横たえていた。海原の揺らめきは蜃気楼だった。
  その日はいつになく揺らめいていた。木漏れ日が瞳に注がれていた。鴎が一二度鳴いたかと思うと、水平線の向こうに、ぼうっと汽笛が響いてきた。熱い海風が吹き抜けても、もはや一滴の汗も流れていかなかった。白い雲の切れ間には光が漏れていた。僕は今日一日のことを考えたり、描けなかったものを空想したりした。そのうち、ぼんやりして眼を閉じた。
  瞼を開くと、夕暮れだった。太陽の端が海面に溶けていた。彼女は波打ち際に立っていた。彼女が指差すと、太陽はぽっかり穴を空けた。夕暮れは彼女と共に、その穴の中へ吸い込まれていった。僕はもう明日を迎えられないと思った。
  眼を覚ますと、大木に座っていた。長い夢を見ていたらしかった。腕時計の針は五分も進んでいなかった。あまりの暑さで、景色は朦朧としていた。倒れたくはないので、もう帰ることにした。帰り際、波打ち際を見た。波の音だけが残っていた。
コメント