’ちゃんg’ の ’ぶろg’

子供も成長したので、これからは趣味のバイクブログとして再出発します。

’98ムートン

2005-06-11 | Weblog
(よっつには悪いが)おねぇが遊びに来た。

・・ので先日購入したムートンを開けることに。


コルクOK、液面OK。

長いコルクをゆっくり引き抜くと、長い事遠ざかっていた「グランヴァン」のフィネスが・・、これこれ!

テイスティングすると、タンニンを強く感じるが「ガシガシ」という感じではなく「ツブツブ」という感じ。

1時間ほど置いて、再度テイスティングするとタンニンは少し落ち着いてきたが、まだ酸味は強く感じられる。

でも、待ちきれなくなっていただく事にした。

自分が持っているムートンのイメージは、1級の偉大さの中に豊富なアロマ、例えて言うならラフィットよりも若々しい印象があったが、これは若々しいというよりは酸味が突出してバランスを崩している感じ。

でもグラスを伝わる涙は長いし色はベルベットのような光沢を発している。さすが。

酸味は「サン・タントレ」とマリアージュさせることにより解決。

アロマを堪能しつつお開き。



後で調べたら、パーカー・ポイント96!

飲みごろは2012~2050年。


やっぱりなぁ~、って感じ。


コメント   この記事についてブログを書く
« ロデーとは・・ | トップ | 夏休みの工作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事