忘れられない言の葉

忘れられない・忘れたくない・忘れてはいけない・・・言の葉

ちょっとしたことで

2007-07-30 | ひとり言
先日の甘味処でのこと。
とっくに注文したものは食べ終わっていましたが、周りの席も空いていたので
おしゃべりを続けていたところ、お茶を注してくださいました。ふつうはここまでですよね。

さらに時間が過ぎたとき、あたらしいお茶碗にお茶とお煎餅まで出してくださったのです。
それもとても自然に・・・驚いたあとになんかジワジワ嬉しくなりました。

最近は乗り物の中とか、お店で嫌な思いをすることが多かったので、余計に沁みました。
こういうことがあると、何日も気持ちがホカホカしています。

ちょっとしたこと・・・いえ、きっと大きなこと。。。

コメント

2007-07-24 | ひとり言
我が家には、双子(一卵性)の息子がおります。
すでに成人しそれぞれの道を進んでいますが、幼いときの忘れられない出来事。

幼稚園の年中さんの頃だったと思いますが、
ひとりを私が叱って、まさにお尻をたたこうとしていたとき
叱られていないほうが、泣きながら「おかあさん、やめて!怒らないで!」と
私を止めたのです。5才くらいだったと思いますが・・・

このとき、
この子達は母親とより、ふたりの絆のほうが強いんだなとつくづく思いました。
このころ、玄関ドアから出るのでさえもめていたのに・・・です^^

すっかり大人になり普段は素っ気ないふたりですが、
双子という兄弟以上の存在がいるってことは、お互いに心強いのではと想いみています。
本人たちは、それなりに双子ゆえの煩わしさもあったでしょうが。。。
コメント